旅行

スカイマーク神戸~新千歳搭乗記|ラウンジもサービスも進化していた!

スポンサードリンク

 

2019年6月に、関西から北海道に旅行するのに、約4年振りに中堅エアラインである「スカイマーク」を、神戸空港から新千歳空港まで利用しました。

 

前回利用したのは確か、2015年の5月とかだったので、もう随分時間が経ってしまったのですが、今回利用して、私の知っているスカイマークではないと思ったので、今回はその気づきをまとめておきたいと思います。

 

①神戸空港のラウンジがリニューアル?椅子もドリンクも刷新

私は今回、昼頃に神戸空港を離陸して14時頃に新千歳空港に着陸するフライトを利用しました。

 

空港には恒例のごとく、出発の1.5時間ほど前には着くようにしているので、今回も、神戸空港を利用する際のお決まりで、ゴールドクレジットカードラウンジを利用したのですが………。

 

ラウンジの入口はいつもどおりだったのですが、入って椅子に座ってからびっくり。

 

椅子と椅子の間にあるテーブルに、引き出し式のテーブルも付いていたのです。

 

前回利用したのが4年も前になるので、もう記憶自体がすごく曖昧なんですが、以前はこのテーブルはなかったんじゃないかと思うんですよね。

 

そして、いつもカードラウンジを使うと必ず利用する、ドリンクコーナーに立ち寄ってみてもまたびっくり。

 

 

この、ドリンクバーのスタンドそのものは以前と変わってないと思うんですが、

ドリンクバーで飲める清涼飲料水をミックスして、ソフトドリンクカクテル(?)のレシピが沢山紹介されているではありませんか!

 

ジンジャエールとリアルゴールドのミックスや、コーラとメロンソーダのミックスなど、10種類ほどのカクテル?のレシピが堂々と書かれていました。

 

こういう飲み物をラウンジで飲むのはどうなのか………と、個人的には思いましたが。

 

スカイマークのサービスも刷新!クオリティが上がった?

さて、ラウンジでの滞在も終えてスカイマークに搭乗してからも、更にびっくり。

 

まず、今回利用したフライトは「ファイターズジェット」という機材で、北海道日本ハムファイターズのロゴがヘッドレストに印刷された専用機でした。

 

私の中で、スカイマーク=かつての「スカイマークスタジアム」(グリーンスタジアム神戸)のネーミングライツの印象が強いので、スカイマークが応援するプロ野球チーム=オリックス、のイメージなのですが、今は全くオリックスが噛んでいないようです。

 

阪神と日ハム、あとはサッカーですがヴィッセル神戸。

 

オリックスは大阪に拠点集約が行われてからは、特に関係なくなってしまったんでしょうか。

 

スカイマークの機内で日ハムのロゴを目にするとは、正直思っていませんでしたね。

 

また、機内サービスですが、フラッグキャリアには及ばないものの、「オリジナルキットカット」と「オリジナルコーヒー」の2品がサーブされました。

 

コーヒーは、ネスカフェとの共同開発のようでした。

コーヒーは苦味も少なく飲みやすく、コンビニで買える100円コーヒーに近い印象を受けました。

 

また、4年前にはなかったような、立派な機内誌も。

 

中は、神戸周辺の案内だったり、各種機内サービスの紹介だったり、時期的なものもありますが、今年度のスカイマークの新入社員についてのレポだったり。

 

機内サービスは、フラッグキャリアとLCCのまさに真ん中で、有料サービスが多いですが一部無料。

 

 

こちらが、無料サービスの案内ですね。

 

コーヒーも、香ばしさが加わったものは有料販売のようでした。

 

他には、これは以前からですが、飛行中にスマホを充電できる、床下のスタンドも健在。

 

今回利用したフライトは、離陸が25分ほど遅れたのですが、新千歳には5分ほどの遅れで到着しました。もともと余裕のあるダイヤだったんですね。

 

まとめ

今回は、久しぶりに利用して驚いた、神戸空港ラウンジと、スカイマークの機内サービスを紹介しました。

 

スカイマークは、個人的に国内の航空会社で一番応援している会社なので、これからも機会を作って乗っていきたいと思います。

 

 

なお、クレジットカードラウンジは色んなブランドのゴールドカードで利用できますが、私は楽天プレミアムカード(年会費1万円+消費税)を利用しています。

 



 

あなたにおすすめの記事はこちら!

-旅行