ハンガリーの入国制限が9月1日から厳格化。外国人は一切入国不可に

この記事は2分で読めます

スポンサードリンク

※この記事に記載の情報は古く、正式なものではありません。

スポンサードリンク

 

最新の情報についてはこちらの記事にまとめていますので、こちらをご覧下さい。

スポンサードリンク

【情報修正】9月1日からのハンガリーの入国制限について

 

スポンサードリンク

2020年8月28日の発表によりますと、ハンガリーは、9月1日から、一部の合理的な理由を持つ方を除いて、ハンガリーへの外国人の入国を禁止する措置を発表しました。

 

詳細の情報は、こちらのサイトで公開されていますので、まずはリンクを貼り付けます。

ハンガリー・コロナ情報(12)外国人は原則入国拒否 9月1日から

 

これまでは、こちらの記事に書いているように、ハンガリーへの入国者は、自国のコロナ感染症の度合いに応じてランク付けされた三段階の区分けに従い、入国の可否と、入国後の隔離義務などの条件が違っていました。

 

この三段階の区分が、9月1日から撤廃されて、外国人は一律入国ができなくなります(滞在許可証所有の有無に関係なく)。

 

例外は、ハンガリー人の配偶者、やむない事情があり警察が認める場合、一部の商用での訪問などに限られており、基本的にこのブログを読んでいる方は、一律でハンガリーには当面の間、入国ができなくなる、と理解して下さい。

 

なお、この措置は当面の間1ヶ月続く予定(9月末まで)とのことですが、コロナの状況などに応じて延長される可能性があります。

 

(ちなみに、ハンガリーは2020年の2月頃から世界的にコロナが流行し始めたときにも、真っ先に「外国人入国不可」の措置を取りました。その措置は、3月10日から7月中旬まで続き、7月15日頃から、先の三段階区分の措置に移行しました)

 

 

たとえハンガリーの滞在許可を持っていても、9月1日に日付が変わった時点でハンガリー国内にいる方は、(配偶者などを除いて)ハンガリーに戻れなくなるので、旅行などで国外にいる方は、早急にハンガリーに戻るようにしましょう。

 

 

※ハンガリーからの出国に制限はありません。ただ、一度出国するとハンガリーに戻れなくなる可能性があることをご理解下さい。

 

スポンサードリンク

また、在ハンガリー日本国大使館のコロナ関連ページでは、「いまだ正式な政令が公布していないため、措置の詳細については不明ですが」の但し書き付きで、「9月1日以降にハンガリーへの入国をお考えの方はご注意下さい」と伝えています。

 

今後更新されるであろう情報については、公式のソースからなるべく入手するように努めて下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー