人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

旅行

ぷらっとこだまは当日でも予約可能?利用時の注意点は?

2017/08/15

JR東海のサービスに、東京~新大阪間で利用できる「ぷらっとこだま」があります。

 

東海道新幹線の「こだま」は全ての駅に停車するので、長距離移動の際には時間が大幅にかかってしまうために不便極まりありませんが、短距離の移動や、空いているグリーン車を利用できることもあるので、場合によっては「のぞみ」や「ひかり」で速く移動するよりも快適なこともあります。

 

今回は、そんなぷらっとこだまの利用上の注意点をまとめました。

 

スポンサードリンク

ぷらっとこだまは当日でも予約できる?

JRの新幹線や特急列車の特急券や指定席券の購入は、その列車が出発する直前まで購入が可能です。しかし、ぷらっとこだまを利用する場合は同じようにはいかず、必ず前日までにチケットを購入する必要があります。

 

これはなぜかというと、「ぷらっとこだま」はJR東海ツアーズという旅行会社が主催している、「募集型企画旅行」だからです。募集型企画旅行というと難しいですが、よく大手のツアー会社などが開催している、数日の宿泊を伴う国内旅行や海外旅行のツアーと同じ、ということです。

スポンサードリンク

 

つまり、ぷらっとこだまは普通のきっぷではなく、企画旅行(ツアー)に分類されるために前日までに申込をしなければいけないのです。もしこれからぷらっとこだまを利用しようとお考えの方は、注意して下さいね。

 

ぷらっとこだまを利用する時の注意点は?

ぷらっとこだまは、普通のきっぷとは利用条件が異なるので、「前日までの予約が必要」ということに加えて、以下のような注意点があります。

①購入後の列車の変更は不可

通常の新幹線のきっぷであれば、購入した後に1回に限り列車や座席クラスを変更することができますが、ぷらっとこだまではそれはできません。そのため、申込をした後に列車の変更をする場合は、一度払い戻し(申込の取消)をしないといけません

 

ですので、取消日時によっては取消手数料がかかってしまう場合もあります。具体的には、

出発日の前日から計算して10日~8日以内:20%

出発日の前日から計算して7日~2日以内:30%

出発日の前日:40%

当日の出発前の時間まで:50%

出発時間以後:100%(代金は戻ってきません)

 

となっています。手数料も普通のきっぷとは違って、あくまでツアーの取消規定に準じるような設定になっているのが特徴ですね。

参考:取消方法について(JR東海ツアーズのページに飛びます)

 

スポンサードリンク

②利用できるのは指定席かグリーン車

ぷらっとこだまでは、申込時に座席を指定します。そのため、利用できるのは指定席とグリーン車だけで、自由席は利用できません

なお、グリーン車を使う場合は、指定席の代金に+1000円(東京~名古屋、あるいはそれより短い区間)、+1500円(東京~京都、新大阪)を追加で支払う必要があります。

 

なお、当日乗る予定だった列車に乗り遅れてしまった場合、普通のきっぷのように、後の新幹線の自由席を利用することもできません。乗車に遅れないように注意して下さい。

 

③利用できる区間が決まっている

ぷらっとこだまは企画旅行のために、利用できる区間が決まっています。

具体的には、

東京/品川、新横浜~静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪

静岡、浜松~名古屋、京都、新大阪

名古屋~京都、新大阪

だけです。東海道新幹線の中でも、主要都市間でしか利用できないということですね。

 

そのため、これらの区間の中でも、東京~新横浜、静岡~浜松、京都~新大阪、といった短い区間ではぷらっとこだまを利用することはできません

 

また、これらの区間に該当しない、小田原~静岡、三島~豊橋、浜松~米原、といった区間でも、ぷらっとこだまは利用できません。これらの区間で新幹線を利用する場合は、普通のきっぷを購入する必要があるわけですね。

 

④申込ができるのはオンラインと電話、そして一部の旅行代理店のみ

ぷらっとこだまは企画旅行のため、東京や名古屋、新大阪にある新幹線の窓口や、JRの他の駅のみどりの窓口では申込することができません。

 

申込ができるのは以下の4つの方法だけですので、ご利用の際は注意する必要があります。

1・インターネット

e-プラットネットいうサイトから可能です。ただし、無料会員登録をするなど、最初は手続きが少し面倒です。

2・電話

東海ツアーズの問い合わせ用ダイアルに電話をして、そこで申込ができます。

ぷらっとこだまコールセンター

3・JR東海ツアーズの支店

首都圏、静岡・中部地区、そして関西圏にいくつか支店があるので、そのカウンターで申し込むことが可能です。

支店一覧

4・JTB各店舗、及びJTB総合提携店

お住まいの場所によっては、JTBの店舗を利用するのが、店舗数も多くて一番便利かもしれません。

店舗は以下のJTBホームページから検索することができます。

JTB店舗検索

 

スポンサードリンク

ぷらっとこだまの料金は?

ぷらっとこだまの料金は、指定席とグリーン車、そして通常期と繁忙期で異なります。

以下、それぞれのリンクを貼っておきますのでご確認下さい。

①指定席の通常料金はこちら(繁忙料金は、リンク先で選択可能です)

②グリーン車の通常料金はこちら(繁忙料金は、リンク先で選択可能です)

 

ぷらっとこだまの運行スケジュールは?

ぷらっとこだまの列車スケジュールも、東海ツアーズのサイトで確認できます。

東京から名古屋・新大阪方面

新大阪・名古屋から東京方面

 

注意点は、名古屋~京都・新大阪間は本数が約半分に減ってしまうことです。東海道新幹線の中では、こだまの多くは東京~名古屋間の運転となっているので、関西方面で利用の際は注意する必要があります。

 

指定席とグリーン車だとどっちがお得?

ぷらっとこだまは私も何度か利用したことがあります(京都~東京間)が、もし指定席とグリーン車でどちらを選ぶかを悩んでいるのであれば、できればグリーン車のほうがオススメです。

 

これはなぜかというと、指定席の場合は、ぷらっとこだま以外の普通の利用者も多く、またこだまは各駅停車なので一駅毎に客の乗降があって、毎回車内での乗客の移動が一定数あって、あまり落ち着かないからです。

 

グリーン車の場合、わざわざ通常料金を払ってこだまのグリーン車を利用する人はほぼいないので、ぷらっとこだまの利用客だけで事実上貸し切り状態になることがほとんどです。

 

短距離区間の移動の際は指定席でも問題ないかと思いますが、移動時間が約3時間の東京~名古屋、あるいは4時間を超える東京~京都・新大阪間で利用の場合は、少しお金を出してでもグリーン車を利用するのがオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか。今回はぷらっとこだまの予約や利用時の注意点をまとめました。利用方法によっては、ぷらっとこだまは大変お得かつ快適なので、ぜひ一度利用してみて下さい。

 

スポンサードリンク

-旅行