日本から空路でポーランドに行くならどの会社がオススメ?(関空発着編)

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

今回は、前回書いた「日本からポーランドに飛行機で行く方法を考える」の、関空発着バージョンです。

スポンサードリンク

 

僕は日本では関西から離れて生活したことがなく、基本的に海外に行く場合は関空を利用しています。そして、ポーランドに行く場合、いくらポーランド航空との直行便があるからといっても、それは所詮東京の話…。

スポンサードリンク

 

関空からポーランドに行く場合は、(成田空港でポーランド航空に乗り継ぐ場合も含めて)必ずどこかで一度、乗り継ぎをしないといけません。今回は、前回と同様に「時間」に重点を置いて、関空からポーランドへの良いアクセスのしかたを考えてみることにします。

スポンサードリンク

 

では今回も、第一位から発表していきましょう。(2016年11月20日、記載内容を一部変更しました)

 

第一位:フィンランド航空

ダウンロード

http://110.50.193.41/20131128-12562(アイキャッチ画像もここから拝借しました)

直行便やロシア(モスクワ)行きのフライトが就航していない関空の場合、一番時間効率が良いのは「欧州最速」のフィンエアーです。乗り継ぎを含めて14時間ほどでワルシャワには到着できますし、日本に帰る場合も昼頃にワルシャワ空港を出発する便を利用できるので、時間に余裕がありますね。

 

ちなみに、2016年7月現在、フィンエアーは成田、関空以外に中部国際空港と福岡空港にも就航しています。もしこれらの空港からワルシャワに向かおうとする場合も、フィンエアーも利用できるので第1候補として考えてみるのも良いかと思います。

 

第二位:中国国際航空

 

 

https://china.firsight.jp/airlins_ca.html

https://china.firsight.jp/airlins_ca.html

 

関空からポーランドに行くのに便利な航空会社の二位は、2016年9月21日から北京~ワルシャワ間に就航した中国国際航空です。(週4日での運航なので、運航曜日はご注意下さい)

北京からワルシャワまでは約9時間、反対方面は8時間台と、東アジアと欧州を10時間未満で結んでくれているのが嬉しいですね。

また、北京からワルシャワへの便は、午前3時30分発の午前6時30分着、ワルシャワから北京へは、午後1時10分発の午前4時40分着となっていて、関空を19時台に出発する便に乗って北京に行ってから乗り継ぐことができるのも魅力です(ワルシャワからだと、乗り継ぎで北京を午前8時台の便に乗って、関空には午後12時30分頃に到着します)

 

そして、中国国際航空が良いのはその価格競争力の高さ。これはワルシャワ出発の関空往復便ですが、安いと4万円台、5万円台でチケットが落ちています。

 

第三位:ルフトハンザドイツ

pic_LH

https://www.klinetravel.co.jp/travel/2010/09/post-11.html?tab=tab02

 

三位は正直、KLM/エールフランスかルフトハンザで迷いました。

ただ、復路(日本行き)の出発時間が、ルフトハンザの場合7時台か、遅い便だと10時台があるようです。KLM/エールフランスだと、アムステルダム経由でもパリ経由でも、ワルシャワの出発は6時台。午前4時半頃に空港に到着しておかないといけないのは、ちょっと辛いと思うので、復路のワルシャワ出発の時間でルフトハンザドイツを選びました。

 

番外編:大韓航空で仁川・プラハ乗り継ぎという方法も

ダウンロード (2)

(画像はこちらより拝借)

あまり知られていませんが、関空発でスカイスキャナーを使って検索すると、大韓航空で仁川とプラハで乗り継ぐ、という方法も安い運賃でヒットする場合があります。

この方法がいいのは、二回乗り継ぎの割に空港での接続がよく、往路では関空を9時半に出発して、ワルシャワには19時台に、また復路では、ワルシャワを15時に出発して夜にプラハで乗り継ぎ、仁川で5時間ほど待ちますが、翌日の夕方に関空に帰ってこられることです。

(かつては、仁川~プラハ間は大韓航空とチェコ航空がそれぞれフライトを飛ばしていてダブルデイリーだったのですが、2016年7月現在は共同運行の1本になっているようです)

 

まとめ:関空利用なら欧州経由でポーランドまで行こう

関空利用の場合も、オーソドックスにヨーロッパの都市経由でワルシャワまで行くのがいいと思います。ただ、ネックは運賃。一位から三位までのエアラインを全て検索すれば、どこかで安い航空券がヒットするとは思いますが、万が一どれも高い!となった時は、ドバイ経由のエミレーツ航空を利用するのもいいでしょう。移動時間が20時間以上かかってしまうのがネックですが、「どうしてもお金がない!」と言う場合は、予備の選択肢として持っていくといいでしょう。

 

ちなみに、僕が二度利用したことあるカタール航空の関空~ドーハ便は、2016年の初めに休止になってしまったようで、今はエミレーツ航空しか利用できません。カタール航空は東京ではなく関空に最初に就航したので思い入れはあったのですが、それはもう過去の話なんですよね…。

 

というわけで、今回は関空から出発する場合の航空券の選び方をお伝えしました。

ちなみに、他の地方空港から出発を予定されている場合は、そこから大韓航空が飛んでいれば仁川まで飛んでプラハ経由で向かう方法でもいいですし、東京か大阪まで出てきて飛行機に乗るのが良いと思います。

 

 

それでは、皆さん素敵なポーランド旅行を!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー