超便利!?ベルリンとワルシャワの移動にはLux Express (Lux Bus)がオススメの理由

この記事は6分で読めます

スポンサードリンク

※2019.7月追記

スポンサードリンク

この記事で紹介しているLuxExpressは、2017年頃にベルリン~ワルシャワの運行を取りやめているため、この記事の内容は最新情報ではありません。

 

スポンサードリンク

改めて、両都市間の移動方法をまとめた記事を書きましたので、最新情報はこちらをご覧下さい。

 

ベルリン~ワルシャワの移動方法まとめ。便利なのは鉄道・バス・飛行機のどれ?

スポンサードリンク

 

 

今回ワルシャワからベルリンに行く時には、飛行機でも鉄道でもなくバスを使いました。思っていた以上に利用価値があると思ったので、今回はそのまとめをしておきます。

 

 

 

ベルリンとワルシャワの移動手段は複数ある

最初に、ベルリンとワルシャワの移動には、幾つか選択肢があります。簡単に言うと、飛行機(エアベルリン:ベルリンテーゲル空港~ワルシャワショパン空港)、電車(ベルリンワルシャワエクスプレス:ベルリン中央駅~ワルシャワ東駅)、バス(Polskibusや今回使ったLux Express等)の三通りがあります。

 

本当はそれぞれの善し悪しをまとめるべきなんですが、それだといくらスペースが合っても足りないので、今回はそれぞれざっとまとめておきます。

 

飛行機(エアベルリン)

スポンサードリンク

1日2~3往復。所要時間は1時間ほどなのでめちゃくちゃ速いんですが、運行時間が早朝や夕方、深夜なので、あまり利便の良い時間には動いていません。値段は往路早朝、復路深夜のスケジュールで一番安くて約8000円。まあ、これに更に手荷物を加える必要もあるので、もっと高くなることもあります。

ネックは、エアベルリンは一応LCCなんですが、他のLCCのように片道予約ができない(ほぼ、往復運賃と同じになる)ので、片道は飛行機、片道は電車、という選択肢ができないことでしょうか。

 

鉄道(ベルリンワルシャワエクスプレス)

一番有名な、ベルリンとワルシャワを移動する方法です。所要時間は約5時間半で、1日4往復。日中運転しかなく、夜に出発して朝に到着する列車がないのはちょっと不便でしょうか。ワルシャワ発の場合、早めに予約すれば片道100ズロチ(約3千円)程度で購入できますが、ベルリン発の値段は、通常料金で50ユーロ以上したと思います(すみません、詳しく分かりません)。

 

僕は最初鉄道を使おうとしたのですが、なぜかポーランド国鉄のページから、ベルリン発ワルシャワ行きの列車の予約が出来ず、こちらはドイツ国鉄のページで切符を購入しないといけなかったのと、ドイツ発の運賃が割高だったので、結局辞めてしまいました。

ベルリン中央、ワルシャワ中央と、アクセスの良さは抜群なので利用価値は高いんですが、レールパスなどを持っていない場合、切符の手配が少し面倒なのかなと思います。

 

バス(複数の運行会社あり)

バスだと、所要時間は8時間くらいかかってしまうのですが、夜行便もあるので場合によっては時間を有効活用できます。あとは、値段が安いことですね。このブログでも何度か紹介したPolskibusだと、片道60ズロチ(約1800円)の夜行便が定番の値段のようなので、飛行機や鉄道と比べると、お金はかかりません。

 

 

PolskibusよりLux Expressがオススメ!?

実は今回、バス会社を色々調べていて、Lux Expressという会社を見つけました。

この会社、本社はバルト三国のエストニア・タリンにあるようなんですが、エストニア~ラトビア~リトアニア~ポーランド~ドイツ(ベルリン)の「バルト三国ルート」をメインの路線にしつつ、チェコやスロバキア、ハンガリー、オーストリアにも路線を延ばしている、なかなかカバーの広いバス会社のようです。

 

ただ、ポーランドのバス会社といえば、言わずと知れたPolskibus。こちらも運賃を調べて、どのバスを利用しようかと悩んだんですが、結局Lux Expressにしました。

 

その理由には3つあります。(全て、PolskibusとLux Expressを比較した場合のものです)

 

スポンサードリンク

①車内が快適

これは、Lux Expressの設備のほうが快適だからです。

例えば、Polskibusの座席はこんな感じ。

http://murzyn.vc-mp.eu/blok/polski-bus-opinia/

 

そして、Lux Expressはこんな感じです。

http://www.transport-publiczny.pl/wiadomosci/lux-express–nowy-przewoznik-na-trasie-warszawa–krakow-47689.html

 

一目違いが分かると思いますが、Lux Expressにはスクリーンが付いています。ここで映画を見たりすることができるようですね。

 

②バス乗り場がワルシャワ中央駅にある

Polskibusの場合、ワルシャワ~ベルリンの路線を使う場合、バス乗り場はWarszawa Dworzec Autobusowy Metro Mlocinyという、ワルシャワの北の外れにあるバスターミナルです(ワルシャワの地下鉄1号線の北の終点の駅で、中央駅からだと20分くらいかかってしまいます)

 

それに比べて、Lux Expressの場合、なんとワルシャワ中央駅から出発するんですね。といっても、一口に「中央駅」と言っても、バス乗り場は幾つもあって、Lux Expressの場合は Przystanek DW.CENTRALNY 04 です。

場所はこちらのページにあるように、ワルシャワ中央駅、Zlote tarasyのすぐ西を南北に走る道沿いです(北に進む道です)。

 

僕が今回Lux Expressにしたのは、ほぼこの要因でです。なんといっても、中央駅のすぐそばだと土地勘もある程度ありますし、アクセスもしやすいので。

 

なお、ベルリンはベルリンバスターミナル(ZOB)というところに到着します。

 

スポンサードリンク

③ユース(26歳以下)料金が使える

これも、Polskibusにはないサービスですね。チケット購入時に年齢をユース(26歳以下、何歳以上かは忘れました…)で選択すると、通常料金の1割引きで購入することができます。僕は、出発の1ヶ月前にチケットを購入して、18ユーロを16.2ユーロで購入することができました。

18ユーロでも十分に安いですが、少しでも若さの恩恵は受けたいので、ユース料金を選択しました(誕生日の関係で、僕がユース料金を使って度をするのは今回が最後になると思います)。結局、往復3300円くらいでワルシャワとベルリンを移動することができました。

 

実際に使ってみた

では、実際に使ってみてどうだったのか?という話をこれからします。

 

まず、バス停を目指します。

ベルリン行きのバスは、ワルシャワを23時15分に出発するので、22時50分くらいにはバス停に到着しておくのが良いでしょう。

ちなみに、ベルリンを14時に出発するバスが23時にワルシャワを出発してリトアニアのビリニュスまで行くので、早めに到着した場合はビリニュス行きのバスが止まっています。乗るときにチケットを見せるので大丈夫だとは思いますが、乗り間違えのないようご注意を。

008

 

バス停周辺には旅人が沢山いるので分かりやすいと思います(僕が利用したのが金曜夜だったので、たまたま多かっただけかもしれませんが)

img_1532

↑これがベルリン行きの表示です。ビリニュス行きはここが「VIRINUS」となっています。

 

チケットは予約時にメールに送られてくるので、プリントアウトして行きましょう。乗車時にパスポートも一応見せますが、果たして生年月日と年齢の照らし合わせまでしていたのかは微妙でした。

 

乗車時に500mLのペットボトルが支給されます。これは一般的な話ですが、ヨーロッパの長距離バスは、普通お水や他の飲み物、場合によっては軽食も支給されます(もちろん料金に込みです)。今回のバスでは、お水のみ配られました。

img_1533

まさかこんなところでリトアニアパッケージのお水を手に入れられるとは。

 

img_1534

↑スクリーンはこんな感じ。僕は一切使っていませんが、映画を見たりゲームをしたり、イヤホンを挿して(これは持参する必要があります)音楽を聴くこともできます。これも運賃に込み。

 

車内にはWiFiも飛んでいます。もちろん無料ですよ。「LUX EXPRESS」というWiFiを選択したら、「規約に同意する」みたいなボタンを押して、接続できます。時々遅い時もありますが、Facebookを見たりTwitterを見たり、Googleで検索をするには十分な速さでした。動画はどうでしょうね…

img_1604

前の座席との間隔には余裕があります。机は開け方が分からず、結局使えていません。ペットボトルを持参するなら、前のカゴには入らないので足元に置く必要があると思います。

 

img_1537

座席はこんな感じ。腰部分のデフォルトの傾斜がそこそこあってリラックスできるんですが、更に背もたれを倒すこともできます。お手洗いももちろんあります。

 

とまあ、既に日本の格安夜行バスのサービスの質の低さがばれてしまっているわけですが、Lux Expressで1つだけネックがあるとすれば、カーテンの遮光性が低いこと。これはアイマスクを持っていったほうが無難です。

 

後は、ワルシャワ~ベルリンの場合は所要時間が8時間を超えるので、軽食や朝食(夜行バスの場合)は持参しておくべきです。僕はスーパーで買ったクロワッサンを幾つかと、チョコを持っていきました。

 

乗り心地は快適でした。基本的に高速道路を走るんですが、一定速度で進み続けるので変な振動や加減速は感じません。ただ、Lux Expressに限ったことじゃありませんが、夜行バスは寝られませんね…。個人差もあると思いますが、僕は殆ど寝れませんでした。まあ、そこは値段とのトレードオフと考えるべきなんでしょうが…。

 

 

まとめ:ベルリン~ワルシャワの移動ならLux Expressがオススメです

いかがでしたでしょうか。自分で言うのもなんですが、Lux Expressの存在を知っている日本人、またそれをブログで発信している日本人は、ほぼ皆無だと思います(笑)

 

ベルリン~ワルシャワの移動なら鉄道が一番ポピュラーだと思いますが、バックパッカーやお金を安上がりに仕上げたい方は、バス乗り場も設備も快適なLux Expressを一度利用されてみてはいかがでしょうか?

 

※Lux Expressのワルシャワ~ベルリンは、2017年4月を持って運休となったようです。今後、同区間をバスで移動する場合はPolskibusやEurolinesをご利用下さい。GoEuroというサイトを使えば、鉄道とバス、そして飛行機の安いチケットを探すことが可能です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!