法人でない社団等の手続能力にはなにがある?(特許法、実用新案法)

この記事は1分で読めます

特6

法人ではない社団又は財団であって、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において次に掲げる手続をすることができる。

・出願審査請求(1号)

・特許異議申立て(2号)

・特許無効審判又は延長登録無効審判の請求(3号)

・特許無効審判又は延長登録無効審判の確定審決に対する再審の請求(4号)

 

実2の4

法人ではない社団又は財団であって、代表者又は管理人の定めがあるものは、その名において次に掲げる手続をすることができる。

・実用新案技術評価の請求(1号)

・審判請求(2号)

・審判の確定審決に対する再審の請求(3号)

 

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。