人生を豊かにするためのTips

知っておくと何かと役立つ情報をまとめています

雑学

ラーメン店・Antaga大正の店長が大麻所持で逮捕!今後お店はどうなる?

スポンサードリンク

大阪市大正区にある有名ラーメン店の「Antaga大正」。ここの店長が大麻をお店に保管して、営業後に吸っていたことが判明して、10月5日までに店長が逮捕されました。

 

スポンサードリンク

Antaga大正ってどんなラーメン屋?

Antaga大正は、食べログの評価では平均が3.55という評価で、濃厚スープを売りにしたメニューの柱にしている、根強いファンも多いお店でした。

場所は大正駅から北に100mほど歩いた場所にあって、京セラドーム大阪にも近いことから、野球ファンやコンサート帰りの人たちも多く利用している有名店でした。

 

ここの店長が大麻を持っていたことが分かったのは、常連のお客さんが「大麻のにおいが店内でした」という発言があったことも関係していると言われていますが、なぜお客さんに大麻のにおいが分かるのか…。これは疑問が残る点でもありますよね。

 

10月5日現在で、既にお店は営業停止になっていて、食べログなどを見ても「店舗の運営情報が確認できておらず、掲載を休止しています」という表記がなされています。

 

大麻を持っていて逮捕された後はどうなる?

このAntaga大正にはファンも多いので、今後のお店の営業再開がどうなるのかが気になる方も多いのではないでしょうか。

大麻については、大麻取締法において、その刑が定められています。

大麻の所持、譲受、譲渡は、5年以下の懲役とされていて、それが営利目的の場合、7年以下の懲役、事情によって追加で200万円以下の罰金とされています。

 

保持量が微量の場合は不起訴になる場合もあるようですが、Antaga大正の店長の場合はその量が11グラムと報道されているので、不起訴になるかどうかは微妙なラインと言えそうです。

今回の場合は、営利目的ではないので5年以内に釈放されると思われます。また店長には仕事に復帰して、Antaga大正のラーメンを食べられる日が一日でも早く来て欲しいものですね。

 

あなたにおすすめの記事はこちら!

-雑学