【知ってて損なし!】ハンガリー国鉄のチケットをオンライン購入する方法

この記事は6分で読めます

スポンサードリンク

ハンガリーを旅行する際に便利な公共交通機関には、長距離バスとハンガリー国鉄があります。

スポンサードリンク

 

ハンガリー国鉄は、ブダペストを起点に国内に鉄道網を張り巡らせ、更に周辺国にも国際列車を多く運転しており、ワインの産地・エゲルやトカイ、中央最大の湖・バラトン湖周辺など、ハンガリー国内の観光地にも乗り換え無しで行けることが魅力。

スポンサードリンク

 

ハンガリー国鉄は、他のヨーロッパの鉄道と同じく日本ほどの定時運行性はありませんが、バスと比べて渋滞に巻き込まれる心配もなく、使い方によっては便利なことが多いです。

スポンサードリンク

 

ハンガリーの列車は、ブダペストの主要駅などの窓口でももちろん購入できるのですが、今回はあまり知られていない「オンライン予約・購入」についてまとめました。

 

ハンガリー国内や周辺国を結ぶ長距離列車は値段も安く、ヨーロッパ圏内のレールパスを使うよりも、直接購入するほうが安上がりになることも多いです。ハンガリーで留学やワーホリで滞在する方はもちろん、ハンガリーを含む各国を旅行される方も参考になる方法ですので、ぜひご一読をお願いします。

 

オンライン購入のメリット

まず、チケットをオンラインで購入するメリットをまとめておきます。

 

スポンサードリンク

①窓口に並ばなくて済む

窓口で購入する場合、駅や時間帯によっては混み合っていることもあって、乗車の直前に購入しようとすると列車を逃してしまう恐れもあります。予め予定が決まっている場合はもちろん、行き当たりばったりの旅行の場合でも、前日あるいは当日の朝にオンライン購入をしたほうが手っ取り早いことが多いです。

 

②QRコードをスマホで見せれば大丈夫

オンライン購入したチケットは、PDF形式で登録したメールアドレスに送られますが、PDFをそのままスマホから見せても検札で対応してくれます。印刷する必要がないので荷物も手間も増えないのが、オンライン購入の利点でもあります。

 

スポンサードリンク

③オンライン発券だと10%~20%の割引が一律で適用される

意外と知られていないことですが、オンラインで購入してメールに送信する場合(これとは別に、チケットの受け取りを窓口で行うことも選べます)、たとえ一般料金でも購入時に10%か20%の割引が適用されます。

学割などももちろん使えますが、オンラインで購入・発券をすると有無を言わせず割引が適用されるのは、他の国でも珍しいことではないでしょうか。

ハンガリー国鉄の運賃はもともと安いので、差額はそこまで大きく変わりませんが、オンラインで操作することで少しでも安上がりになるのであれば、これを使わない手はありません(割引率は列車の種類や購入日時によって変わります)。

 

 

オンライン購入のデメリット

反対に、オンライン購入のデメリットを1つ挙げておきます。

①国際列車は出国便のみ購入可で、窓口でのみチケット引き換えができる

ハンガリーは、国面積が小さいこともあり、周辺のオーストリアやチェコ、スロバキア、ポーランド、ルーマニア、セルビア、スロベニア、クロアチアにほぼ毎日、国際列車が運行されています。

 

これらの列車のチケットももちろんオンラインで購入できますが、国内列車とは違って、ハンガリーから目的国に行く列車だけ購入が可能で、また乗車前に、駅の窓口できちんとした印字チケットに引き換える必要があります(印刷したチケットやスマホから見せるチケットは無効)。

 

やや不便な国際列車のチケットですが、それでも自宅やホテルから購入できるのは大きなメリットですね。

 

チケットの購入方法

ハンガリー国鉄のチケットは、こちらの公式ページ(英語)から購入します。

https://www.mavcsoport.hu/en

トップページがこちら

出発地と目的地を入力します。

今回は、出発をブダペスト、目的地をワインの産地・エゲルにして、2018年9月13日出発にしました。

※ブダペスト市内には主要駅がいくつかあって、列車毎に出発駅が異なるので注意が必要です。駅の説明は後ほど。

 

情報を入力したら検索ボタンをクリックします。すると、予約サイト(別のタブ)に飛びます。

このページを下にスクロールすると、列車一覧が表示されます。

 

ここで一番確認したいのは、乗り換え回数。左から順に、出発時間、到着時間、乗り換え回数(chg.)となっていて、上で赤枠に囲ったように、乗り換えが必要ない場合は数字が出ていません。ブダペストからの旅行の場合、基本的に直通列車が出ているので、それを選ぶと便利でしょう。

 

今回は、ブダペスト4時30分発の列車をサンプルにして購入画面に進んで行きます。

スポンサードリンク

赤の「Ticket」ボタンをクリックします。

 

購入にはアカウントを作る必要があるので、初めての方はRegistrationをクリックして、各種情報を入力します。

初めての登録の場合、メールアドレスに認証用メールが届くので、中にあるリンクをクリックすると手続きは完了です。

 

ログインをすると、このような画面になります。

ここで大切なのは、以下の2点。

まず、赤枠で囲ったチケットの種類ですが、優等列車(特急や急行)の場合、デフォルトで一番上の「乗車券+座席指定券」(Railway ticket and supplementary ticket/seat reservation)にマークが入っていて、普通列車の場合は今回のようにrailway ticket onlyにマークが入っています。ここの操作はする必要がないので、デフォルトのままにしておきます。

 

次に、緑枠で囲った部分で片道切符か往復切符かを選べるのですが、これまでに何度かオンライン予約をしたところ、どうも往復切符はチケットの種類によって購入できないようで(いつでも、往復購入不可という表示)、往復同じ路線を使う場合でも、片道ずつ購入するのが一番間違いがありません。少し手間ではありますが、その方法が一番確実でしょう。

 

あとは、2等車か1等車(連結されている場合)とディスカウント(適用される場合)を選択して、「買い物カゴ」に入れます。

 

進んだ画面で、チケットの受け取り方法(メールアドレス送信だと10%割引、窓口で受け取りの場合5%割引)を選択して、そのまま「E-train-ticket data entry」に移ります。

 

なお、この画面の右側にチケット情報が記載されているので、複数人のチケットを合わせて購入する際は念のため確認するとよいでしょう。

 

次の画面では、氏名と生年月日を入力します。

なお、ハンガリー国内の列車のチケット購入をオンラインで何度かしたことがありますが、検札時にパスポートなどで氏名と生年月日のチェックは一度もされたことがありません(他の乗客に対しても全く行っていません)。

 

ので、最悪打ち間違えたまま購入してしまっても問題ないと思いますが、国際列車の場合はミスがあると乗車・入出国ができない恐れもあるので、念には念を入れることをオススメします。

 

なお、ハンガリーに長期滞在して何度も国鉄を利用する予定の方は、最初のオンライン購入時に「I agree to store the hereby given data for later use. 」をYesでチェックして、この情報を自動的に使い回せるようにしておくことをオススメします。

 

この入力が終われば、後はVerify e-train-ticket dataをクリックして、購入に進みます。なお、購入前にインボイスの入力が必要なので、日本の住所でもいいので入力して下さい。インボイスを不要にすると、オンラインでの購入が不可になります。

 

クレジットカードでの購入ができて、使えるブランドはビザ、マスターカードなど。JCBは無理だったと思います(操作画面は、ここでは割愛)。

 

チケットの購入が済んだら、メール宛にチケットやインボイスが送られてくるので、それを印刷するかスマホに保存して検札で見せて下さい。

 

なお、ハンガリー国鉄では駅構内に入る際の検札はありません。

 

ブダペスト市内の主要駅4つについて

さて、最後に補足として、ブダペストの鉄道主要4駅についてまとめておきます。ブダペストは周辺諸国と違って「中央駅」がないので、列車によって出発・到着駅が違うことがあります。チケット購入時にどの駅から出発するのか、どの駅に到着するのかを確認しておいて下さい。

 

スポンサードリンク

①ブダペスト東駅(Budapest keleti)

ブダペストのペスト側、8区にある一番大きなターミナル駅が、ブダペスト東駅です。

基本的に、ブダペスト発着の国際列車は全てこの駅が起点・終点と考えて大丈夫です。ウィーンやミュンヘンを結ぶオーストリア国鉄のRailJet、ウィーン~ブダペスト~リビウ~キエフの国際夜行、ルーマニア、セルビア行きの列車、そしてプラハ・ブラチスラバ・ワルシャワ行きの夜行列車など。

 

国内線の列車は、ハンガリー東部、南東部、南部に行く列車が主に発着します。地下鉄2号線、4号線と接続。

 

②ブダペスト西駅(Budapest Nyugati)

