ポーランドワーホリビザを申請する時の注意点(申請の時期編)

この記事は1分で読めます

スポンサードリンク

ポーランドワーホリビザを申請する時の、一番の注意点。

スポンサードリンク

それは…

 

スポンサードリンク

入国予定日(ビザの有効日)から90日以内に申請をしましょうということです。

 

スポンサードリンク

これは、私が3月に申請しに行ったときに言われたことなんですが、

その時、90日前=3ヶ月前、だと思っていたんですよね。

なので、9月1日から有効のビザを申請するのに、「6月1日」に再度申請しに行ったわけです。

 

しかし、これが落とし穴。「90日前」というのは、本当に文字通り「90日前」で、9月1日の90日前は6月3日みたいなんですよね…。つまり、「1ヶ月=30日、で計算してはいけない」ってことです。

 

スポンサードリンク

まあ、大声では言えないのですが、私が関西からわざわざ来ているということもあって、大使館の人がなんとか、「ビザの有効日を前倒し」することによって、その期間でのビザで受領してもらえました。

6月1日の90日後だから、8月29日だったでしょうか。その日から有効のビザを申請するように、動いて頂いたわけです…。

結論。

 

ビザの申請は60日前くらいに行きましょう!

 

私の場合、シベリア鉄道を利用しつつ、現地での滞在もできるだけ長くしたい、という「欲張り」がこういうややこしい問題を生んでしまったわけで、普通に申請すれば大丈夫だと思います。

 

今回、大使館の人にはいろいろと大目に見て頂いてもらったと思うのですが、あくまで「イレギュラー対応」ということで、同じような対応がされる可能性は限りなく低い、ということを肝に銘じて下さいね。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー