ヨーロッパ旅行なら必須?一度は「アパートホテル」に泊まってみよう!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ポーランドに限らず、ヨーロッパ旅行の魅力の1つに「アパートメントホテルに泊まる」っていうのがあります。

スポンサードリンク

 

日本では、ホテルの種類と言えば
・高級旅館
・リゾートホテル
・ビジネスホテル
・ユースホステル/ゲストハウス

スポンサードリンク

 

というのが主流だと思いますが、ヨーロッパでは、現地での生活を疑似体験できる「アパートメントホテル」というのも沢山あります。

スポンサードリンク

ワルシャワにももちろんありまして、私も以前5日ほど宿泊したことがあります。

今回の記事では、一度は体験してみたい「アパートホテル」をあれこれ紹介しますね。

 

スポンサードリンク

泊まったホテルは「Apartamenty Magnolie Warszawa」

 

ワルシャワには幾つもアパートメントホテルがありますが、私が泊まったのは「Apartamenty Magnolie Warszawa」でした。

 

どういう感じのところなのかと言いますと…

 

DSC_0197 DSC_0209 DSC_0216 DSC_0217

 

完全にただのアパートですよね?(笑)

 

私も空港から到着した際は驚いてしまったんですが、本当にアパートそのままでした。

 

ここで私は5泊6日ほど宿泊して、一泊あたりの宿泊料金は約4000円でした。

この値段は一部屋辺りのものなのですが、2人部屋なので、1人で泊まれば半額になります。

私は仕事をするのにパソコンパソコンなどを広げていますが、普通の宿泊であればこんなことはしないのでもっとテーブルは余裕を持って使えます(笑)

 

テレビもあるので、まあ日中観光をして夜だけ使うのであれば十分な施設ですね。

朝ご飯は別料金を払う必要がありますが、ホステルのような安い料金ではありませんでした。20ズロチ前後でしたが、バイキングです。

IMG_1578

IMG_1579

食器もあります。2人しか使わないのになぜかそれより多くの食器がありますが(笑)
(※紅茶は自分で購入したものです)

 

そもそも、アパートメントホテルとは

「アパートを利用したホテル」ですね。そのままですけれど(笑)

 

ヨーロッパのホテルには幾つか種類がありますが、1つがゲストハウス/ホステル系の、共同部屋で格安のもの。

 

スポンサードリンク

もう1つは、そこそこのお金を持っている人が旅行で使うようなホテル。一泊5000円~7000円くらいするでしょうか。大通りに面していて、なかなか豪華な作りになっている三つ星とか四つ星のホテルですね。

 

あとは、高級ホテル。空港に隣接しているものとか、ヒルトン、シャングリ・ラ ホテルとかですね。

 

ただ、これらだけだと「中間帯」が存在しません。どういうことかというと、

・ホステルみたいな共同部屋は無理だけど

・かといって高級ホテルに泊まるお金なんてない

という人向けのホテルです。私もヨーロッパで何度か、そこそこの値段のホテルには泊まったことがありますが、自分には「高いな」と思いました。旅の疲れを取るのに、二段ベッドだと休めないけど、かといって一泊7000円も払えない…というもの。

 

アパートメントホテルは、こういう人向けのホテルであるとも言えます。あとは、「旅行できてるけど生活感を味わいたい」という人にも向いています。

 

値段の高いホテルに泊まると、どうしても肩肘張ってしまうといいますか、無駄に疲れてしまうことも多いですよね。「これだけのお金払ってるんだから、しっかり利用しないと」とか…。

 

そういう感じでの旅行が苦手な人には、アパートメントホテルはいいかもしれなせんよ。

 

スポンサードリンク

ワルシャワ中心部でアパートメントホテルに泊まるなら

ここまで引っ張ってしまって申し訳ないのですが、「Apartamenty Magnolie Warszawa」はあまりオススメしません(苦笑)。というのも、立地が中心部ではなくって、中心からバスで30分くらいかかるところにあるからなんです。

 

そういうのが好きな方はむしろここがいいと思いますが、空港からもバスでは行けないのでタクシーを使う必要がありますし、そこから中心部に行くのにも、往復で1時間かかる…のであれば、別のアパートメントホテルを利用するほうがいいです。

 

一番手っ取り早いのは、Expedia


を使って、場所を「ワルシャワ」にして、宿泊日を選んでから「アパートメント」で絞りを入れることです。(検索結果の左側に「ホテルを次の条件で絞り込む」というのがあります)

 

ここで絞りを入れつつ、自分の好みの雰囲気と価格帯、立地で選んでみましょう。簡単に調べてみたら、一泊5000円~9000円くらいでした。

 

なんといっても、「普通に生活している」感が満載なので、変な疲れが出ないこと請け合いです。

 

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー