ポーランドで文房具を購入すると割高!?

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク
スポンサードリンク

先日、必要最低限の文房具を購入しに行ってきたのですが、値段の高さに閉口してしまいました…

スポンサードリンク

今までポーランドには5回ほど来たことがあって、その経験からすると、ポーランドで文房具を買うならEmpikなんですよね。このお店はポーランド資本の本屋さんで、店舗によってはハサミやカッター、ノート、ルースリーフ、ファイル、更にはレゴシステムも買えます。日本で言うと紀伊國屋書店のようなところなんでしょうか。

 

スポンサードリンク

で、ここで以下の文房具を購入したんです。

・A5サイズのノート → 仕事の進捗管理やメモをまとめるため

スポンサードリンク

・A4サイズのファイル → 各種資料のファイリング

ダブルクリップ → 書類を挟むため

IMG_0994

この3点を購入したんですが、一体いくらになったと思います…?

 

 

1125円!!

 

でした。

40ズロチほどでしたが、クレカを日本円で請求するように計算したらこの額になりました。

…さすがに、日本だと100均で全て揃えられるので、324円あれば買えます。

 

なので、ポーランドの物価からしても、この額は割高でした。

だって、ノートと収納系アイテムを3つ買うだけで1000円超えるとは…。

 

ただ、ポーランドにも100均みたいなお店があるのかもしれません(それについては改めて調べてみようと思います)。

 

しかし、ここまで高いとなると、日本で最低限の文房具は揃えて持ってきた方がいいかもしれません。コクヨのノート10冊でもAmazonで600円くらいで買えたはずですから。

 

あと、ポーランドには本当に「大学ノート」がありません。Empikで探しても、95%以上が方眼紙のように、正方形のマスが書かれています。これはさすがに書きにくいので、なんとか大学ノートと同じレイアウトのものを探しましたが。

でも、ポーランドの大学生の友人もいますが、彼らもいわゆる大学ノートは使っていませんでしたから、市民権を得ているのは方眼紙系のノートなんでしょうね。

 

※アイキャッチ画像はhttp://www.empik.com/より拝借しました

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー