AutoHotKeyを新しいパソコンで立ち上げたら動かなかったので

この記事は2分で読めます

特許翻訳の仕事を始めた頃から使っているパソコンの調子が悪くなったので、データを全て新しいパソコンに移したのですが、どうもAutoHotKeyの「半角から全角への置換」が起動せずエラー表示がされるので、色々調べてみました。

 

昔のパソコンに入っているスクリプトがこちら。

 

NarrowToWide(str)
{
buf =
Loop, Parse, str
{
If RegExMatch(A_LoopField, “[!-~]”) > 0
{
code := Asc(A_LoopField) + 65248
buf := buf . Chr(code)
}
Else
{
buf := buf . A_LoopField
}
}
Return buf
}
;— Convert narrow alphanumerics to wide characters. —;
vk1Dsc07B & w::
ClipSaved := ClipboardAll
Clipboard =
Send, ^c
ClipWait, 2, 1
Clipboard := NarrowToWide(Clipboard)
Send, ^v
Sleep 100
Clipboard := ClipSaved
ClipSaved =
Return

 

というスクリプトの、赤字部分が使用できなくなったようです(AHTのバージョンが変わったから、らしいです)。

 

これを、以下のように修正すると問題なく動きました。

 

NarrowToWide(str)
{
buf =
Loop, Parse, str
{
If RegExMatch(A_LoopField, “[!-~]”) > 0
{
code := Asc(A_LoopField) + 65248
buf := buf . Chr(code)
}
Else
{
buf := buf . A_LoopField
}
}
Return buf
}
;— Convert narrow alphanumerics to wide characters. —;
vk1D & w::
ClipSaved := ClipboardAll
Clipboard =
Send, ^c
ClipWait, 2, 1
Clipboard := NarrowToWide(Clipboard)
Send, ^v
Sleep 100
Clipboard := ClipSaved
ClipSaved =
Return

 

「vkD1」に変更するのが、ミソのようです。

 

 

ちなみにこのスクリプトでは、「無変換」+「w」を同時に操作することで、半角から全角への置換が行われるようになっています。

 

スクリプトを見るに、「無変換」に対応するコードが変わったんだろうと思われます。

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

Kindle書籍の最新刊「特許翻訳実践編」が出版!

Kindle書籍の最新刊「特許翻訳実践編」が出版!

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。