人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

イベント

就活スーツに合わせるコートは何がいい~レディース編~

2017/08/15

 

冬場に就活をする場合、スーツに合わせるコートをどうすればいいか悩む女性も多いかと思います。

今回は、就活スーツと合わせて使えるコートの選び方や、できるだけ使い回しのできるコートの紹介を女性向けに解説しました。

 

スポンサードリンク

スーツに合わせるコートはかっちりめのものがベター

コートには様々な種類がありますが、就活という場にふさわしいのは、ビジネスの場面でも使い回しがしやすい、落ち着いた作りのコートです。

逆に、普段私服に合わせるダウンジャケットは、暖かいのですがビジネス向けではないのでNGです。同様に、ナイロン素材でテカテカした作りのものも目立ちすぎてしまうので、ふさわしくはありません。

 

レディース向けの就活コートとしては、例えば以下のようなものがオススメです。

スポンサードリンク

①定番のトレンチコート

就活で使えるレディース向けコートで一番人気があるのは、着回し力抜群のトレンチコートです。

トレンチコートは着丈も長く、膝元・膝上まで長さがあるので落ち着いた印象を与えますし、長さの分防寒機能も高いです。トレンチコートの丈は、膝が隠れる(スカートが隠れる)長さでも大丈夫ですし、膝より少し上の丈でも大丈夫ですから、あまり気にする必要はありません。

オススメは、ダウンライナー付きの、時期によって暖かさを調節できる優れもののトレンチコート。ダウンライナーがあれば、冬場から春先にかけて使い回すことができます。

 

トレンチコートだと、しっかりめの私服と合わせて大学に着ていくこともできますし、仕事を始めてからも冬場は使い回すことができるので、持っていない方は是非一着揃えておきましょう。

 

あるいは、スプリングコートだとこちらも。

 

ライトグレーはあまり見かけませんが、黒のスーツには合わせやすい色でもありますね。

 

なお、就活スーツとトレンチコートがセットになったものも場合によっては販売されているので、これを揃えておくのもいいですね。

 

就活の時期はアルバイトをする時間も限られ、金銭的に自由度も減ってしまうことが多いと思いますし、就活で必要なアイテムにも一定のお金が必要ですから、できるだけ無駄な出費は抑えたいもの。

 

スーツとコートがセットになっていると割安で手に入れられるのでオススメですよ。

なお、通販で購入する場合はスーツやコートのサイズを十分に確認してから購入して下さい。

スポンサードリンク

②私生活でも着回しやすいピーコート

サイトによっては、「就活にピーコートはNG」と書かれている場合もありますが、そこまで厳しいわけではありません。ピーコートも素材がしっかりしているので、むしろ冬場にもってこいのコートと言えるでしょう。

例えばこちら。

 

ただし、ピーコートを着る場合、丈が短いのでトレンチコートを着る場合よりも、上半身が「着ぶくれ」を起こしているように見えてしまうのがネックとなってしまいます。

お店で一度試着をしてみて、似合わないようであればトレンチコートにしておくのがいいかもしれませんね。

スポンサードリンク

 

コートの色に決まりはある?

女性の場合、スーツに合わせるコートの色は黒、紺、グレーに加えて、ベージュやブラウンなどの色でも大丈夫です。

ただ、スーツの色が黒である場合が多いと思うので、コートはベージュ、ブラウンなど明るめの色にしたほうがいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

コートに合わせるマフラーはどんなものにすべき?

冬場にマフラーをする場合、ビジネスシーンで使われているものであればどのようなデザインでも大丈夫です。ビビッドカラーは似つかないため割け、パステルカラーのものを使う場合も、トーンは抑えめのものを選ぶようにして下さい。

 

なお、スキッパーブラウスを着る場合は、マフラーをしたときに襟元が崩れる場合があるので、説明会や面接の会場に入る前に鏡で襟元を確認するようにして下さい。

 

まとめ

いかがでしたか。就活用のコートについては、サイトによって書かれていることが多少異なりますが、基本的に「ビジネスの場にふさわしいか」どうかで判断すれば外れることはありません。

なお、特に女性は、就活の場合は冬場もスカートにストッキングを履かないといけないなど、身体に負担がかかることが多いので、できるだけ防寒対策はしっかりとして下さい。

冬場はパンツスーツで就活を乗り切る、というのも賢い方法と言えるでしょう。



<合わせて読みたい記事>

就活でのストッキング着用時に寒い場合の対策は?

就活で使うパンプスの選び方!ヒールの高さはどうすればいい?

スポンサードリンク

-イベント