ワルシャワで生活するなら、市内交通が乗り放題のワルシャワシティカード(ztmカード)を作ろう!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

先週の金曜日に、オンラインで「ワルシャワシティカード(ztmカードとも、以下シティカードと記述)」なるものを申し込んだのですが、今日はその受け取りに行ってきました。

スポンサードリンク

 

ワルシャワシティカード(ztmカード)とは?

スポンサードリンク

ワルシャワ、もといポーランドの大都市には、その街の公共交通機関(バス、トラム、地下鉄など)を運行している会社があるのですが、ワルシャワの場合、このシティカードを手にすると、1ヶ月または3ヶ月の間、定額でバス、トラム、地下鉄が乗り放題になるんです。要するに一種の定期券ですが、A駅とB駅の間の定期券、というわけではなくて、ワルシャワ市内を走るバス、トラム、地下鉄には全て乗り放題になるという、在住者にとっては大変有り難いカードです。

 

スポンサードリンク

ちなみに、シティカードの料金はこちらでも確認できるとおり

・30日間で110ズロチ(約3300円)

・90日間で280ズロチ(約8400円)

です。このレートは1ズロチ30円で計算しているので、僕が今日買った90日分のカードは、クレカのレートで恐らく7600円くらいではないかと思います(めちゃくちゃ安い!)

このカードがあれば、自分の住んでいる最寄りの電停やバス停から中央駅にはもちろん行けますし、ショパン空港にも行けます。詳しくは今回は書きませんが、ワルシャワ市内の主要な場所には全て行けると理解して大丈夫です。

 

シティカードの作り方

申込方法が幾つかあるようなのですが、一番手っ取り早いのはオンラインで申し込む方法です。

このページにアクセスすると、申請しなければならない情報が複数あるので記入していきましょう。

ZTMカード

first cardとsubsequent cardの違いは、初めて申し込むか二回目以降(1ヶ月、3ヶ月の有効期限が切れた後の継続手続き)であるかの違いです。初めて申し込む時にはもちろんfirst cardですが、二回目以降はカード発行手数料として14ズロチ必要であることを注意して下さい(一回目は無料)。

上の写真の青枠の部分は、僕の個人情報を伏せている箇所です。赤の米印の部分は必須入力項目ですが、上の図を参考にして自分で情報を埋めて下さい。

 

次に、カードのデザインを選ぶページに移ります。

ztmカード2

僕は青色が好きなので、「4」を選びました。

この後、自分の顔写真をパソコンからアップロードしてカードの申請は完了です。

僕は、スマホアプリの履歴書カメラを使って自宅で撮影、そのデータをパソコンに取り込んで送付しました。

 

送付が終わると、以下のような画面になります。

ztmカード3

Google翻訳を使った結果はこちら。

ztmカード4

カードの受け取り場所を申込時に指定する必要があるのですが、一番分かりやすいのは「ワルシャワ中央駅」です。

(居住地によってはワルシャワ東駅やワルシャワ西駅のほうが便利かと思います)

僕は中央駅にしました。

 

申請が終わると、登録メルアド宛に「申請が完了しました」というメールが届き、続いて数日後に「発行可能です」というメールが届くので、そのメールが届いたら、受け取り場所までパスポートを持って足を運びましょう。(パスポートで氏名などの確認を行うようです)

 

シティカードの受け取り方

僕の場合、金曜の夕方にオンライン申請をして、翌営業日の月曜の朝8時台に「受け取れますよ~」というメールが届きました。ので、その日の昼間に行って来ました。

 

中央駅での受領場所は、地上一階にある「ztm service center」とかいう場所です。

こんな場所↓

IMG_1020

ワルシャワ中央駅に乗り入れているのは、ポーランド国鉄(PKP)の列車ですが、この会社とは取扱が異なるので注意して下さい。赤色の看板が目印です。

 

このオフィスに入って、受け取ったメールを見せれば手続きを進めてくれます(英語使用可)。

この時に、顔写真が入ったカードを見せてもらって、氏名の綴りに誤りがないかどうかを確認します。その後、「1ヶ月か3ヶ月か」、「普通料金か学割か」を決めて、この場で料金を払います(クレジットカード可)。学割は、恐らく「ポーランド国内の教育機関に所属している」必要があると思います(確認できていないのですが、ポーランド国鉄PKPの学割適用ルールがこうなので)。

 

ここで料金を払えば、晴れてカードが自分のものになります。あとは、初めてバスかトラムか地下鉄に乗るときに、車内の検札器のタッチ位置(ICOKAやSUICAで改札にタッチする場所のような箇所)に最初だけ一度タッチすれば、そこから1ヶ月又は3ヶ月有効になる、というわけです。

 

僕の場合、普通料金なのですが、これでも1ヶ月あたり約2500円と、破格の料金で街を移動しまくることができます。ワルシャワ到着時に、一番安い20分間使用できるチケットを10枚まとめて勝手おいたのですが、これだけで900円くらいしているので、1ヶ月で28回くらい乗れば普通に元がとれる計算ですね。

 

このシティカードは、旅行者には縁がないカードだとは思いますが、留学やワーホリで滞在する方にとってはとてつもなく強力なツールです。ワルシャワでの生活が落ち着く頃にはこのカードを手に入れて、市内を縦横無尽に移動できるようにしておきましょう!

スポンサードリンク

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!