ケフラヴィーク国際空港からレイキャビクまでの交通はFlybusを迷わず利用しよう!

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

アイスランドを旅行するときの入口となるのは、ケフラヴィーク国際空港。この空港はレイキャビク市内から離れていて、何らかの交通を使わないと移動をすることができません。

スポンサードリンク

 

僕はこの移動に、Flybusというバス会社のサービスを利用しました。今回はこのバスの予約方法などについてまとめました。

スポンサードリンク

 

アイスランドの玄関口は「ケフラヴィーク国際空港」

スポンサードリンク

僕はこれまで、アイスランドの空港はレイキャビク空港に飛行機が発着すると思っていたのですが、どうやらこれは国内線用の空港のようで、国際線が発着するのはケフラヴィーク国際空港という別の空港です。

 

レイキャビク空港は

ここにあるので、この空港から近い宿を取ったんですが、実際は国際空港から50kmくらい離れています。

 

ちなみに、ケフラヴィーク国際空港はこの辺り。

いやー、出発前にきちんと気づいて良かったです…。

 

ケフラヴィーク国際空港からレイキャビク市内までの移動は?

 

アイスランドには鉄道が走っておらず、現実的にはバスかタクシーを使うのが良さそうです。が、アイスランドも他の北欧に負けず劣らず物価が高いので、タクシーなんて使うと15分乗っただけで首が飛びそうな値段になってしまいそうです。

 

そこで、空港と市内を結ぶバスがないかどうかを調べていたんですが、ありました、ありました。

Flybusというバスが、空港~レイキャビクを約45分で結んでいます。

https://www.re.is/flybus/

 

このFlybusが良いところは、飛行機の離発着に合わせて運行しているので、飛行機の到着が早くなっても遅くなっても、利用できるということです。他の多くの国では定刻出発が基本なので、こうはいきませんよね…。

 

このバスは2つのサービスがあり、

①空港とレイキャビクバスターミナル結ぶFlybus

②空港~バスターミナル~各ホテルを結ぶFlybus+(プラス)

を、目的に応じて使い分けられるのが嬉しいところです。

 

Flybusの予約方法と運賃

FlybusとFlybus+は、それぞれ片道と往復で切符を購入(予約)することができ、

Flybusは片道2500アイスランドクローナ(ISK)、往復4000 ISK

Fkybus+は片道3000 ISK、往復5000 ISKとなっています。

1ISK = 約0.9円なので、1ISK = 1円として計算しても、片道45分のバス移動で2500円。めちゃくちゃ高いじゃないですか…。恐るべし北欧。

ただ、12歳~15歳は半額0歳~11歳までは無料、というのがまた、なんとも北欧らしいところ。小学生が終わるまで無料っていうのはすごいですね…。

 

今回、僕はFlybus+を往復で予約しました。以下は予約の方法です。

1 2

まずはhttps://www.re.is/flybus/にアクセス。ここで画面右側に、バスの種類を選択するボタンがあるので、どちらかを選びます。僕はFlybus+です。

3

すると、片道か往復かを選択する画面になるので、ここでどちらかを選択します。

僕は往復なので、往復の両方の予約をします。

4

予約画面では往路利用日と復路利用日、時間帯(復路のみ)、そして利用するホテルを選択します。右の「Goin to」の欄をクリックすると、アルファベット順にアイスランド市内の主要ホステル、ホテルが表示されます。一度バスターミナルでバスを乗り換える必要があるようですが、宿泊先まで送迎してもらえるのは大変有り難いですね。

 

なお、復路を利用する場合は、飛行機出発の3時間以上前にレイキャビクを出発するバスを選びましょう。

空港に2時間前に到着+市内→空港まで45分の移動、を加えて、3時間を見込んでおいた方が安心です。

 

なお、サイトにも書いてあったのですが、AirBNBやCouchsurfingを利用して宿泊をする場合でも、宿泊先の最寄りのホテル(ホステル)を指定してチケットを買えば、その宿まで送迎してもらえるとのことです。

5

僕はCapital Innという宿に泊まるので、それを選択しました。あとは、複数名で利用する場合は人数調整もお忘れ無く。

 

これらの入力が完了したら、確認画面に移ります。

スポンサードリンク

6

7

この確認画面で問題が無ければ、旅行者情報を入力して決済に進みます。

8

入力するのは氏名とメールアドレス(予約番号が送られる)だけ。シンプルですね。

 

この後「Payment details」をクリックしてクレジットカードを使って決済をすれば(VISAとMasterが使えました) 、決済完了の画面が出て、数分後にメールアドレスに予約情報が送られてきます。この番号を控えておけば当日は乗れるのではないかと思います。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。僕は何も知らないままいきなり調査をしてチケットまで買ってしまいましたが、そもそも空港の位置を勘違いしていたままだと危うい状態になっていたかもしれません。

 

ヨーロッパの他の国やアメリカからアイスランドに到着するフライトは全てケフラヴィーク国際空港に到着するので、レイキャビクに旅行予定の場合は、予めFlybusを予約されておくことをお勧めします。

 

 

なお、このFlybusは、ケフラヴィーク国際空港とレイキャビク市内の移動だけでなく、ケフラヴィーク国際空港とブルーラグーンの間も運行しており、こちらもサイトから予約可能です。市内からブルーラグーンに立ち寄って空港に向かうもよし、空港からダイレクトにブルーラグーンに向かうもよし。

 

限られたスケジュールで、アイスランドを上手く、そして目一杯楽しんでみて下さい。

 

※アイキャッチ画像はhttps://www.re.is/flybus/より拝借しました

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー