人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

イベント

節分で豆まきをする理由は?実は深い話があった!

2017/08/15

スポンサードリンク

%e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

2月といえば節分(2月3日)の月。鬼の仮面を被って「鬼は外!福は内!」と豆を投げて豆を食べることは、誰もが一度は行ったことがあるイベントだと思います。

 

では、なぜ節分には豆まきをするの?と聞かれたら、あなたは答えることができますか? 案外答えるのが難しいこの質問に答えられるように、今回は節分の豆まきの理由について調べたのでまとめてみました。

 

スポンサードリンク

「節分」って何?

節分とはそもそも、「の分かれ」のこと。日本には四季がありますから、もともとは春夏秋冬の季節の分かれ目を、全て「節分」と呼んでいました。

 

しかし、日本では特に「春」が季節の中では重要で、冬から春に季節が変わる節分が、今までも重要な時期として認識されており、特別な行事が続けられてきました。

 

豆をまく理由は「邪気を追い払う」ため

節分で豆をまく理由、それは一言で言うと「邪気を追い払う」ため。邪気=鬼、のことなんですが、今でもよく「季節の変わり目は身体を壊しやすい」と言いますよね。

このことが昔は「邪気(鬼)の仕業」だと考えられていたため、豆をまくことで邪気が近寄ってこないようにしていたのです。

 

そして、豆を使う理由には大きく3つあります。

①穀物には「魔除けの力」があると考えられている

昔は、豆だけでなく様々な穀物が「魔除け」として考えられていました。

②平安時代に鬼が都を襲ったときに、炒り豆を投げて退治したという伝説

③「魔目(まめ=豆)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する(=魔滅:まめ)、という語呂合わせ

 

これら3つの理由が昔からあったために、節分では豆を投げるという習慣が残っているのです。

 

スポンサードリンク

炒った豆を投げるのはなぜ?

ところで、節分で使う豆は必ず炒った豆ですね。

炒った豆を使う理由には大きく2つあり、

まず、炒っていない豆を使って豆まきをすると、万が一拾い忘れた豆があった場合に、芽(=魔芽:まめ)が出てきてしまうから、という考え方があります。

2つ目は、陰陽道でよく使う五行(木火土金水)の相性の問題で、鬼は「金」のグループに属しており、金に強いのは「火」なんですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%A1%8C%E6%80%9D%E6%83%B3

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%A1%8C%E6%80%9D%E6%83%B3

 

上の五行の図から分かるように、「火」は「金」に勝ちます。

豆を炒る(=火を加える)理由は、陰陽道に由来していたんですね。

 

スポンサードリンク

まとめ

節分に豆をまくのは、昔からの魔除けや邪気といった考え方、昔の伝説、そして語呂合わせ等が理由なんですね。そして、「豆を炒る」ことにも、陰陽道に由来するれっきとした理由があるんですね。

 

現代まで続いている習慣の底には、予想以上に深みがあるようですね。

あなたにおすすめの記事はこちら!

-イベント