ブダペストの本格居酒屋!Sushi Oceanで日本料理を味わおう

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

ブダペストにはいくつか日本料理屋さんがあるのですが、ペスト側・国会議事堂からほど近い場所に「SuShi Ocean」というお店があるという話を聞いて、早速料理を食べに行ってきました。今回はSushi Oceanの紹介です。

スポンサードリンク

 

場所はこちら。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

寿司屋、と思ったら日本の居酒屋

Sushi Oceanは、名前からして寿司屋さんだと思っていましたが、実際に足を運んでみると、どうも居酒屋の雰囲気がプンプンします。

どうやらこのお店、オーナーは日本人のようですが、働いているスタッフは中国人のもよう。

でも、一昔前の日本の居酒屋の空気感がそのまま再現されているんですよね。まあ、僕が生きていない時代なので、あくまで感覚的にしか掴めないのですが…

 

メニューはお寿司をはじめとして、丼もの、ラーメン、唐揚げなど、いわゆる居酒屋で注文できるものがほとんどそのままあります。

寿司は一貫ごとに注文できるシステムにもなっています。もちろん盛り合わせ(セットメニュー)もありますが、大阪・新世界の串カツ方式で、食べたいネタだけを食べることも可能です。

一貫の値段は380~980フォリント(約160円~400円)で、日本と比べたら高い印象ですが、これはまあ、日本の回転寿司チェーン店が安すぎるだけでしょう。

 

ビールは日本の銘柄に加えて、ハイネケンや青島ビールなども揃っています。魅力的なのは、火曜~木曜は2時間制で飲み放題が注文できること。約1700円なので高いですが、現地の日本企業向けのサービスなんでしょうか。

 

僕は、炙りサーモン丼を注文しました。約4000フォリント。

 

お味噌汁も付いてきます。

丼は底が深く、サーモンもご飯も量が多く、思った以上にお腹にたまります。

サーモンは脂がのっていて美味しさ抜群。日本でもなかなか食べられないクオリティでした。

 

この後、軟骨の唐揚げ(約1500フォリント)も注文しました。衣が少なくジューシーで、食べ応えがありました。

スポンサードリンク

 

結局、ビール2杯と軟骨の唐揚げとサーモン丼を頂いて、会計は1人6000フォリント(約2400円)行かないくらい。ヨーロッパの、イギリスやフランスではないマイナーな、海にも面していない国で、この値段でこの内容であれば十二分の価値があります(サービス料は値段に含まれているようです)。

 

正直、ブダペストで寿司を食べるならOkuyama Sushiに行けばいいと思っているのでこのSushi Oceanはあまり期待値は高くなかったのですが、お寿司以外の食事をバラエティ多く食べられるという点では、このSushi Oceanもリピート確定のお店と言えます。

 

ヨーロッパ旅行中に日本食が恋しくなったら、ブダペストに来て温泉に入りながら、お寿司や居酒屋メニューをお腹いっぱい食べてリラックスして下さい。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー