日本生物工学会に論文を掲載していただきました

この記事は1分で読めます

1ヶ月ほど前の話になりますが、日本生物工学会の学会誌に、「化学バイオ系特許翻訳者という生き方」というタイトルの論文を掲載していただきました。

 

化学バイオ系特許翻訳者という生き方

 

自分は文系出身で、社会人になってから特許の世界に転身したのですが、そういうキャリアの歩み方もあることを少しでも多くの方に知ってもらえればと思って、寄稿するに至りました。

 

この原稿を送ったのをきっかけに、学会のほうで関係者にも声掛けをされて、2カ月にわたる特集が組まれるに至ったので、何かしら動いてみるものですね。

 

しかも、自分のような人間が、2ヶ月にわたる特集の大トリを務めさせていただくことになって、恥ずかしい限りです。

 

これからも引き続き、精進していきたいと思います。

 

 

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。