人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

旅行

宇都井駅の時刻表は?列車で行くならどれくらい滞在できる?

2018年3月いっぱいで廃止が決まったJR西日本の三江線。全区間を走る列車は上下共に2本ずつしかなく、利用も難しい路線ですが、その中でも有名なのが、地上20mにある宇都井駅(島根県)です。

地上からのホームと待合室の高さは日本一ですが、ホームに行くまでは116段の階段を上らないといけないこともあり、三江線と言えば宇都井駅、というくらいに有名ではあります。

 

今回は、廃止が迫ったこの宇都井駅の時刻と、他に役立つ情報をまとめました。

 

スポンサードリンク

宇都井駅の時刻表は?

宇都井駅は2017年8月現在で、上下共に4本ずつ列車が止まりますが、時間がばらばらなので、駅の撮影などで途中下車をするのであれば綿密に計画を練る必要があります。

まず、江津から三次方面の下り列車の時刻は以下の通りです。

スポンサードリンク

6時27分(浜原始発5時56分、三次7時35分着)

8時14分(江津始発5時53分、三次9時21分着)

17時37分(江津始発15時15分、三次18時59分着)

19時32分(浜原始発19時01分、三次20時40分着)

朝から夕方まで全く列車が来ません

反対に、三次から江津方面の列車は以下の通りです。

7時12分(三次始発5時38分、江津9時31分着)

11時09分(三次始発10時02分、石見川本12時18分着/江津行きに乗り換え可能)

18時09分(三次始発17時02分、浜原18時39分着/江津行きに乗り換え可能)

20時41分(三次始発19時34分、浜原21時11分着)

こちらも、午後12時~17時までは1本も列車が動きません

 

もし、宇都井駅で途中下車をして写真撮影などをするのであれば、三次駅を朝一で出発する列車に乗って7時12分に着いた後、1時間後の列車でまた三次に戻る、というのが現実的です。

あるいは、江津方面からの場合は17時37分に到着して、20分強の滞在時間ではありますが18時過ぎの列車で江津に戻るか、2時間滞在して三次に行くか、の2通りがありますね。

もし、三江線を全区間踏破した上で宇都井駅で途中下車をするのであれば、江津15時15分発の列車に乗って17時37分に到着し、その後19時32分まで列車を待って三次に行く、というのがほぼ唯一の方法です(三次方面から来ると駅での待機時間が長くなりすぎます)。

 

三次駅からレンタカーを使うのもあり

宇都井駅は三次駅から車で40分ほどでアクセスできるので、列車に乗ることにこだわらないのであればレンタカーを利用するのも手です。

 

三次駅から徒歩5分のところにニコニコレンタカーがあるので、ここで車を借りて撮影をして戻ってくる、というのもいいでしょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたか。今回は三江線の宇都井駅の時刻表と、合わせて知っておきたいお得情報についてまとめました。列車本数の少ない路線ですが、レンタカーも有効活用して上手くアクセスして下さい。

 

スポンサードリンク

-旅行