スロベニア・リュブリャナ空港からリュブリャナ市内・ブレッド湖へはシャトルバスで!GoOptiを使うと、1人でも10ユーロで利用できるのが魅力!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

スロベニアの首都、リュブリャナの北約25kmに位置するリュブリャナ空港は、スロベニアに空路で出入りする際の入り口となります。

スポンサードリンク

 

スロベニアの定番観光スポットといえば、ブレッド湖とリュブリャナ市内(旧市街)ですが、リュブリャナ空港はこれらの真ん中に位置しているので、空路でスロベニアを出入りする際にはうまくスケジュールを組むことで時間を有効活用することができます。

スポンサードリンク

 

そこでおススメなのが、リュブリャナ空港から出ている相乗り制のシャトルバスのGoOpti。公共の交通機関を利用するよりスムーズにスロベニア国内を移動できるこのサービスについて、今回は紹介したいと思います。

スポンサードリンク

 

①公共の交通機関が不便なリュブリャナ空港

 

リュブリャナ空港には路線バスも運行しているのですが、他の国の首都空港のそれらと比べて恐ろしく本数が少なく、お世辞にも利用のおススメはできません。

 

路線バスを使う場合、運賃は4ユーロ、所要時間は空港~市内で約45分と、距離の割にかかってしまいます。また、運転間隔も恐ろしく広く、平日はリュブリャナ市内→空港は、午前5時~午後8時まで毎時10分発(1時間に1本、午前5時台のみ20分発)/空港→市内は同じく、午前5時~午後8時まで毎時1本、00時ちょうど発(午前6時台のみ05分発)。

また、土日祝日は更に頻度が減り、市内→空港は6.10、9.10、11.10、13.10、15.10、17.10、19.10。空港→市内は7.00、10.00、12.00、14.00、16.00、18.00、20.00の出発となっています。もはやここまでくると、なんのための空港バスなのか分かりませんね…。

 

代わりに、空港に到着した際に出口にカウンターがある、シャトルバスサービスを使うのが手頃で時間の節約にもなります。

 

 

②空港に着いたら

 

リュブリャナ空港に着いたら、そのまま到着ロビーに出て行きます。僕はシェンゲン外からの飛行機で到着したので、入国審査と税関を通過しましたが、シェンゲン内のフライトの場合でも、到着ロビーに出ると思います。

到着ロビーはとてもコンパクトで、出てすぐのところにシャトルバスのカウンターがあります。

こんなカウンターです。

 

このシャトルバスを使うと、リュブリャナ市内まで1人の利用でも10ユーロで移動することができます。僕は普段、ブダペスト 空港で同様の乗り合いシャトルバスを使いますが、こちらは人数が多いほど割安になるので、リュブリャナ空港のシャトルバスとは少しシステムが違うようです。

 

カウンターで行きたい場所を伝えると、その場でカード決済をしてバスまで案内してもらえます。バスに乗っても他の利用者を待つことがありますが、小さな空港なので満員にならなくても機を見て出発となります。行き先は、リュブリャナ市内のホテルやバスターミナル、あるいは真っ先に行きたい場所にしてもいいでしょう。

 

空港からリュブリャナ市内までは約25分。びっくりするほど近い距離をシャトルバスで10ユーロで移動できるのですから、利用しない手はありません。

 

僕が利用したときは、7人定員のバスに4人乗った時点で少し待って、結局人はそれ以上増えずに出発しました。2月の平日、というオフシーズンであることも影響したと思います。

スポンサードリンク

 

今回はリュブリャナのバスターミナル(鉄道駅の隣)で全員が降りました。複数の降車場所を回る場合、5~10分ほど所要時間は延びると思われます。

 

③リュブリャナ空港~ブレッド湖への直移動も可能

GoOptiのいいところは、スロベニア国内はもちろん国外にもトランスファーネットワークを持っていること。そのため、周辺国の空港とリュブリャナ市内、リュブリャナ空港と周辺国の主要都市、そしてスロベニア国内の移動も半チャーター式で実現してしまいます。

 

特に旅行者のニーズに応えてくれるのが、リュブリャナ空港とブレット湖との接続。ブレット湖までは、リュブリャナ市内から1時間20分ほどでアクセスできますが、リュブリャナ空港はその途中、ちょうど半分くらいの場所に位置しています。

 

そのため、スロベニア旅行の出入りのどちらかで空港を使うのであれば、シャトルバスでブレッド湖と空港を直接移動してしまうのが時間短縮に繋がります。

GoOptiのアプリで検索をしてみると、日時によりますが、2月の平日だと最安13ユーロから、相乗りでも1人で利用できるようです。

 

 

空港とブレッド湖の間の所要時間は最大45分ほどなので、空港から向かう場合でも、空港に向かう場合でも、うまくブレットでの宿泊を組み合わせればわざわざリュブリャナ市内に行く必要がなくなります。

 

値段は利用日、時間帯、人数で異なってきますが、仕事の休暇で時間が限られている場合などには利用価値の高いサービスですね。

 

ただ注意点としては、事前予約をする場合「飛行機が遅れたら待たずに出発する」というシステムになっていることです。これを避けるのであれば、予約の際に追加料金を払って確実に乗れるようにするか、飛行機が到着してから空港のカウンターで申し込むのが手堅いでしょう(この場合の料金は、1人20ユーロからとなっているようです)。

 

④まとめ

今回は、リュブリャナ空港で使えるシャトルバスサービス・GoOptiを紹介しました。

スロベニアのサービスながら、周辺国にまたがる膨大なネットワークは旅行者の頼もしい味方です。まずは空港~市内・ブレット湖の移動で、そして必要に応じて周辺国までの移動に使ってみてはいかがでしょうか。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!