書籍の電子化をお考えのあなたへ

この記事は1分で読めます

以前の記事で「書籍の大半を電子化へ」ということで、100冊以上の本を電子化に出した、ということをフロー、業者と共に紹介したのだが、

今、どうやらその業者が繁忙期に入っているらしい。

 

というのも、私が書籍を発送して先方に到着したのが5月の16日頃だったのだが、HP上に記載されている「13営業日を目安に納品」という情報を元に手続きを行ったのに、予定の6月1日になっても何の連絡が来ないため、問い合わせをしたのだ。

それに対する返信が、以下の様なものであった。

 

納期が遅延しておりまして大変申し訳ございません。

お問い合わせの件ですが、
おかげさまで多くのお客様からご注文を頂いておりまして
作業のほうが大変遅延している状況でございます。

今現在スキャン作業は進行中です。
大至急最優先で対応させていただきますが、
納品予定と致しましては6月17日までには納品いたします。

 

さすがに驚いてしまったが、恐らく、HPの更新まで間に合わないのだろう。2016年6月前半現在で、電子化ドットコムを利用して書籍の電子化をお考えの場合、普通料金だと納品まで「25営業日前後」かかると未婚でおいたほうが良さそうである。

 

なお、追加料金を払えば特急仕上げ(到着後当日納品、翌日納品など)が可能なのだが、これももしかすると、申込者が殺到して慢性的な遅れが発生している可能性がある。

 

いずれにせよ、時間に余裕を持って申込をする、大量にある場合は複数に分けて、第一陣だけ先に手元で読めるようにする、或いは他の業者を利用する、といった工夫をするほうが、よさそうである。

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。