ポーランドワーホリでは万能掲示板のGumtree.plを使い倒そう!

この記事は6分で読めます

ポーランドにワーホリでやってきた時に、恐らく多くの方が次のようなことで悩むのではないでしょうか?

 

・住むアパートはどうしよう…(1人で借りる?シェアハウス?ホームステイ?)

・ポーランド語の勉強がしたいけど、語学学校に通うのは高そう…

・ワーホリ中の生活費を賄うのに、アルバイトがしたい…

 

こういう悩みは、何もポーランドに限らず、外国でワーキングホリデーをしようとする人にとっては避けては通れない悩みなのではないでしょうか。

もちろん、一番良いのは、現地で友人を作って(あるいはこれまでのツテを伝って)部屋を探す、とか、仕事・人を紹介してもらう、というものです(実際、僕も部屋は友人の友人を紹介してもらって契約にこぎ着けました)。

 

が、比較的ワーホリのネットワークが出来ている英語圏(カナダ、オーストラリア/ニュージーランド、イギリス)と比べて、ポーランドなんていうマイナーな国にやってくる場合は、そもそも友人なんていないし、英語が母語じゃないから色々と大変…なんてことが普通です。

 

そこで今回は、ポーランドワーホリで重宝する「なんでも掲示板(ポータルサイト)」を紹介します。

 



style=”display: inline-block; width: 320px; height: 100px;” data-ad-slot=”6304720349″>

 

Gumtreeでお悩み解決

今回紹介するサイトは、gumtree.plというサイト。リンクを見て頂ければ分かるように、ポーランド語オンリーというハードルの高さですが、このサイトを使えば、例えば
・ワルシャワでアパート一部屋を借りて住みたい
・一人暮らしは無理だけど、シェアハウスで住まわせてもらいたい
・ポーランド語のプライベートレッスンをしてくれる人を探したい
・中古の自転車を安く買いたい

なんていう希望を、殆ど全て解決することができます(この前知り合いに見せてもらったのは「ネコ譲ります」という内容も掲示されている、ということでした…)。

このサイト、ポーランド人の友人に、僕が渡航する前に「アパート探すならこのサイトがいいよ!」と教えてもらったものです(が、結局その友人に、家主を紹介してもらって僕は使いませんでした)。

 

ポーランド人が勧めるくらいなので、国内では相当ポピュラーなサイトなのだと思います。表記がポーランド語だけ、というのはネックですが、今回はこのサイトを実際にどういう風に使うのかをデモしてみたいと思います。このサイトをある程度使えるようになれば、ポーランド生活は相当イージーになるはずですから、「困ったら(というか、困る前に)gumtreeを使う」と覚えておいて、積極的に使い倒して頂ければと思います。

 

まずはトップページにアクセス

上にも載せましたが、まずはリンクをクリックして、トップページにアクセスします。

gumtree3

色々とありますが、最初に使うのは、一番上の検索欄のみです。

gumtree

上の画像では、
・一番左が検索窓(例えば何かの単語を入力する)
・その次が、カテゴリー選択欄(部屋とか自転車、車…色々と選択できます)
・更に右が、エリア選択欄(ポーランド全域か、ポーランド16県から選択)

となっていて、この3つを埋めて行ければ、後は検索ボタンを押すだけです。

 

実際に操作してみよう

一番簡単なのは、左から「2番目」と「3番目」のカテゴリー欄から選択して絞り込みをかけること。

ポーランド語の単語を最初は入力できないと思うので、まずは選択肢からチョイスしてみます。

gumtree2

まずは、左から2番目(真ん中)の欄にカーソルを当てます。すると、アイコンと共に何を探したいのか、を選ぶことができます。単語が分からなくても、アイコンがあれば絞り込みをかけるのはだいぶ簡単になりそうですね。

カテゴリー欄では、一番上が建物・部屋で、次が自動車等の移動手段。後は電子機器や骨董品等もありますが、とりあえず必要なのは「部屋」と「移動手段」でしょう。

「建物・部屋」を選択すると、また複数の選択肢が出てきますが、ここでも必要なのは一番上の2つ。

「pokoje…」(一番上)とあるのは、「アパートの1物件の一部を借りる」(つまり、シェアハウス)

「mieszkania…」(二番目)とあるのは、「アパートの1部屋を借りる」(1物件丸ごと借りる)

ということを意味します(日本だと、アパートの一室=1物件、だと思うんですが、ポーランドだと「部屋(pokoje)」というのが「1物件の中にある複数の部屋の1つ」で、「mieszkania」というのが、日本で言う1部屋(寝室、キッチン、トイレ等が着いたアパートの1物件)を意味するようです)。

 

で、もちろんですが、pokojeのほうが「シェアハウス」なので安くなります。

今回は、「mieszkania」を選択してみました。

 

次に、3番目の「エリア選択」をするのですが、僕のトップページでは既に「Warszawa」になっているのですが(ワルシャワから検索しているからでしょうか)、日本で検索するとなると、ここも選択しないといけません。

 

ワルシャワで物件を探したい場合は、選択肢から「Mazowieckie」にカーソルをあてると、更に小カテゴリで「Warszawa」と出てくるので、これを選択。あと、人気のある都市だと「Krakow」でしょうが、この場合は「Małopolske」(Mazowieckieの1つ上)にカーソルをあてて「Krakow」を選択すれば問題ありません(こちらは小カテゴリの都市名が多いので、少し検索に時間がかかるかもしれません)。

 

今回は、ワルシャワで検索をしてみました。

すると、一番上の数件は広告が付いた物件(お金を払って上位に表示されるようになっている)なのですが、その下には、物件が更にズラズラズラ~、っと出てきます。

gumtree4

これの結果を見ると、物件の値段もピンキリという感じですね。

ただ、このままだとワルシャワ市内のあらゆるエリアが検索対象になってしまうので、「この辺りのエリアに住みたいなあ」というのが決まっている場合、一番左の検索欄に、そのエリア名を入れてみましょう。僕が住んでいる西側(中心部にほど近い)は「Ochota」地区で、旧市街があるのがśródmieście。その南の地区がMokotówで、ビスワ川の東側がPragaです。

ワルシャワの中心部で住むとなると、上のどれかか、Ochotaの北にあるWola地区だと思いますが、Praga地区は、物件は安めなんですが比較的治安が悪い(特に夜)と言われているので、できれば川の西側で探した方が無難でしょう。

ちなみに、ワルシャワの地区の地図はこんな感じ。

mapa-warszawy

(http://romina.cba.pl/index.php/menu-warsaw-mapより)

 

後は、検索で絞り込んだ上で、興味のある物件があればそのページにアクセスをします。

試しに、一件選んでみました。

pokoje

(※画像に一部変更を加えて、個人情報は隠しています)

pokoje2

一枚目の写真にあるように、住まいの外観や内装の写真を普通は確認できるので、ここで写真をできる限り確認します。

その後、下に画面をスクロールすると二枚目の写真にあるように、左側にポーランド語で情報が、右側に地図があるので、文章はGoogle翻訳にかけて英語でざっと読みましょう。

地図も要確認です。ワルシャワの地理が全く分からない場合は、とりあえず「中心からどれくらい遠いのか」だけでもざっくり掴むようにしてみて下さい。ここでいう「中心部」とは、ワルシャワ中央駅やCentrumのことです。

最寄りのトラムやバス停までどれくらいかかるのか、市の中心までどれくらいかかるのか、最寄りのスーパーまでどれくらいの距離なのか、というのは、地図だけでは分からないと思うので、こういうのは問い合わせで確認してみましょう。

ちなみにこの物件の場合、約30平米で1790ズロチ/月のようです。

 

問い合わせのメールを送ろう

もし興味があるのなら、実際に問い合わせのメールを送ってみましょう。上の、写真一覧が見れるページの右に「メッセージ欄」があるので、ここにメッセージを書いて送ります。

ちなみに、この欄に見られる

Zainteresowała mnie ta oferta. Proszę o kontakt.」
Gdzie i kiedy mogę to zobaczyć?

