ワルシャワのど真ん中にある日本食レストラン・PEKOPEKOが安すぎかつ美味しすぎでもはやおかしい件

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ポーランドの首都・ワルシャワは日本食レストランやラーメン屋さんの激戦区なのですが、ワルシャワ中央駅からすぐの場所には廉価ですごく美味しい「PEKOPEKO」があります。

スポンサードリンク

 

今回はこのレストランを紹介します。

スポンサードリンク

 

ワルシャワ中央駅の少し南にあるこぢんまりとしたレストラン

スポンサードリンク

 

ワルシャワの一等地は、ワルシャワ中央駅の南側の数平方キロメートルの区画。空港に行くバスからも国内・国際列車からも徒歩数分でアクセスできるこのエリアには、ノボテルなどの高級ホテルや、ワルシャワだと誰もが知っているであろう日本食レストラン「NIPPONKAN」、ワルシャワ版食べログで総合1位を取ったこともある「ウキウキうどん」、ラーメン屋兼居酒屋の「MUGI」などがしのぎを削っているのですが、今回取り上げるPEKOPEKOもこのエリアにあるんです。

 

場所は、ワルシャワ中央駅の南に約8分ほど歩いた所。マリオットホテルの南に歩いて行けば、向かって右手にお店はあります。

 

このPEKOPEKOは、カレーとどんぶりものがメインメニューで、これにサイドメニューを注文できるスタイル。お店自体は、店内には3テーブル、夏場だけ使える屋外のテラス席にこちらも3テーブルほどあるだけで、実はそこまで多くの人が一度に利用できる所ではありません。

 

 

実際にPEKOPEKOがある通りを歩いて見ると分かるのですが、看板が大きくないので、普通に歩いているだけでは見逃してしまいそうな地味さなんです。右手にある看板を注意深く見ておきましょう。

 

 

中はこんな感じ。とにかく狭いです。

 

カレーと丼に嬉しいサイドメニューを組み合わせるスタイル

 

PEKOPEKOは「日本食レストラン」ですが、いわゆる日本のファーストフードを主に食べられる、軽食レストランと言うのが適当。通常のカレー(PEKOPEKOカレー)とカツカレーにトッピングで卵(ゆで卵、半熟卵)というカレーメニューに、カツ丼、唐揚げ丼、豚の生姜焼き丼、ロコモコ丼(!)の4種類の丼物メニューがお店のツートップ。

 

これにだし巻き卵や味噌汁、うどん、単品のとんかつや唐揚げなどを頼めるスタイルになっています。

 

僕が利用したときは、カツカレーにだし巻き卵を組み合わせて注文。これで25ズロチ(約750円)と、海外で食べられる日本食にしては破格の値段なんです(恐らくポーランド人の学生に手の届く値段設定だと思うのですが、クオリティに対して釣り合っていないと思うのでもう少し高く設定してもいいんじゃないかと思います)。

 

実際に注文したのがこちら。

 

 

まず、こちらがだし巻き卵!

スポンサードリンク

 

 

きちんと、だしが卵の中にも馴染んでいるんですよね………。実際に食べてみるとやや濃い味付けでした。めちゃくちゃ美味しくて、これは日本へのノスタルジーがかき立てられます。

 

 

こちらがカツカレー。カレーは普通サイズと大きいサイズがあるのですが、大きいサイズはポーランド人の胃袋向けだと思います。こちらの写真は普通サイズ。ご飯の量に対してカレーの量が少ないかなと思いましたが(最後にご飯だけ残ってしまった)、それを差し引いても、学生ではない僕の胃袋にとってはちょっと多いかな、と思うくらい。

 

カレーは、日本で口にするものよりやや黄色めで、ポーランドで独自に作っているのか分かりませんが、カレールーじゃなくてスパイスを使っているのかな、と感じるような見栄えでした。辛すぎて食べられない、というわけではないので辛い物嫌いな方でも安心して食べられます。

 

 

学生やワーホリの方には嬉しいお店。事前に予約したほうがいいかも

 

僕がPEKOPEKOに行ったのは8月下旬。この時期は(交換)留学生が入れ替わる時期でヨーロッパにいないこともあってか、利用したときにいた他のお客さんは全員ポーランド人と思わしき人たちでした。

 

ワルシャワ(ポーランド)を旅行する人にとっては日本食はそれほど食べたいと思えるチョイスではないので、このPEKOPEKOは留学生やワーホリ、現地で駐在や就職をしている方にとって重宝する場所になるかと思います。他の時期に行ったことがないのでなんとも言えませんが、交換留学生がやってくる10月~6月頃は、特に大学の授業がある時期(長期休暇以外)はやや混雑するかもしれません。

 

実は、秋頃にも一度PEKOPEKOには訪れたことがあるのですが、このときは日本食ウィーク(?)のような特別なキャンペーン期間で、肌寒い時期かつ昼食の時間帯を過ぎているにもかかわらず、3席のテーブルが満席。当然テラス席はないので、このときはすごすごと退散したのですが、日にちによっては特別なキャンペーンを行っていることがあるようで、そのときは平日や日中にもかかわらず混雑するようなので、予約を入れておいたほうが安心かもしれません。

 

公式サイトはこちら

 

定休日は月曜で、営業日は12時~21時の営業。

 

メニューはこちらの写真で一通り確認して頂けます。

 

 

まとめ

 

PEKOPEKOは、ワルシャワの一等地にある本格的な日本食レストランの中でも、一番安い価格帯でご飯が食べられる場所だと言えます。本格的な日本食を食べたいわけでもないし、かといってラーメンは重すぎる………という方には、PEKOPEKOを使ってみるというチョイスが一番いいんじゃないでしょうか。

 

またワルシャワに行く機会があれば、僕も訪れてみたいと思う日本食レストランです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー