特許出願において手続補正となる要件

この記事は1分で読めます

①特17条3項1号

・未成年者及び成年被後見人が、法定代理人によらず手続を行ったとき(※独立して法律行為をすることができる場合を除く)(特7条1項違反)

・被保佐人が保佐人の同意を得ずに手続を行ったとき(特7条2項違反)

・後見監督人がある場合に、法定代理人が後見監督人の同意を得ずに手続を行った場合(特7条3項違反)

・代理権範囲違反(特9条違反)

②特17条3項2号

・手続が特許法又は特許法に基づく命令で定める方式に違反している場合

③特17条3項3号

・特195条第1項~第3項に規定される手数料を納付しないとき

スポンサードリンク
jiyuugatanookite.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

無料メール10日間講座でまずは学んでみませんか?

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳支援ツールマスター講座

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集

翻訳者の手元に一冊:翻訳ツール大全集
弁理士・特許技術者・特許翻訳者の就職・転職には。
弁理士試験突破の最短ルートはこれ。

記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。