というのは、それぞれ

「興味があります。詳細教えて頂けないでしょうか」

「いつどこで見させてもらえますか?」

という内容なので、念のためどちらもチェックを入れましょう。

その上で、下の空欄には自己紹介や自分がポーランドで何をしているのか、ということを書きましょう。

 

一番良いのは、ポーランド人の友人を作ってポーランド語に訳してもらってメッセージを作ることですが、英語しか分からない場合も、最初の挨拶くらいはポーランドで書いて、本文は英語+Google翻訳でポーランド語、という組み合わせで並記した上で、「英語でのやりとりを希望します」と一筆添えれば大丈夫だと思います(だいたいのポーランド人、特に若い人は、英語はある程度使えるので)。書く内容としては、

・いつから入居したいのか
・いつまで入居したいのか

は最低限として、あとは自分が聞きたいこと、伝えておきたいことを書きましょう。そうそう、「光熱費はいくらくらいするのか」「インターネットの速度はどれくらいか、いくらくらいするのか」というのも、予め聞いておいたほうがいいでしょうね。

その下の「Imię」は、自分の名前。E-mailはメルアドですね。

ポーランドの電話番号を持っている場合はその下の欄も埋めるべきでしょうが、ポーランド語が聞けない、話せないのであれば、書かなくても大丈夫です。

これらを書いた後で、オレンジのボタンを押せば相手にメッセージが届きます。

 

メッセージを送った後は

後は、返信が来るのを待ってやりとりを勧めていくワケですが、返信率がどれくらいなのか、というのも僕は分からないので(基本的に、「貸したい」と思っているので返信はくると思います)、複数候補を出しておいて、「いつまでに返信頂きたいです」と明記した上で住居を見て、最終的に判断をするほうがいいでしょう。

できれば、賃貸契約を交わす方がいいです(僕は、英語の簡単な書面ですが交わしています)が、契約を交わすのであれば、どのみちポーランド人の友人を作って、その人にも確認してもらうようにするのがいいと思います。できれば英語の契約書を交わして、変な契約は交わさないようにするのが大事です(何かの相談をできるという意味でも、友人には気になる点を確認できるようにしておいたほうがいいですね)。

 

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はポーランド版なんでも掲示板gumtreeの紹介と簡単なやりとりの手順を説明しました。言語の壁はありますが、自分が欲しい物の英単語をGoogle翻訳にかけて探していくだけでも、ポーランド語に触れる機会は増えますし、何かと便利なお役立ちサイトです(僕はこのサイトを通して、ポーランド語を教えてもらう人を見つけました)。

1年程生活する場合、こういうサイトは使えた方が、何かと便利だと思います。渡航直後は難しくても、生活を続けるうちにこういうサイトを抵抗なく使えるようになると、「ポーランド生活に馴染んできた」という証拠にもなるでしょうから、是非長期生活をお考えの方は、今回のサイトを使ってみて頂ければと思います。

 

それでは、素敵なポーランド生活を!

 

※アイキャッチ画像はこちらから拝借しました。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • 残念くん
    • 2018年 8月9日

    Gumtree で80件くらい、メール送ってゼロリプライ。はっきりいって、このサイトは部屋探しには使えない

      • たつや
      • 2018年 8月9日

      コメントありがとうございました。
      ポーランド語にgoogle翻訳を使って翻訳したうえでメールはお送りになりましたでしょうか。

      それでも無理だった場合、何らかの方法でポーランド人と知り合って、
      人伝いに物件を探すしかないかもしれません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト

オンラインレッスンマッチングサイト

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!