交通

あまり知られていない!?新幹線で新横浜→品川・東京を、自由席特急券で指定席を利用する方法がある!?

スポンサードリンク

新幹線を利用するときには、乗車券に加えて特急券、指定席券、グリーン券などが必要で割高になりますが、隣接駅間では「特定特急券」という特別な料金で利用できる自由席券が発行されるので、これを利用すれば短い距離を新幹線の自由席に座って楽々移動できてしまいます。

 

しかし、自由席のために、混雑している列車や利用者の多い区間で乗ると、当然ながら空いている席がない、ということも起こり得ます。

 

東海道新幹線の東京・品川~新横浜間も「特定特急券」が使える区間で、新横浜周辺に住んでいる人が通勤で東京に行く場合、あるいはその逆で新横浜にいく場合などに、これらの区間を新幹線で移動する人も沢山おられます(横浜経由で在来線を使うと、時間がかかりすぎてしまいます)。

 

ところで、この新横浜~品川・東京間は、上り列車(東京行き)の一部の新幹線に限り、「特定自由席特急券を使っても普通車指定席に座ることができる」という特例措置があるのをご存じでしょうか。

 

今回はこの裏ワザ的特例について、紹介したいと思います。

 

朝ラッシュ時限定で、自由席特急券で指定席に座れるという裏ワザ

この「裏ワザ」は、きちんと特例で定められているので本当は裏ワザでもなんでもないのですが、平日限定で、新横浜から東京に向かう列車のうち、始発~8時台に出発する「のぞみ」「ひかり」号の指定席に、自由席特急券で乗車できる、というルールです。

 

適用区間は、新横浜を平日の始発~8時台に出発する「のぞみ」「ひかり」号限定で、新横浜~品川・東京間の「自由席特急券」を持っている場合に、空いている指定席に座れる、ということです。

 

この特例が利用できる新幹線は、以下のとおりです。

・7時48分発 のぞみ90号(※運転日注意)

・7時56分発 ひかり500号

・7時59分発 のぞみ92号

・8時06分発 のぞみ200号

・8時09分発 のぞみ202号

・8時22分発 ひかり502号

・8時25分発 のぞみ204号

・8時33分発 のぞみ290号(※運転日注意)

・8時35分発 のぞみ100号

・8時45分発 のぞみ102号

・8時52分発 ひかり504号

・8時55分発 のぞみ206号(※運転日注意)

 

なお、この間にこだま号も運転されていますが、この時間帯のこだま号は全て全車自由席なので、この特例は適用外となります(もちろん、自由席なので問題なく乗車できます)。

 

新横浜~品川間で18分、新横浜~東京間で25分という乗車時間になりますが、自由席券で空いている指定席に座れるという唯一の特例区間なので、お得感はありますよね。

 

なぜこんな特例が適用されるのか?

では、なぜこんな特例が設定されるのでしょうか?

理由の1つには、新横浜→品川・東京の区間をわざわざ指定席を購入して利用する人はほぼいない、というのが考えられます。つまり、新大阪や名古屋、静岡から指定席に乗ってきた人が新横浜で降りた場合、その先の区間では、その座席には誰も乗らない可能性がほぼ100%である、ということです。

 

ですから、新横浜~品川・東京間に限ってみると、空いている席に新しい乗客が乗ることは普通は考えられない、ということですね。

 

そして、2つ目の理由は、こちらの兼ね合いも大きいわけですが、新大阪や名古屋、静岡から自由席に乗っている乗客が多い為、新横浜からの新規の乗客が、この区間で自由席に座れない可能性がある、ということです。

 

自由席は当然ながら、座席が埋まっていると座れませんから、その場合は乗車率が100%を超えてしまい、立ったまま移動、ということになります。のぞみの場合、16両編成のうち自由席は3両しかありませんし、この車両には新大阪、京都、名古屋からの乗客も沢山乗っていることが予想されますから、新横浜から乗っても座れない場合が出てくる、というわけです。

 

しかし、新横浜周辺から東京までを「通勤」する人にとっては、新幹線に乗ったのに座席に座れなかったら、ストレスが溜まってしまいますよね。中部以西からの出張であれば1回くらい自由席に座れないことはまあ耐えられると思いますが、普段の「通勤」で座れないのは痛手です。

 

そこで、これら2つの条件を加味して、平日朝の上り列車に限って、自由席特急券でも「空いている普通車指定席に座れる」というサービスを、区間限定で実施することで、新横浜以西からの自由席利用客と、新横浜からの通勤客がバッティングしないようにした、という、素晴らしい制度がこの特例なのです。

 

もちろん、上にも書いたように座れるのは「普通車指定席」なので、グリーン車には座れませんが、一駅だけとは言え、確実に座って移動できるのは大きなメリットではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

知ってて損のない特例サービス。是非明日から使ってみて

この特例は、新横浜周辺にお住まいの新幹線ユーザーには周知のことだと思いますが、一般旅行者でも、タイミングによっては十分に使える機会があると思います。むしろ、普通だったら「在来線でいいや」と思うところを、自由席特急券(860円)を払って指定席に座れるわけなので、一度積極的に使ってみるのもいいのではないでしょうか。

 

なお、新横浜~品川・東京間の運賃+自由席特急券は合計で1360円(運賃は500円)、EX予約を使えば1350円で予約可能。是非1度、使ってみて下さい。

 

この裏ワザについては、こちらの動画でも解説されています。

あなたにおすすめの記事はこちら!

-交通