ビリニュス~カウナスの移動は鉄道とバス、どっちが便利?

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク
スポンサードリンク

リトアニアを訪れるなら必ず訪れたいのが、かつて第二次世界大戦中に外交官・杉原千畝がユダヤ人に対して「命のビザ」を発効し続けた大使館跡がある、カウナスという街です。

スポンサードリンク

 

カウナスはリトアニアの首都・ビリニュスから西北西に約130キロの所にあるリトアニア第2の街で、移動方法としてはバスと鉄道があります。

スポンサードリンク

 

今回は、鉄道とバスのどちらを使ったほうがいいのか、あるいはどんな場合に使い分ければいいのかをまとめました。

スポンサードリンク

 

リトアニアを含むバルト三国は「バス王国」

まず、リトアニアとラトビア、エストニアのバルト三国は全て「バス王国」という事実を抑えておく必要があります。

これらの国にも当然鉄道は走っていますが、旧ソ連時代の名残から、国際列車はベラルーシ/ロシア(モスクワ・サンクトペテルブルク)を結ぶものばかり。バルト三国(から更にポーランド)を鉄道で結ぶ計画は現在進行中ですが、全通予定が2026年とまだまだ先で、これらの国の移動にはバスを使うしかありませんし、国内移動をする場合も鉄道は本数が少ないため、予定に余裕がない場合はあまりオススメしません。

 

ただ、料金や快適性も含めるとそれぞれ長所と短所があるので、以下でそれらを見ていくことにします。

 

バスのメリットとデメリット

まず、バスのいい点は「本数が多い」ことです。

ビリニュスのバスターミナルに行くと、各プラットフォームでそれぞれ時刻表が書かれていますが、多いときで10分に1本ペース、日中でも1時間に2本程度は確実に運行しているので、ぶらりバスターミナルを訪れてバスに飛び乗って移動することができるのが、バスを使ういい点です。

ただ、途中小さな街に停まっていくのか、ノンストップで移動するかが分かりづらいため、バスは先に出発したのに、10分後に出発したバスに途中で追い越されてしまう、なんてことが起こりかねません(バス停で、時刻の下に「E」と書かれたバスを利用すると、時間をかけずに移動することができます)。

↑「KAUNAS」の時刻表の下に小さく「E」と書かれています。これが恐らく、最短で到着するバスの出発時刻です。

 

また、バスの所要時間は最短で1時間30分程度、停車駅が多いと1時間40分~50分程度かかると見込んでおいたほうがいいでしょう。

加えて、バスによってインターネットが無料で繋げるのか、繋げないのか、というのも違っていて、それらは実際にバスターミナルで車両を確認するまでは分かりません。要するに当たり外れがある、というのがデメリットと言うことができます。

 

なお、料金は僕が利用したもので6.3ユーロ(停車駅が多いもの)でした。エクスプレスになると若干値上がりするかも知れません。

 

鉄道のメリットとデメリット

鉄道のメリットは、バスより若干料金が安いことと所要時間が短いこと。反対にデメリットは、本数が少ないので融通が利きづらいことです。

鉄道は各駅停車、快速列車、急行の3種類が運行していますが、2017年5月のダイヤだと、旅行客向けの時間帯の列車を挙げると

ビリニュス カウナス 種別
8:50 10:24 各停
9:30 10:39 急行
10:25 11:37 快速
11:15 12:31 快速
11:40 13:11 各停
12:25 13:30 急行
14:05 15:20 快速
14:45 16:17 各停
15:50 16:57 急行

 

カウナス ビリニュス 種別
8:10 9:24 快速
9:15 10:41 快速
11:00 12:39 各停
12:08 13:20 快速
13:50 15:19 快速
14:40 15:49 急行
15:40 17:14 各停
16:32 17:38 急行
17:05 18:16 快速

です。

 

途中で快速や急行が各停を追い抜くこともなく、時間帯によってはバスを使う方が早く到着することもあります。ただ、快速か急行を使うと1時間20分を切って移動ができるので、片道はバス、もう片道は鉄道を利用するのが、時間帯が合えばいいでしょう。

 

(僕は、ビリニュス→カウナスを朝8時10分発のバスで、カウナス→ビリニュスを12時08分の鉄道で移動しました)

 

なお、鉄道料金は快速が5.6ユーロでした。各停は0.5ユーロほど安く、反対に急行は1ユーロほど高くなります。

また、鉄道の場合窓口で切符を購入できますが、時間がなくて飛び乗り乗車をして車内で切符を買うと、手数料として1.45ユーロを追加で払わないといけません。窓口で買うとバスより少しお得になるので、鉄道の切符は予め窓口で購入したいものですね。

 

まとめ

いかがでしたか。今回はビリニュス~カウナスのバスと鉄道での移動方法についてまとめました。杉原千畝博物館に行く際の参考にしてみて下さい。

 

<合わせて読みたいリトアニア旅行記事>

カウナス・杉原記念館では第二次世界大戦の大まかな流れも学べるよ

 

リトアニアのマルボルク城?トラカイ城へのアクセス方法についてまとめました

 

<合わせて読みたいバルト三国旅行記事はこちら>

エストニアの首都・タリンを弾丸で楽しむオススメスポット5箇所はココ!

ラトビアの首都・リガを弾丸で楽しむオススメスポット5箇所はココ!

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー