ポーランドは衣類が高い!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

先日、こっちにきてついに(?)服を買いました…。

スポンサードリンク

 

日本出発当初は、「まだまだ夏だし当面は大丈夫だろう!」と思って、
・半袖(Tシャツとポロシャツ)
・念のため肌着
・半袖+長ズボンの寝巻
・ジーンズ1着とハーフパンツ2着
・くるぶし丈の靴下数足

スポンサードリンク

と、基本的に「半袖半ズボン」スタイルでやってきたのですが(荷物の問題もあったし)、

スポンサードリンク

こっちにきてから、思っていた以上に肌寒い日も多く…(湿度が低いから、日陰だとカラっとして寒く感じてしまうのか?)、長袖があったほうがいい、とは思っていました。

スポンサードリンク

 

で、先日ついに、買ってきました。

 

買いに行ったのは、あの定番のH&M

某情報によると、ベトナム人が集まるマーケットみたいなところだともっと安く買えるようなんですが、住んでいるところから遠いので、CentrumにあるH&Mに行ってきました。

 

が、値段が高い高い……。

 

買ったのは、

・長袖のYシャツ(襟があるやつ)
・長袖シャツ(ニット系)
・ベルト(1つしか持ってきておらず、既にくたびれている感が)
だったのですが、

これらを合わせて、約180ズロチ…。日本年にして約4800円。

 

 

高いっ!!

 

180ズロチなんて、3ヶ月のトラムバス乗り放題カードを買った時(240ズロチ)に次ぐ値段の高さです(電子機器類を除く)。

普段、スーパーでの買い物や外食を20~40ズロチで抑えている身としては、100ズロチを超えると白目むいてしまいそうでした。長距離列車の切符でも100ズロチしないのに、服1着で60ズロチってどういう物価だよ…。

 

もしかすると、ポーランドは「物価が安い」というより、「食費と交通費が安い」のかもしれませんね。それか、そこまで服を大量に持つ習慣がないのか…(なんとなく、男性も女性も、少ない服を組み合わせて着こなしている印象は持ちますが)。

 

しかしそれでも、この値段は高いです。ここでも他国に違わず、女性用の服売り場の大きさとレパートリーの多さはすごかったので、この国に生まれてファッションにのめり込んでしまうと、どれだけ財布あっても足りないような気がしますが…。

 

あと、こっちの服のサイズが微妙。日本だとLサイズ使っているんですけど、こっちでLサイズだと丈が長すぎるので、YシャツはMサイズにしました。ニット系シャツは、Mサイズだと首回りが若干苦しいので仕方なくLサイズにしましたが、少しダブダブ…。自分の体型が痩せすぎっていうのもあるんでしょうけど、「いい塩梅」っていうのが見つからなくて微妙でした。袖も全体的に長めですし…。

 

まあ、当分他に服を飼うことはないので、問題ないといえばありませんが。

 

次に買うのは、寒さの本番が来るときのコートですね。果たしていくらかかるのか。こればかりは、日本に置いてきた6年以上使っているPコートを取りに帰りたいです…

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー