人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

未分類

青春18きっぷで北海道新幹線は乗れる? 乗車時の注意点は?

スポンサードリンク

日本全国のJRの普通列車が、5日間11850円で乗り放題になる「青春18きっぷ」。

この青春18きっぷ、北海道新幹線が開通してからは、青函トンネルを通る列車が新幹線だけになってしまい、青春18きっぷの特例ルールが設定されました。

 

今回は、青春18きっぷを使って北海道新幹線に乗れるのかどうかについてまとめました。

 

スポンサードリンク

青春18きっぷで北海道新幹線に乗れるのは一部区間のみ

2016年春に北海道新幹線が開通してからは、青春18きっぷで北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間だけを乗れるようになりました。

奥津軽いまべつは本州最北の新幹線の駅で、木古内は北海道最南端の新幹線の駅です。

この駅の間に青函トンネルがあるので、青函トンネルの区間だけを青春18きっぷで北海道新幹線に乗れる、ということになりますね。

ただし、青春18きっぷとは別に「オプション券」が必要

ただ、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間は、青春18きっぷだけで乗れるわけではない、というのが注意点です。

この区間は、あくまでも新幹線なので、新しく発売された「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」を、別に購入する必要があります。

このオプション券は、以下のようなチケットです。

・北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間だけを乗れる

・木古内~函館間の「道南いさりび鉄道」にも乗車可能。ただし途中下車はできない。

・木古内と五稜郭駅では途中下車が可能。他の駅(道南いさりび鉄道内の駅)では途中下車はできない。

・1日限り有効(木古内で1泊して翌日に残りの区間の移動、というのはできない)

・料金は2300円(片道)

 

やや条件が厳しいのですが、簡単に言えば、2300円を払えば、青森県の奥津軽いまべつ~北海道の函館間を、北海道新幹線と道南いさりび鉄道に乗って移動することができる、ということです。

オプション券の購入はどうやってするの?

この北海道新幹線オプション券ですが、全国のみどりの窓口で購入することができます。ただし、購入時には青春18きっぷを係員に見せる必要があります。

オプション券の有効期間は青春18きっぷと同じです。青春18きっぷの有効期限が過ぎると、当然こちらも使えなくなります。

 

スポンサードリンク

オプション券を使う時の注意点は?

オプション券を利用する場合は、北海道新幹線の「空席」に座ることができます。北海道新幹線は全席自由席なのですが、このオプション券を持っている場合に限り、空席に自由に座ることができます。

北海道新幹線は、基本的に指定席が満席になるということはないので、青春18きっぷシーズンでもほぼ確実に座れる、と考えてよいでしょう。

 

また、上にも書きましたが、新青森~新函館北斗間を通しで移動することはできません。あくまで奥津軽いまべつ~木古内間の、青函トンネルを通過する区間のみ乗車できます。

もしこれらの駅を通り越して乗ってしまった場合は、新幹線の全区間の運賃と特急料金が必要になるので注意して下さい。

 

加えて、道南いさりび鉄道の途中の駅でも乗降車することはできません。ここでも、途中下車してしまうと道南いさりび鉄道の運賃を支払わないといけません。

 

また、このオプション券は「片道1回限り有効」です。ですので、本州と北海道を往復で青春18きっぷを使って移動したい場合は、片道それぞれでこのオプション券を買わないといけないので、別に4600円を払う必要がある、ということです。

 

スポンサードリンク

オプション券を使った場合の列車の接続は?

そして、実はオプション券を使った場合、青森から函館の移動には大変時間がかかってしまいます。この理由としては、

・青春18きっぷが使えるJR区間の運転本数が少ない

・津軽いまべつと木古内の両方に停車する北海道新幹線が少ない

・木古内駅での接続が悪い

ということが挙げられます。

 

以下に、2017年10月現在の接続ダイヤを載せておきます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

下り(青森→函館)

①青森6:15~6:58蟹田7:07~07:31津軽二股/奥津軽いまべつ08:13~08:50木古内10:13~11:13函館

②青森11:01~11:38蟹田11:44~12:09津軽二股/奥津軽いまべつ13:47~14:24木古内15:18~16:22函館

③青森13:06~(蟹田で乗り換え不要)~14:18津軽二股/奥津軽いまべつ17:01~17:38木古内19:00~20:00函館

④青森15:41~16:19蟹田16:42~17:09津軽二股/奥津軽いまべつ19:01~19:38木古内20:21~21:25函館

※津軽二股駅と奥津軽いまべつ駅は隣同士の駅で、徒歩で移動可能

上り(函館→青森)

①函館07:04→08:04木古内09:44→10:22奥津軽/津軽二股13:05→(蟹田で乗り換え不要)14:23青森

②函館13:29→14:33木古内14:57→15:35奥津軽/津軽二股15:48→16:13蟹田16:34→17:14青森

 

いずれも、奥津軽いまべつか木古内での接続が異常に悪く、オススメなのは下りの1番のダイヤと、上りの最後(2本目)のダイヤです。

 

なお、津軽二股駅には「道の駅いまべつ」が隣接し、木古内駅には道の駅「みそぎの郷きこない」が隣接していますが、「道の駅いまべつ」は、19時まで営業しているものの、レストランとカフェは15時~16時で営業が終わってしまうので、ここで時間を潰そうとしている方は要注意です。

以下が、それぞれの道の駅のサイトです。

道の駅いまべつ

道の駅みそぎの郷きこない

 

まとめ

北海道新幹線が開通してからは、「青春18きっぷオプション券」を別に買えば、北海道新幹線の奥津軽いまべつ~木古内間は移動できるようになりました。しかし、青森から北海道までを通しで移動するとなると本数も少なく、途中での乗り継ぎ時間がとても長くなってしまう場合があるので、計画を立てる場合は注意した方がいいでしょう。

青森と函館の間にはフェリーも動いているので、こちらを利用するのもありですよ。

 

 

あなたにおすすめの記事はこちら!

-未分類