ライアンエアーのオンラインチェックインは予想以上に簡単!

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

先日、ライアンエアーのオンラインチェックインを利用して搭乗券を準備しました。

スポンサードリンク

ライアンエアーはアイルランドの航空会社で、元祖LCCとも言える超有名な航空会社です。

僕が利用するのは2016年11月25日のワルシャワ(ショパン)→ブロツワフ、2016年11月27日のブロツワフ→ショパン、の往復で、この航空券はなんと、往復43ズロチ(約1160円)でゲットしました。

スポンサードリンク

参考記事:激安!ライアンエアーを使うとワルシャワ~ブロツワフが往復たったの1140円!!

 

2016年11月から、ライアンエアーのオンラインチェックインは実は改悪に

ライアンエアーを利用する場合、基本的に出発の数時間前までに、インターネットを使って自分でチェックイン手続きをして、搭乗券を印刷した上で空港に行く必要があります(これをせずに空港でチェックインをすると「罰金」としてなかなかの金額を払わないといけません)。

 

僕が予約をしたときは、「チェックインは出発の20日前から」のように、結構前からチェックインができたのですが、11月頭に実は以下のようなメールが届きまして…

 

Please note that from 1st November, free online check-in will be available from 4 days to 2 hours ahead of departure. Customers who do not wish to reserve their preferred seat, can check-in online or on the mobile app free of charge between 4 days and 2 hours before departure and will be allocated a random seat. (See T&Cs below).
All Ryanair customers may buy their reserved seat online, both on the Ryanair.com website and mobile app, from the time of booking right up to 2 hours before their scheduled departure, and in turn can check-in online and on the app, from between 30 days and 2 hours before their flight.

ライアンエアーは、座席の割り当てを予約時に行うと「座席予約手数料」がかかって、少し値段が高くなってしまいます。僕は当然それは利用せずに、チェックイン時にランダムに割り当てられる方法でオッケーだったんですが、なんと2016年11月から、無料でオンラインチェックインをする場合は、出発時間の4日前から2時間前まで、でしかオンラインチェックインができなくなりました。

これ以前にオンラインチェックインをしようとすると、座席予約を強制的にさせられ、余分な手数料がかかってしまいます。

また、往復で予約した場合、往路と復路では、無料オンラインチェックインが可能になる時間が異なります。これはこれで相当面倒臭い…。

 

オンラインチェックインの方法

ライアンエアーのオンラインチェックイン方法は、実は意外と簡単です。

まずはライアンエアーのトップページにアクセス。ここから「Check-In」を押すと…

checkin0

ここで、「予約番号とメールアドレス」または「ログインしてチェックイン」の二通りが選べる画面が出てきます。メールに送られている予約番号を入力するほうが早いと思うので、こちらを選びましょう。

 

スポンサードリンク

checkin

ちなみに、オンラインチェックインを怠ると、空港で45ユーロ/45ポンドの「罰金」が取られてしまいます。こんな所でお金を溶かしたら洒落にならないので、きちんとチェックインをしていくようにしましょう。

 

checkin00

予約番号とメルアドを入力すると、「Check-in now!」というボタンがあるので、ここをクリック。

 

checkin1

すると、自分の国籍と生年月日を入力する欄があります。ここに正確な情報を入力した後でcontinueを押すと…

checkin2

次の画面で、座席の選択画面が出てきます。自分が利用する便の時間の4日より前(96時間以上前)だと、強制的にお金を払わないとチェックインできませんのでご注意を。

 

checkin3

画面を下にスクロールすると、↑のような画面が出ます。

無料チェックインができる場合は「Randomly allocated seat」を選択します。

checkin4

僕がこの操作を行ったときは、復路を無料でチェックインすることはできなかったので、復路は「Check-in later」を押して、また後日チェックインすることに。

checkin5

すると、次の画面で、チェックインが終わったフライトは「搭乗券を表示する」という操作ができるので、このデータを表示して、パソコンにも保存しつつ、印刷をしましょう。(メールで自分宛に送ることはできなかったと思います)

 

checkin6

ここで要注意ですが、ライアンエアーを利用する場合、預け手荷物がなくても、チェックインカウンターに搭乗時間の2時間前には到着して、IDを提示して、印刷した航空券に「確認済み」のスタンプを押してもらう必要があります。これはこれでめちゃ面倒臭いですが、LCCなので仕方が無いと割り切りましょう…。

 

ライアンエアーでビザチェックインが必要なとき、そうでないとき

ライアンエアー独自のルールに、「ビザチェックイン」があります。

これは、ネットでは「非EU市民がライアンエアーを利用する時には、たとえ預け荷物がなくても出発の2時間ほど前にチェックインカウンターで、印刷した搭乗券をチェックする必要がある」ということのように説明されているのですが、実はこれは間違った説明です。

 

この「ビザチェックイン」というのは、EU市民であるかどうかに関わらず、「シェンゲン内~シェンゲン外のフライト」「シェンゲン外~シェンゲン外のフライト」の2種類を利用するときは、搭乗券を印刷してカウンターでチェックを行う、というものです。

 

そのため、ライアンエアーでポーランド~イギリスのような「内外」、あるいはブルガリア~イギリスのような「外外」のフライトを利用する場合、オンラインチェックインができても、搭乗券はQRコードでは送られず、印刷しないと使えないことになっています。逆に言えば、シェンゲン内でのライアンエアーのフライトの場合、たとえ日本人が利用する場合でも、搭乗券はQRコードで送られてきて、スマホアプリからそれを見せるだけで問題なく搭乗できます。僕も、2018年6月に、イタリア~ハンガリーをライアンエアーで移動したときに、この方法を使えました。

 

そのため、「シェンゲン内でのフライトかどうか分からない、ビザチェックが必要か分からない」という場合は、ライアンエアーのオンラインチェックインのときに、QRコードでチケットが送られてくるかどうかで判断をするのが確実です。QRコードが送られてきたらそのまま搭乗可能、QRコードが送られてこなかったらビザチェックインが必要、ということです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。ライアンエアーのオンラインチェックインは、たったこれだけです。厄介なのは搭乗券は必ず印刷しないといけない、ということですが、それを除けば値段も安いですし、利用の価値は高いと思います。

また、当日の空港での流れや機内の様子は、別の記事でまとめようと思います。

 

 

<合わせて読みたい>

【誤解が多すぎ】ライアンエアーの「ビザチェック」を正しく理解しよう

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • kazu
    • 2017年 8月28日

    はじめまして。10月にロンドンからプラハまでラインエアーで予約したのですが、予約完了後チェックインが4日前からとわかりました。(予約する前にこちらのサイト見ればよかったのですが別サイトの情報が古かったようです)
    行きは日本でチェックインできる日なのでいいのですが、帰りは4日以上になり日本では出来ません。ロンドンもしくはプラハでプリントアウトする自身がないので、日本で帰りもチェックインしたいと思います。オプションで座席指定すればいいようですが、帰りの便だけ座席指定できるのでしょうか。いろいろオプションボタンあるので、ご存じの範囲で教えていただけませんか。お願いいたします。

      • たつや
      • 2017年 8月31日

      kazu様

      私がライアンエアーを使ったのが昨年11月の話なので、当時の話になってしまいますが、

      行きのフライトまで4日以内、かつ帰りのフライトまで4日以上あるタイミングで
      往路復路の両方をチェックインすれば、復路のみ追加料金を払って座席指定ができたと思います。

      当時私は、両方とも座席指定はしませんでしたが
      1度、往路まで4日以内、かつ復路まで4日以上の時にチェックインをしようとしたら
      復路はチェックインにお金がかかるという表示になったので、

      この9ヶ月ほどで仕様が変わっていなければその方法が使えると思います。

      あるいは、印刷でしたら滞在先のホテルやホステルでも可能なことが多いと思います。
      (ホステルは優良の場合がありますが)

      必要であれば宿泊先に訪ねてみるともいいかと思います。

        • kazu
        • 2017年 8月31日

        ありがとうございます。印刷してくれそうはホテルではないので、追加料金払って座席指定したいと思います。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー