手続の委任を受けた代理人が特別の受任を得ないとできない手続は?

この記事は1分で読めます

特9条(便宜上、条文を一部変更して表記)

日本国内に住所又は居所(法人にあっては、営業所)を有する者であって手続をするものの委任による代理人は、特別の受任を得なければ、以下の手続をすることができない。

・特許出願の変更、放棄若しくは取下

・特許権の存続期間の延長登録の出願の取下、請求、申請若しくは申立の取下

・国内優先権の主張若しくはその取下

・実用新案登録に基づく特許出願

・出願公開の請求

・拒絶査定不服審判の請求

・特許権の放棄

・復代理人の選任

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。