人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

旅行

【中国旅行】万里の長城にバスでぼったくられずに行く方法

スポンサードリンク

北京に旅行に行ったら、必ずと訪れたいのが郊外に広がる「万里の長城」。かつて、外部からの異民族を迎撃するために作られた、総延長6,000kmを超えるこの「長城」は、現在ユネスコの世界遺産にも登録されています。

 

万里の長城に行くには、パックツアーを使うか、個人旅行で行くかの二通りがあって、個人旅行の場合は鉄道を使うか、バスを使うかの二択が現実的です(タクシーは高い)。

 

今回は、バスで万里の長城まで行く方法についてまとめました。

 

最初は電車で行くつもりでした

 

実は、万里の長城には最初、鉄道で行くつもりでいました。日本で調べた情報では、

・電車は近郊路線が北京北駅から出ていて、1時間くらいで着ける
・バスはぼったくりのツアーが多い

ということだったので。

 

ただ、電車の時間まできちんと調べておらず、まあなんとかなるだろうと思って朝9時過ぎに駅(北京北駅)に行ったのですが、なぜか駅構内に入ることができません。

 

どうも、長城に行く電車は出発の数十分前じゃないと改札が始まらないようで、「それまではここで待て」と、指さされたのはその列車用の待合スペース。2列になって並ぶようです。

 

ただ、どうも様子がおかしくて、全然待っている人もいないし、盛んに周りから客引きをされる(何言われているのか分かりませんでしたが)。

自分なりに調べてみたら、どうもこの日は、8時30分頃に出発した後は、13時前まで列車はないようでした。普通は11時前にも一本動いているようなのですが、それがなぜか動いていない模様でした。

 

さすがに、4時間も電車を待つのは時間が勿体なすぎるので、ぼったくりに気をつけてバスに乗ろうか、それとも別のところをぶらぶらしようか…と思いながら、とりあえず、本当に列車がないのかも分からないし、近くにバス乗り場があるかも分からないので、西洋人の顔立ちをした人を探して英語で聞こうと思いました(中国人はほぼ英語が通じないし、そもそも向こうから近寄ってくるので危機感が高まります)。

駅前でそれらしき人を探していると、3人連れの男性陣の中にそれっぽい顔を発見!ということで、英語で質問してみたのですが、なぜか全く英語が通じない模様……。が、他の2人が英語出来るので、無事に意思疎通できました。

聞くところによると、彼らは中国の広州への留学生。2人はインドネシア出身の兄弟で、僕が声をかけたのはロシア人。ロシア語と中国語はぺらぺらだけど、英語はダメ…という、なんとも不思議なポジションでした。

そして彼らも同じく長城に行こうとしているけど、電車が全く来ないので、バスでの行き方を探しているとのこと。僕も1人では心許なすぎるので、一緒に加えてもらうことにしました。

 

北京北駅の隣、積水潭(积水潭)駅からバスが出ている

 

彼らの情報によると、北京北駅を通っている地下鉄2号線の1つ隣の駅、積水潭(积水潭)駅から長城行きのバスが出ているとのこと!(地下鉄は北京北駅ではなく、西直門(西直门)駅という駅を通っています)

つまり、この駅に行って正しいバスに乗れば、長城までは行けるらしいのです。ということで、目指しました。

 

北京北駅はここにあって、

 

バスが出ているのはこの駅です。

 

駅に着いて地上に出ると、バス停が延々と続くのですが、これらは全て別の場所に行くもののようです。途中、連れが中国語で警備員らしき人に色々聞いていたのですが、時々嘘を言う人達もいたようで…。このエリアはガン無視して、歩みを進めて下さい。

すると、こんな感じ↓

DSC_0264

DSC_0265

の建物が見えてくるので、ここに移動します(横断歩道がないのですが、渋滞中の自動車をくぐり抜ければ渡れます)。

IMG_0390

こんな感じ。

このバスターミナルから万里の長城(八達嶺)に行くのは、「877路(877番)」のバスです。

バスが何台も動いているので、とりあえずどれかに整列していれば、満席になったとしても他のバスに案内されると思います。

 

運賃は、現金支払いだと片道12元(約185円)。僕のように、北京地下鉄・バスのカード

IMG_1190

があれば、片道6元(!)で移動できます(電車も片道6元のようです)。

 

このバスに揺られて約1時間。移動中はガイドさんが中国語で色々と説明していましたが、当然ながら一切分からず…。

到着したらこんな感じです。

DSC_0208

 

注意すべきなのは、帰りのバスの時間。ガイドさん曰く、「午後4時半(だったか5時)が、877路の最終出発だよー!!」とのことだったので、このバスで帰りたい場合、午後3時半くらいには遅くても下山して、バス乗り場で待つのがいいです。

僕たちは午後12時くらいに登り始めて、午後3時前くらいには降りてきました(が、ここから別のバスにのって明・清朝の皇帝墓群(世界遺産)に行きました)。877路のバス乗り場は次から次に人がきていましたが、バスも次から次に来ていたので、時間に余裕を持って並んでいれば帰れるとは思います。

 

スポンサードリンク

まとめ

今回は、北京市内から万里の長城までバスで行く方法をまとめました。鉄道のほうが移動時間も短いので利用価値が高いですが、もし鉄道のスケジュールが合わなかったり、乗り遅れてしまった場合は877番のバスに乗って万里の長城を目指してみて下さい。

 

あなたにおすすめの記事はこちら!

-旅行