ヴロツワフ空港のExecutiveラウンジの利用レビュー(プライオリティパス)

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ヴロツワフに入ったときに、ワルシャワに戻る際に空港ラウンジを利用しました。今回はそのレポートです。

スポンサードリンク

関連記事:飛行機を利用する際に割安で空港ラウンジを利用する方法

 

スポンサードリンク

目次

ヴロツワフ空港のラウンジはどこにある?

大きい空港でラウンジを利用しよとすると、ターミナルがごちゃごちゃしていたり、搭乗口までの移動時間を見積もっていないといけなかったりと、何かと大変なことも多いです。

スポンサードリンク

しかし、ヴロツワフ空港はとてもこぢんまりしているので、迷う心配も時間に遅れる心配もありません。

 

保安検査を通過すると、一番手前にあるのが1番ゲートなんですが、エグゼクティブラウンジは左手にずーっと歩いていった、10番ゲートあたりにあります。

img_2396

反対側には出国審査場があって、イギリスとアイルランドに行くフライトを利用する場合は、ラウンジを利用してから通過する必要があるので、その場合は少し余裕を持って移動しましょう。といっても、ワルシャワ空港とは違って、出国審査場もシンプルなので、15分程時間を見ておけば大丈夫だと思いますが。

 

↑このラウンジ、少し入口が分かりづらかったんですが、写真の右端に写っている看板の真横に扉があります。他の壁とドアが同化していたので気づきませんでした…。

 

ラウンジ内の様子

僕が利用したのは、フライト時間の関係で朝6時過ぎから。

img_2397 img_2398 img_2399

ラウンジ内は見事に貸しきりでした(笑)

 

img_2401

食事の種類も、そこまで多くはなく…

 

img_2402

ポーランドの定番食材の肉とチーズも、肉はサラミ1種類だけ、チーズは4種類くらい。

img_2403

ナッツ、スナック類は豊富でしたね。あとスイーツも。

img_2404

コーヒーメーカーもなかなか本格的。ワルシャワ空港のよりいいんじゃないでしょうか。

img_2405

ドリンク・お酒コーナー。

スポンサードリンク

img_2406

清涼飲料水、ビールに加えて、フルーツジュースも種類が多め。定番のオレンジ、グレープフルーツに加えてトマト、ニンジン(野菜ドリンク)もありました。

 

img_2400

フライト情報の掲示板もあり。ヴロツワフ空港はラウンジ内にもアナウンスが流れるので、乗り損なうことはないでしょう(ワルシャワ空港は、ラウンジ内はサイレントです)。

 

また、写真を撮り忘れましたが、一部に深く腰掛けられる椅子+同じ高さのレッグレストがあったので、腰から下を横にして仮眠を取ることもできます。利用者も基本的に少ないラウンジだと思うので、快適に過ごせるかも知れませんね。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (8)

  • トラックバックは利用できません。

    • minmin
    • 2017年 2月23日

    ポーランドへの旅行を計画していた時、このPoland Lifeに当たりました。目的地への情報の詳細が書かれていて、とても参考になります。クラクフやワルシャワ以外も行き方をメモしているところです。ワルシャワからグダンスクへ、Lyanairを予約することができました。ヴロツワフからワルシャワも利用しようか考えているところです。ワルシャワと同じように、ヴロツワフもプリントしなくてもチェックイン出来たのでしょうか。また、ヴロツワフは、24時間オープンしているのでしょうか。教えてください。

      • たつや
      • 2017年 2月23日

      minmin様

      コメントありがとうございます。
      ライアンエアーのヴロツワフからワルシャワでも、スマホでチケットを提示すれば搭乗はできたはずです(私が利用した時は、行きの添乗員に聞いたところ「ビザチェックインが必要」という間違った回答が返ってきたので、チケットを印刷して預け荷物がないにも関わらず、空港には2時間前に到着しましたが)

      ヴロツワフ空港は、チェックインカウンター手前のコンビニ等は早朝でもオープンしていましたが、フライトが24時間飛んでいるわけではないので、手荷物検査の後のエリアは24時間営業ではないと思います。私も正確な情報を持っていないため、ヴロツワフ空港の公式ページも合わせてご覧頂くと、より正確な情報を入手して頂けるのではないかと思います。

    • minmin
    • 2017年 2月23日

    早々にありがとうございます。たつやさんのおかげで、Lux ExpressもLyanairも予約できてうれしいです。それもかなりお安くです。ブロツワフ空凍のサイトを開いたのですが、英語はイマイチなため解読不可でお聞きしましたが、まだ先の旅行なので調べてみます。異国の地でエンジョイしながら生活を築いている姿が手に取るようにわかります。これからもタメになる情報を発信してください。

      • たつや
      • 2017年 2月23日

      minmin様

      各種ご予約ができたとのこと、私のブログがお役に立てて嬉しいです。
      ヴロツワフ空港ですが、Sleeping airportというサイトを読んでいると

      http://www.sleepinginairports.net/europe/wroclaw.htm

      24時間営業にはなっているようですね。お店の営業は分からないので、軽食だけ市内で調達する等されるほうがいいかもしれません。

    • minmin
    • 2017年 2月25日

    sleepingairportは、ワルシャワがおススメでしたね。ブロツワフまで載っているとは知らず、スルーしていました。早朝にたどり着けるか心配でしたが、これで安心しました。また、無料チェックインや国内ビザチェックなしのことも読み返しました。いろいろありがとうございました。

      • たつや
      • 2017年 2月25日

      sleepingairportは、全世界の全ての空港を網羅している筈です。私は以前こういうのは興味ありましたが、今は疲れが取れないほうが嫌なので、おとなしくホテルで寝るようにしていますが…。
      ヴロツワフ空港へは、市内から路線バスが5時前から出ているのでお金もそんなにかからないと思います。
      国内ビザチェックインはありがたいですよね。道中お気を付けて素敵な旅になさって下さい。

        • minmin
        • 2017年 3月13日

        2月末だったと思いますが、LUXからのメールがありました。予約したものがすべてキャンセルになりました。4月から、ポーランド国内の営業撤退だそうです。コンパクトにユーロ圏に訪れる計画が泡となって消えてしまいました。ポリスキとかぶっていることが大きな問題だったのでしょう。たつやさんのブログでオススメしているルートも4月から利用不可となります。ポリスキのシートと利用客の向上を願ってやみません。

          • たつや
          • 2017年 3月13日

          minmin様

          貴重なコメントありがとうございます。Luxexpressの撤退は残念ですね…
          ベルリン~ワルシャワでしたらPolskibusが運行しているのと、あとアプリでGoEuroというのがあるので、これを使えばあらゆる移動手段を安い順に検索可能です。

          LuxExpressがポーランドから撤退するのは、Eurolinesのベルリン~ワルシャワ~バルト三国路線(Polskibusとの共同宇運行)での競合に敗れた可能性が高いですね…。

          ブログでは改めて告知を致します、本当にありがとうございました。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー