ウィーン~ブダペストの移動方法を徹底比較

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

オーストリアの首都・ウィーンとハンガリーの首都・ブダペストは、直線距離で230kmの距離の近さで、かつて両国はオーストリア・ハンガリー二重帝国を形成したこともあり、旅行の際に合わせて訪れてみたい国であると同時に、その近さから一緒に訪れる方も多いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 

今回は、そんなウィーン~ブダペストの移動方法の比較をして、まとめてみました。

スポンサードリンク

 

①安さ重視ならバスを使おう

スポンサードリンク

 

ウィーンとブダペストを移動するのであれば、現実的な比較対象はバスと鉄道の二択。飛行機も飛んではいますが飛行時間が短いため、日本~オーストリア~ハンガリー、のような乗り継ぎの場合を除けば、基本的に選択肢には含まれないと考えましょう。

 

さて、第1の選択肢としてバスから解説していこうと思います。バスはFlixBusやRegioJetなど、複数の会社が運行しており、全て合わせれば平均して1~2時間に1本の間隔で運行していることになります。

 

運賃は予約が早いほうが安くなる傾向にあり、1ヶ月先のオフシーズンの予約だと片道10€を下回ることも多いです。

 

ウィーン市内の乗降場は、中央駅(Wien Hbf)とバスターミナルがあるエールトベルク(Vienna Erdberg)の2つ。バスに応じて出発地・目的地が異なり、両方の場所に立ち寄るバスとそうでないバスがあるので、チケット購入の際に注意して確認しましょう。

 

また、ブダペストの乗降場もブダ側のKelenfold(ケレンフェルド)とペスト側のNepliget(ネープリゲト)バスターミナルの両方があり、Kelenfoldに立ち寄るバスの本数は限られています。こちらも予約時に注意しておきましょう。

 

バスの場合、移動時間は2時間45分~3時間40分と、乗車と下車のターミナルによってばらつきがありますが、だいたい3時間ほどで到着できる、と考えておけば大丈夫。

 

また、バスの利用で有難いのは、ウィーン市内~ウィーン空港~ブダペスト、と、ウィーン空港に立ち寄るバスも一部運行されていること。ウィーン空港に降り立ってそのままブダペストに行く、あるいはブダペストからウィーン空港までバスで移動して飛行機に乗る、ということができてしまうので、ウィーン空港から直接ブダペストに行くことを考えている場合は、バスの利用を検討してみるのがいいでしょう(所要時間約2時間30分~2時間50分)。

 

バスのチケットを調べるなら、FlixbusRegioJetの公式サイトでそれぞれ調べるか、チケットの串刺し検索ができるOmio(GoEuro)が便利です。

 

持ち込める手荷物の個数は、車内に持ち込めるリュック1つに預けられるスーツケース・バックパックが1つ。これ以上の荷物を持ち込むには追加料金がかかります。

 

②速さ重視ならオーストリア国鉄(OBB)のRailJetが便利

 

続いては鉄道。こちらは、オーストリア国鉄が運行している高速列車「Railjet」。一等車、二等車と、列車によっては食堂車を連結して、ウィーン中央駅とブダペスト東駅(Budapest Keleti)の間を約2時間20分で結びます。

 

チケットはバスよりは高く、早割で片道24€程度から。通常料金や直前予約だと40~50€ほどすることもあります。

 

RailJetの利点は、移動時間が短いためウィーンやブダペストでの滞在時間が長くなること。運行頻度こそ2時間に1本ですが、始発列車と終電が遅いため、ウィーンからブダペストへの、あるいはブダペストからウィーンへの日帰り旅行も不可能ではありません。

 

 

Railjetの予約方法や乗車の様子はこちらの記事で解説しています。

 

オーストリア国鉄・Railjetでブダペスト~ウィーンを移動。予約方法や旅行の様子は?

スポンサードリンク

 

なお、在ハンガリー日本大使館からの連絡によると、このRailJetを利用してウィーンからブダペストに向かう間、特にオーストリアからハンガリーに国境を移るタイミングで、置き引きなどの被害が発生していることが多いようです。

 

乗車方面に関係なく、

・手荷物は自分の目に見える場所に置いておき、不用意に目を離さない

・不自然に乗り降りを繰り返す乗客、座席を探すふりをしている乗客には特に注意する

などの対策は十分に講じてください。

 

 

③ウィーン乗り継ぎ利用なら飛行機利用も考えたい

 

ウィーン~ブダペスト間は、オーストリア航空(スターアライアンス)が1日3本運航。距離が短いためフライト時間は45分ほどとなっており、この区間だけをチケットを買って飛行機で移動するのは非常に効率が悪い(ブダペスト空港は、ブダペスト市内からウィーンとは反対方向の場所にあるため)のですが、羽田~ウィーンを結ぶANA便との乗り継ぎなどでの同時発券して利用する分には、利用を検討するに値します。

 

機材はプロペラ機かエアバス320を使っています。

 

僕が利用した際は、ウィーンから乗り継いで帰国する際にビジネスクラスでの利用をしたので、

2列×2列のプロペラ機でしたが、シートピッチはまずまず。

 

 

45分の飛行時間、水平飛行の時間は恐らく30分ほどだったと思いますが、その間に軽く朝食を出してもらいました。

 

この区間をエコノミーで利用したことないので分かりませんが、飲み物と軽食を、離陸してからすぐに胃の中に流し込むような速度感になってしまうと思います。

 

ウィーンで乗り継ぎをして、日本やヨーロッパの他の国を結ぶ際には、飛行機の利用も考えてみるといいかもしれません。

 

 

まとめ:状況に応じてバスか鉄道かを使い分けよう

 

ウィーン~ブダペストの移動は、安さを取るか速さを取るかでバスにするか鉄道にするか、がはっきりと分かれる区間です。移動距離・時間の短さ故に夜行での移動ができず、日中の移動だけになってしまいますが、節約重視でいくならバス、スピード重視でいくなら鉄道、という考え方でいきましょう。

 

僕は一度、ブダペストを出発して、ウィーン空港を午前中(11時台)に出発するフライトを利用する機会がありましたが、国境審査が必要なフライトのため、朝一のバスでブダペストを出発すると空港到着が間に合わないため、7時前に出発するRailJetを利用して一度ウィーン中央駅に行き、そこから鉄道を乗り換えて約3時間でウィーン空港に到着、という移動をしたこともありました。

 

利用する手段の時間帯によっては、日帰り旅行もできてしまうので、自分のスケジュールや予算に合った方法を選んでみてください。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー