交通

徹底検証!スマートEX(こだま)とぷらっとこだま、便利なのはどっち?

スポンサードリンク

東海道新幹線を利用する際に今や欠かせないのが、オンライン予約システムのスマートEXと、ツアー型切符のぷらっとこだまです。

 

スマートEXはこだまだけでなく、のぞみもひかりも利用できますが、今回は「こだま」利用に話を限定して、スマートEXとぷらっとこだまのどちらが便利なのかを徹底検証してみます。

 

スポンサードリンク

①スマートEXのメリット

・乗車まで何度でも切符を変更可能

新幹線の指定席券は、普通に窓口で購入すると乗車前までに、「1回に限り変更可能」という規定になっています。2回以上、同じ列車で号車や座席の位置を変更したい場合、同じ日の別の列車に変更したい場合、違う日の同じ区間の列車に変更したい場合だと、一度チケットを「払い戻し」して、再度購入する必要があります(そして払い戻しの際には、手数料が必要です)。

 

また、ぷらっとこだまは企画切符のため変更不可という条件となっています。

 

その点、スマートEXでは、一度チケットを購入してからも、チケットの変更(同じ日の違う列車、区間変更、日付変更、全て)を何度でも行うことができます。仮に、区間を間違って取ってしまった場合でも、あるいは乗車日までに列車に乗る予定がキャンセルになってしまったとしても、別の日に別の区間で新幹線に乗る予定があれば、そのチケットを変更して問題なく乗車することができます(当然、運賃の差額は支払う必要があります)。

 

私も何度かスマートEXを利用したことがありますが、指定席が混雑しそうな日の乗車であれば、とりあえず早めに座席を押さえておいて、当日のスケジュール次第で前後の列車を確認して、必要であれば直前に乗車変更をすることも何度か経験したことがあります。

 

チケットをキャンセルすることなく、何度でも変更可能というのが、スマートEXの大きな魅力です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

・ぷらっとこだまでは利用できない区間の発券が可能

ぷらっとこだまは企画切符で、一定距離を超える区間の主要駅間でしか利用できません。東京・品川~静岡、名古屋、新大阪、静岡~名古屋、京都などがそうです。

一方スマートEXでは、静岡~浜松と言った近距離区間でのチョイ乗りや、新富士~豊橋のようなぷらっとこだまでは取り扱っていない全駅全区間での組み合わせが可能です。

 

②ぷらっとこだまのメリット

・付いてくるワンドリンクサービス

ぷらっとこだまは通常の切符ではなく、企画切符(添乗員がいない、ツアーの一種)の形態となっています。その強みを生かして、列車乗車時に駅の売店で引き換えることができるワンドリンクサービスを利用することができます。

乗車に余裕を持って駅に到着する必要はありますが、割安運賃にドリンクサービスが付いていると考えればお値打ち感は更に大きくなりますね。

私も東京~関西をぷらっとこだまで利用する際は、このワンドリンクサービスを使って昼間からビールを車内で飲んでいました。

 

・通常切符からの大幅な割引率(普通車指定席)

ぷらっとこだまの割引率は、普通車指定席の時に大きくなります(スマートEXは、早割グリーン車の割引率が大きすぎるので、それと比較してしまうとどうしても遜色が出てしまいます)。

普通に窓口でこだまの切符を発券するのであれば、このぷらっとこだまを使う方がお得と言えます。

 

スポンサードリンク

③スマートEXのデメリット

・深夜帯に列車変更不可

スマートEXは、オンラインで手続きが全て完了し、かつチケットレスで新幹線に乗車できるサービスでもあるのですが、深夜~早朝の時間帯はメンテナンス中となって、チケットの変更をすることができません。

 

深夜の時間帯に起きて、少し先のチケット変更をすることはあまり多くはないと思いますが、始発の時間帯の列車に乗る予定が急遽変更、となったときには、メンテナンスの影響で前日の夜、あるいは当日の明朝には座席や列車の変更ができないと考えたほうがよいでしょう。

 

スポンサードリンク

④ぷらっとこだまのデメリット

・列車変更不可、乗り遅れ無効

上でも書きましたが、「ぷらっとこだま」は企画切符のため、普通の乗車券とは払い戻しや取り扱いの規定が大きく異なります。

 

その最たるものが、乗る列車の変更ができないことと、万が一乗り遅れてしまうと後の列車にも乗れないことです。スマートEXの場合は、駅に向かう途中で乗り遅れそうになってしまったとしても、移動中にスマホから後の列車に変更はできますが、ぷらっとこだまの場合はそうは行きませんし、払い戻しをするにしても普通の窓口では取り扱っていないので(旅行代理店などで払い戻しが可能です)、列車に乗る前には余裕を持って駅に到着しておかないといけません。

 

そこまでギリギリのスケジュールで行動することもないかとは思いますが、万が一のことも考えて、ぷらっとこだまを利用する場合は特に、乗車には余裕を持って駅に訪れておきたいものです。

 

まとめ

今回は、スマートEXとぷらっとこだまのサービスの比較をしてみました。個人的には、ぷらっとこだまのワンドリンクサービスが魅力的ではありますが、スマートEXのほうが柔軟性が桁違いに高いので、短距離でも長距離でも、「こだまに乗る」場合であればスマートEXから予約をすることになると思います。

 

チケットレスで乗車ができるという点でも、スマートEXを上手く使って、こだまを初めとする新幹線に乗るのがストレスフリーでオススメですね。

あなたにおすすめの記事はこちら!

-交通