海外送金で利用すべきサービスはこれだ!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

今日、人生で初めて海外送金を行いました。
いろいろと学びになったことがあるので、以下順にまとめます。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

①海外送金の目的

これは、先日契約を締結した賃貸に関するお金のやりとりのためでした。

スポンサードリンク

契約で
・保証金(1ヶ月分の家賃:万が一物件の修理などが必要な場合は、そのお金を使い、退去時に返金。基本的に何もなければ全額返金される)
・初月の家賃(7月分)
のお金を振り込む必要があるのですが、今私は日本にいるので、海外送金を使わざるをえませんでした。

 

②日本郵便の国際送金サービスが抜群に良い

今回私が利用したのは、日本郵便の国際送金サービスでした。

このサービス、送金手数料がわずか2500円(!!)と、涙が出るくらいに嬉しい安さです。

そして実はこのサービス、今日まで知らなかったんですよね。

 

当初、私が考えていたのは新生銀行の海外送金サービスでして、これは私が新生銀行に口座を持っているのと、送金手数料が4000円と、これまた比較的廉価だったので、第1候補に挙げていました。

ただ、諸問題(※詳しくは後述)もあるのと、最寄りの窓口が隣県で(もともと新生銀行は窓口が少ない)、片道1時間以上出向くのにかかる、という問題がありました。(しかも、銀行の窓口業務の時間は15時までなので、移動時間やら1日のスケジューリングやら、制限が多い)

普段、部屋に籠もって仕事をしなければならないという状況もあって、さすがにそこまで時間が取れないなあ、と思って、結局自宅近くに窓口のあるりそな銀行のサービスを使おうと思い、窓口まで行ったんですが「手数料が1万円くらいするので…」と言われて「郵便局のほうが安いです」と案内をしてもらって、結局日本郵便を使うことにした、といういきさつがあります。

 

スポンサードリンク

③「支店名」は必要?

 

今回の送金で一番手こずったのが、「振込先の支店名が必要かどうか」ということでした。というのも、当初新生銀行のHPで確認する限りでは「支店名と住所が必須」となっていたのですが、先方に確認すると「ポーランドはネットバンキングが普及して、支店名と口座番号は紐付けしていないからその情報は分からない」という回答が返ってきまして、「どうしたらいいの?」状態だったからです。

結論を先に言えば、支店名は必要ありませんでした。

 

④国際送金に必要な情報・書類

 

では、どの情報が必要なのか?と言えば、以下の通りです。

まず、振込先情報として必要なのは

・受取人氏名
・受取人住所(相手が銀行に登録している住所)
・SWIFTコード(銀行コードの一種)
・IBANコード(口座番号の一種)
・振込先銀行の住所(これは今回、本店の住所を教えてもらいました)

です。

 

次に、振込人側が用意すべき書類は以下の通りです。

・郵便局の通帳(口座からお金を振り込む場合。これとは別に、現金を窓口に持っていって手続きする方法もありますが、この際は不要)
・届け出印鑑
マイナンバーカード←とても重要。通知カードでも個人番号カードでも、「マイナンバーが分かるもの」であれば大丈夫です。
・身分証明書(保険証か運転免許証)

 

これらを事前に用意して、郵便局の窓口に向かいましょう。(国際送金ができる支店については、窓口検索の「利用条件から探す」→「貯金サービスから探す」→「国際送金・外貨」から絞れます。自治体内で一番大きな主要支店に行けばいけると思います)

スポンサードリンク

⑤手続きの流れ

まず、窓口(貯金・保険窓口)で番号札を受け取って、順番を待ちます。

自分の番が来たら窓口に行って、「国際送金をしたい」と伝えましょう。そうすると、担当者が詳しく説明してくれます。(国を伝えれば、詳細に対応してもらえます)

あとは、指示に従って書類を提示したり書類に記入したりすれば、大丈夫です。

 

なお、ポーランドに送金する場合は、

・ゆうちょ銀行の口座から日本円を出して、

・ユーロで計算をして送金

・相手国通貨(ズロチ)で受け取り

でした。計算通貨はヨーロッパの場合ユーロのようです。
レートは、為替相場より1円程高かったです。

今回は、支払う金額がズロチで決まっているので(3956ズロチ)、スマホのアプリでユーロに計算すると約900ユーロとなりました。

ここから「5ユーロが中継手数料として引かれる」とのことだったので、念のため920ユーロ(アプリだと4050ズロチ前後)を送金して、4000ズロチほどが振り込まれる算段で手続きを行いました。

 

この後、問題なく処理が行われれば相手の口座にお金が入り、

万が一問題があった場合、一度こちらに電話がかかってきて追加で情報を伝えたりして、それでも届かない場合は返金されるとのことでした。

スポンサードリンク

 

まとめ:日本郵便を使おう

今回、窓口のスタッフもすごく丁寧な説明で、特に不安もなく処理を進めることができました。何よりも手数料が2500円という安さ(+5ユーロというのも安い)が魅力です。

 

振込先の情報を漏れなく教えてもらえば、マイナンバーカードの持参を忘れなければ、問題なく手続きは進められます。

 

これから留学やワーホリなどで海外送金する必要がある場合は、是非日本郵便の国際送金サービスを使ってみましょう。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • める
    • 2016年 8月17日

    初めましてめると申します。

    ポーランド語ではゆうちょで送金できないと言われたのですが、住所などどうされましたか?
    とても困っているのでお押して頂けますととても助かりますので宜しくお願い申し上げます。

      • たつや
      • 2016年 8月17日

      める様

      コメント頂きまして有り難うございます。
      私の場合ですが、

      銀行名など、ポーランド語で入力しないといけない箇所はポーランド語で手書き記入して問題ありませんでした。
      もし問題がある場合、ポーランド語のアルファベットの部分は、英語のアルファベットに置き換えて記入すれば大丈夫だと思うのですが…

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー