人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

年末年始

新幹線の年末年始の便利なチケット事前予約方法!

2017/08/15

スポンサードリンク

l201107121200

年末年始は故郷への帰省時期。年に何度もない機会に、親や祖父母、親戚と顔を合わせるのは何にも代えがたい時間ですよね。

 

そして、年末年始の帰省に必ず使うと言ってもよい乗り物が、新幹線。いつも年末年始のニュースでは「自由席の乗車率が150%を超えて…」なんてことが話題になっています。でも、実際に新幹線を使う身としては、冗談じゃない状況ですよね。

 

帰省ラッシュの時は、できるだけ指定席を事前に予約しておいてゆったりと新幹線で移動したいもの。そこで今回は、年末年始の新幹線の事前予約方法についてまとめました。ここに書いた内容を上手く利用して、少しでも快適な帰省にして下さいね!

 

スポンサードリンク

JR切符予約の基本は「1ヶ月前の10時」から

新幹線に限らない話なのですが、JRの指定席(新幹線、特急列車等)の切符は、乗車する日の1ヶ月前の同じ日の10時から販売開始となっています。(例えば、7月4日の切符は、6月4日の午前10時から販売開始)

(なお、3月29日~31日分は3月1日から、5月31日分は5月1日から、7月31日分は7月1日から、10月31日分は10月1日から、12月31日分は12月1日から、予約開始)

 

このルールを知っておけば、年末年始の切符を予約する場合、カレンダーを見て自分が乗りたい日の1ヶ月前の10時に駅のみどりの窓口に行けば、予約できるというわけですね。

なお、インターネットで予約する(後述)以外の方法だと、自宅の最寄りの、みどりの窓口のある駅に行って、駅員さんに乗りたい列車と日付を伝える必要があります。

 

年末年始は更に、5週間前から「事前申込」ができる!

しかし、年末年始の混雑時の切符を「1ヶ月前の10時に駅の窓口に並んで」予約するなんて、平日の日中に仕事をしている方にとってはほぼ不可能な話です。

 

そこで、今回紹介したいのが、年末年始の乗車日の5週間前からインターネットでできる事前受付(申込)の制度。

 

これには、JR東日本の「えきねっと」とJR西日本の「5489サービス」が当てはまります。

事前受付(事前申込)とは?

JRでは、年末年始とお盆の時期には、通常の「1ヶ月前の10時」の更に1週間前の午前5時半から1ヶ月前の9時54分まで、乗りたい列車の事前受付を行うことができます。

ここで注意したいのは、あくまで事前受付であって、この時点では予約は行われない、ということ。あくまで、予め申込を受理するだけであって、この場合でも切符の予約は1ヶ月前の10時に行われます。

そのため、事前受付をしても、予約が殺到して切符が取れない…なんて可能性がゼロではない、ということは先に頭の片隅に入れておいて下さいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

JR東日本:えきねっと

事前受付が使えるサービスの一つ目は、JR東日本の「えきねっと」。

参考:【えきねっと】事前受付について

えきねっとを利用する場合、まず会員登録をした後に、サイト内で操作をして切符の事前受付をすることができます。

 

ここで勘違いしやすいことがあります。

それは、えきねっとを使えば、日本全国の新幹線や特急列車の指定席を予約することができます。ただ、JR東日本の中にある駅(みどりの窓口のある駅)でしか切符の受け取りができないため、実質的に、JR東日本の管轄地域内にお住まいの方のみが利用できるサービスと言えます。

JR東日本のサービスだからその地域の新幹線のチケットしか取れない、というわけではありませんんので、ご注意を。

 

JR西日本:5489事前受付サービス

もう一つ、事前受付を利用できるのがJR西日本のサービス。

参考:e5489事前申込サービスについて

こちらの場合、予めJ-WESTカード会員になるか(対応するカードを持つ)、J-WESTネット会員になる(会員登録をする)必要があります。

ただ、会員にさえなれば事前予約を毎年使うことが出来ます。

 

JR西日本のサービスがいいのは、JR西日本、四国、そして九州エリア内でも切符の受け取りができるということ。

参考:エクスプレス予約・JR西日本5489サービスなど きっぷの受取駅一覧

他にも、JR東日本の新幹線の駅や東京23区内の駅でも受け取ることが出来るので、場合によってはこちらを使う方が便利かも知れませんね。

 

スポンサードリンク

まとめ

JRの新幹線や特急列車の指定席は、1年を通して1ヶ月前の10時から予約ができる、というのが基本情報。

そして、会員登録をする必要がありますが、それによって年末年始はさらに1週間前(つまり、列車に乗る日の5週間前から事前受付ができる、というのが裏ワザの一種です。

 

会員登録は正直面倒くさいかもしれませんが、面倒くさいからこそ多くの人はしないのが現実。ここで登録を済まして事前受付ができるようになるだけでも、年末年始を快適に新幹線で移動できる可能性がグッと高くなること請け合いです。

 

関連記事:年末年始の新幹線-自由席の混雑具合と回避方法は?

あなたにおすすめの記事はこちら!

-年末年始