小人の街・ヴロツワフの旧市街を散策!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今回は、ブロツワフ旧市街一帯の街歩きのまとめです。

スポンサードリンク

 

ブロツワフは大きい街ですが、旧市街はとてもコンパクトにまとまっています。

スポンサードリンク

また、駅からもほど近い場所にあるので、歩こうと思えば歩く距離にあるのも有り難いですね。

 

スポンサードリンク

ブロツワフが面白いのは、旧市街の外側に「お堀」があることですね。

011

↑ブレブレの写真で申し訳ないですが、駅から旧市街に行く時にはこういう堀の横を通っていきます。

この写真だけ見ると、中国の蘇州にいたときのことを思い出しますが…。

023

もちろん、旧市街周辺まではトラムも動いています。ワルシャワのトラムとは違って、「東欧」感がでている車両ですね。

 

027

 

駅方面から旧市街に行く場合は、この「Galeria Dominikanska(ガレリア・ドミニカインスカ)」が目印となります。この交差点一帯が一番都会っぽくて、このモールの、道路を挟んで反対側に旧市街が広がっています。

スポンサードリンク

トラム乗り場の名前も同じ「Galeria Dominikanska」なので、迷う心配はありません。

 

030

↑旧市街へと続く道。この辺りは歩行者天国のところが多いです。

036

旧市街中心の広場に着きました!既にクリスマスマーケット仕様になっていますね。

038 039

041

マーケットの様子。

066 067

050 058

鍛冶屋さんも。

059

 

そして、旧市街から北に抜けると、ポーランド第二の川、オーデル川をまたぎます。

 

この日は、ブロツワフ一帯(そしてワルシャワも…)濃霧が晴れることなく、ずっと地上周辺を覆っていて、とても幻想的な街の姿を見ることができました。

075 080 089 096 099

本当は、日没までに市内もウロウロしたかったんですが、霧の影響で飛行機が遅れてしまったので、結局ブロツワフ旧市街は夜しか散策することができませんでした。

 

しかし、霧のおかげで普段見られない光景を目にすることができたのは儲けものでした。

 

また、ブロツワフは、旧市街周辺に250体を超える小人(の像)があることでも有名です。

僕が目にしたのは…

338 341 342 343

この4体だけでしたが、街にめぼしいスポットがなければ、どれだけ小人を探せるかに挑戦してみてもいいかもしれません。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー