MTPE(ポストエディット)案件を正直に対応している翻訳者は、●●です(有料記事)

この記事は5分で読めます

数年ほど前から、翻訳の世界もMTPE(Machine Translation Post Edit/機械翻訳ポストエディット)の仕事が増え出しました。

 

ご存じの方も多いかと思いますが、本来の翻訳の仕事というのは、原文に対して訳文をゼロから入力していくものである一方で、MTPE案件は、「事前に機械翻訳された」訳文を、原文と照らし合わせて修正していく、というものです。

 

翻訳業の方の中でも、未だに「MTPE案件の打診は受けたことがない」という方もおられる一方で、特許の世界にも、一定数、(本来の)翻訳をMTPEで置き換える、ということをする会社も出てきました。

 

私の場合は、2018年内に1社、そして2019年の4月(つまり、2019年度)に入ってから、別のもう1社で「MTPE案件に移行します」という案内が届きました。

 

一方の会社は、新規翻訳箇所の単価がおよそ4分の3に、後者は当該部分の単価が約半分になりましたね。

 

この他、今年に入っても別の会社でも同様に「MTPEに意向する予定です」という案内のメールも届きました(そちらの単価下落率は、10%程度に収まる見込みのようですが)。

 

 

さて、私は上のいずれの会社でも、MTPE案件に移行してからも仕事は引き続き請けていて、実は、実質的な単価の下落はそこまで被っていません

 

いや、さすがに「変化無し」というのは誇張しすぎで、若干の下落傾向にはあるのですが、「上手く付き合う」ことで、時間当たりの生産性をあまり下げずに仕事に対応することで、この荒波の環境を上手く移動しています。

 

この記事をご覧の方の中には、「MTPE案件に移ってから、普通の翻訳をするよりも原文の確認、訳文の修正に時間がかかり、生産性がだいぶ減ってしまった」という悩みをお持ちの方もおられると思います。

 

今回はそういう方のために、私が実践している「MTPEの賢い対応方法」について、根本的な考え方と実際の取り組み方について、書けることを惜しみなく書いていこうと思います。

 

なお、予め断っておくと、今回お伝えする内容は、わりと「びっくりする」内容なんじゃないかと思います。

が、一つお伝えしたいのは、「相手の要求をバカ正直に受け入れて対応するな」ということなんですよね(この一言で、この後私が何を伝えるのか、ということを察した方は、頭の回転が速いか、同じようにMTPEを対処されている可能性が高い)。

 

ではここから、私が使っているとっておきの「劇薬」をお伝えすることにしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。