ブダペストのペスト側、やや北にあるのがこの西駅です。

 

「西」駅というのは、主に西(北西)に行く列車が発着しているからで、ドナウベンドのビシェグラード、ジュールなどに行く列車はこの西駅発です。他には、ブラチスラバ・ワルシャワを結ぶ日中の長距離特急もこの西駅発着です。

 

地下鉄3号線、トラム4・6番と接続。

 

③ブダペスト南駅(Budapest Deli)

ブダペストのブダ側、主にドナウ川西岸に住んでいる人が利用するブダペスト南駅。これも、位置的には「西」なのですが、南西方面に行く列車がこの駅を起点にしているので、その名前が付いていると思われます。

 

日本人で、この駅を利用する人は多くはないでしょう。

 

地下鉄2号線と接続。

 

④ブダペスト・ケレンフェルド駅(Budapest Kelenföld)

(ホームの先端から見た、RailJetとオーストリア国鉄の機関車単機回送の離合)

 

ブダペスト東駅から来た(に行く)列車と、ブダペスト南駅から来た(に行く)列車の接続駅であり、ハンガリー南西部(セーケーシュフェヘールバールやバラトン湖、スロベニア、クロアチア)や南部(ペーチなど)に行く列車に分かれる、どちらかと言えば列車の運行上大きな役割を果たす駅。

ブダペストの郊外、住宅の開発が進んでいるエリアにある駅なので、この駅を利用する日本人も多くはないと思いますが、ブダペストからバラトン湖方面に行く場合、東駅ではなくこのケレンフェルド駅から乗ったほうが時間の短縮に繋がることもあります。

 

地下鉄4号線の終点なので、ホテルの立地によってはこの駅を使うのがいいかもしれません。

 

基本的に、ハンガリー旅行の場合はブダペスト東駅発着を第1で考えると大きな問題もないと思います。

 

まとめ

今回は、ハンガリー国鉄のチケットをオンラインで購入する方法と、おまけとしてブダペストの鉄道主要駅4つを紹介しました。ハンガリー国鉄は、機関車が客車を牽引する、まだまだ「昭和」感が色濃く残っている列車が多く見られるので、日本ではもう体験できない鉄道の旅を、ここハンガリーでしてみるのもいいのではないでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (3)

  • トラックバックは利用できません。

    • モトン
    • 2019年 8月7日

    はじめまして。
    役立つ情報をありがとうございます。

    Online ticket Purchaseの列が表示されず購入に進めません。ブラウザーを変えても同じで、購入できない旅程や日程なのかとも思ったのですが、ブダペストからウィーンなので問題なさそうに思えますし、日付を変えても同じでした。iphoneでも同じです。その列だけが幅が小さく、Online ticket Purchaseの文字も表示されていない状態です。それで、ネットで検索をし、貴サイトにたどり着いた次第です。(結果、貴サイトは情報も充実しており、大変参考になりそうなので瓢箪から駒ですが。)

    もし思いつかれる原因があればご教示いただけましたら幸いです。

      • たつや
      • 2019年 8月7日

      モトン様

      同様の表記が私のほうで確認できないので正確な返答はできませんが、
      ブダペスト~ウィーンでしたら、ハンガリー国鉄よりも
      railjetという高速列車のサイト(オーストリア国鉄)から
      列車を予約したほうが、選択肢が多いので便利かもしれません。

      https://www.oebb.at/en/reiseplanung-services/im-zug/unsere-zuege/railjet.html

      ハンガリー国鉄のサイトでは、railjetは検索できない設定になっているようです。
      ご参考になれば幸いです。

    • モトン
    • 2019年 8月8日

    たつや様

    早速の返信ありがとうございました。
    ハンガリー鉄道にメールで問い合わせたところ、解決し、無事購入できました。やり取りが2往復くらいあったのですが、毎回30分くらいで返事があり、説明も丁寧で、そんなによい対応は期待していなかったのでうれしい驚きでした。

    結局、年齢を未入力だったのが原因だったのですが、年齢欄にカーソルを移動すると、年齢による割引が必要な場合のみ入力が必要と表示されるので、入力不要だと思い込んでいたのです。

    数日後に中欧を旅行するのですが、今頃いろんな手配をしているせいでゆっくり調べる時間もなく、手っ取り早く観光施設やホテルにいろいろ問い合わせを行っているのですが、どの施設も返信が早く親切で予想外で、旅行が楽しみになってきました。

    お騒がせしました。ありがとうございました。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー