シフィドニツァの平和教会はこんなところ!

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

今回は、シフィドニツァにある世界遺産の木造教会の情報をお送りします。

スポンサードリンク

 

ブロツワフからシフィドニツァまではミニバスを利用するのが便利ですよ。

スポンサードリンク

参考記事:ブロツワフ~シフィドニツァ間をバスで移動するには?

 

スポンサードリンク

シフィドニツァの木造教会は、街の中心部よりちょっとだけ北にありますが、ブロツワフから乗ってきたバス停から余裕で歩いて行けます。

 

153

バス停から、バスで来た道を後戻りすると十字路に着くので、そこを左折します。

↑の写真の「Kościelna」という方面に向かって歩きましょう(ちなみに、kościół:コシツィウというのはポーランド語で「教会」という意味です。そのまんまの通りの名前ですね)。

154

↑こんな感じの道を歩いて行くと…

155

入口に到着します。この写真の右に写っているのはレストランで、教会の入場券を買うと、「10%オフ」のクーポンが付いてきます。

157

なんと、入口を入ってすぐ右側には日本語での案内もありました!英語やドイツ語の案内は見当たらなかったので、どれだけ日本人に有名なのかが分かりますね…。

 

158

スポンサードリンク

↑これが教会の全貌。といっても、木々が邪魔ですっきりとその姿を眺めるところはありません。夏に行くと緑が生い茂っているので、遠くから全貌を写真に収めるのは難しいかも知れません。

160

間近で見てもなかなか立派です。

161

石碑。

165

シフィドニツァの教会には、年中中に入ることができます。ネットで見た情報では「冬は閉まっている」というのもあったんですが、少なくとも日中は年中オープンのようです。

 

教会の入場料は10ズロチ。教会内は撮影可能でした。

168 169 172 176 180 182 185 186 188

入場料を払うと、教会の案内パンフレット(紙に印刷した、ファイリングされたもの)を借りられます。「何語がいい?」と聞かれたので「英語のを」と言って貸してもらったんですが、そもそもキリスト教の用語や歴史背景をそこまで知っているわけではないので、英語で読んでもちんぷんかんぷんでした…。日本語の案内があるのかどうかは不明です。

 

 

↓入館情報です。

191

 

冬期だからか、訪れている客はまばらでした。当然ながらアジア系の人は自分だけ。

194 196

↓これが入口の横にあるレストラン。朝は10時から開いているので、ここで昼食を済ますのもアリですね。

197

僕はここを利用していないので、値段やメニューは分かりませんでした。

 

シフィドニツァの木造教会は、そこまで大きなものではありませんが世界遺産らしい堂々とした風格がありました。

 

<合わせて読みたい>

世界遺産・ヤヴォルとシフィドニツァの平和教会群は1日で回れるよ!

ブロツワフ~シフィドニツァ間をバスで移動するには?

 

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー