ポーランドに世界一高いキリスト像がある!?Świebodzin(シフィエボジン)まで行ってきました

この記事は3分で読めます

先日のジエロナグラへの旅行の際に合わせて足を運んだのは……

 

シフィエボジン(Świebodzin)という街。

場所は、ポズナンとベルリンの間(ワルシャワとベルリンを結ぶ特急列車も停車します)。

220px-pol_swiebodzin_map-svg

出典:https://eo.wikipedia.org/wiki/%C5%9Awiebodzin

 

……恐らく、日本人でご存じの方は相当ポーランド通だと思います。それくらいにほぼ無名の街と言っていいほど、小さな街なんですが、

 

この街に何があるかというと、世界一高いキリスト像なんですよね。

 

 

スポンサードリンク

リオを抜く世界一高いキリスト像

といっても、恐らく大多数の方は、「キリスト像」と言われれば、ブラジルのリオデジャネイロにある、あの像を思い浮かべるのではないでしょうか。

christ

出典:http://sky.geocities.jp/kmien3/zatugaku2.htm

僕も、当然「キリスト像」と言われれば、ブラジルにある「これ」を思い浮かべます(ただ、どの街にあるかまではよく知りませんでした…)

 

しかし、しかしですよ。ここシフィエボジンにあるキリスト像は、あのリオにあるキリスト像より高い、「世界一高いキリスト像」になっているんですよね。ちなみに、両方の高さを比較してみると

 

・リオ 32メートル
・シフィエボジン 36メートル

と、シフィエボジンのほうが4メートル高いんですね。

ただ、これには「リオのキリスト像は地上710メートルの高台にある」っていうオチが付いてしまうんですが(笑)

 

といっても、「世界一高いことに変わりは無い!」ということで、ジエロナグラに行ったついでにシフィエボジンにも行ってきました。

 

シフィエボジンの駅からキリスト像までの行き方

シフィエボジンの駅からキリスト像までは、歩いて余裕で行けます。

まず、鉄道の駅とバスターミナルは同じ所にあります。

066

↑バスターミナルから見る鉄道駅

067

↑バスで到着する場合は、ここに着きます。

068

駅前。この写真の右側に木が茂っている場所がありますが、この方向に歩きます。

069

↑この写真の奥の方向に、二つ道路があります。左側はバスが通ってくる道で、関係ありません。

歩いてキリスト像まで行くには、右側にある、木の下の道路を歩きます。

歩いて行く道から駅を眺めたところ。

070

071

072

公園があります。上の写真にある道路を突っ切ります。

073

木が途切れると、T字路が見えますので、ここを左折します。

074

僕が行ったときは道が工事されていました。徒歩だと問題なく通れます。

075

鉄道の線路をまたぎます。

076

077

後は、道なりに歩いて行くだけです。15分くらいでしょうか。

歩道は、道の向かって右側に整備されているので、そちらを歩くほうが無難でしょう。

078

町並み。

079

歩き続けます。

で、左手には木がずっと生えているのですが、そこの切れ目を迎えると、キリスト像が目に入ってきます。

080

081

082

↑手前から撮ったところ。ここからだとイマイチ大きさが分かりませんが…。

とりあえず、入口があるのでそを目指して引き続き道なりに歩きます。

085

086

ここが入口の道です。車は殆ど通りませんが、歩道がないので注意しましょう。

087

キリスト像

088

駐車スペースもありました(観光バス用のものもありました)が、ガラガラ。

089

090

このキリスト像は、いわゆる「残念スポット」となっているようです。

093

なかなか威厳はあると思うんですけどね~。

097

簡単な休憩スペースもありました。ご飯が食べられます。

img_1478

メニュー一覧。

img_1479

僕はポテトとロシア風ピエロギ、そしてケチャップを注文(ピエロギの写真は取り忘れましたが、6個入り)。合わせて10.5ズロチ(約300円)。観光地と言えど、さすがにワルシャワよりは安いですね。

099

ここが入口。手前にろうそくの寄付箱(?)があって、1ズロチ、2ズロチ、5ズロチ硬貨を入れることができます。ろうそくを買えるわけではないのですが、寄付ということでいくばくかいれておきましょう。

100

太陽の位置の関係で、入口側からだと影ができてしまうのが残念でした。

101

105

キリスト像の足元からの風景。個人的には、キリスト像よりもこっちの景色がすきですね(笑)

107

足元から見上げるキリスト像にはさすがに圧倒されますね。

108

116

119

キリスト像の写真はどうしてもワンパターンになってしまいますね(笑)

127

像に行くまでの道路に植樹もされていました。

128

植樹とキリスト。

 

スポンサードリンク

物好きな方は是非ご旅行を!

さて、このキリスト像ですが、めちゃくちゃ行く価値が高いか!?と言われると、人によると思います。そもそも街がマイナーすぎですし、ポズナンからも1時間くらいかかる(しかも、ここの街を通る特急列車は国際列車なので、ポーランド国内の列車よりも値段が割高)ということもあって、「初めてのポーランド」の際にはもっと他の所に行かれたほうがいいでしょう。

ただ、僕はこのキリスト像情報を、ポーランドにいる他の物好きな(もちろん、良い意味で使っていますよ)日本人から教えてもらって、彼ら彼女らも漏れなく足を運んでいるので、「これは僕も行くしかない!」と思って入ってきました。

なので、こういう「誰も行かないようなマイナーな所」に行くのが好きな方は、是非足を運んで頂ければと思います。

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 藤田
    • 2016年 9月10日

    こんにちは。

    レア情報ありがとうございます。
    周りの景色とのミスマッチというか、ぽつんと感が良いですね。
    特に最後の写真(植樹とキリスト)

    この記事を読んで、茨城県牛久の大仏を訪問したことを思い出しました。
    (台座20m+像100m=地上120m エレベータ付き)
    あそこは、ぽつんと感を超えた存在感がありましたけど。。

      • たつや
      • 2016年 9月11日

      藤田様

      コメント有り難うございました。
      このキリスト像は、孤高の存在だと思います。
      周りの何も無さは、とてもアンバランスですね。個人的にはリオのほうが絵になると思っています(笑)

      牛久大仏は、行ったことはないのですが存在感が凄いですよね!関東に行く際には行ってみようかと思います。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト

オンラインレッスンマッチングサイト

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!