ポーランド国内のバス路線検索に最適! E-podróżnikの使い方

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

2018年3月から、ポーランド一有名な格安バス会社「ポルスキバス」がドイツのバス会社の傘下に入ってしまったことで、ポーランド国内のバス路線の検索が非常に不便になってしまいました。

スポンサードリンク

 

参考記事:ポルスキバスが独FlixBus傘下に!予約時の注意点とチケット購入方法

スポンサードリンク

 

傘下になってからは、ポーランド国内の主要バス路線(例えばクラクフ~ヴロツワフ、クラクフ~ルブリン、ワルシャワ~ザモシチなど)も、新しいFlixbusのサイトでは調べられないようで(一時的に、新しいバスダイヤが発表されていない、ということなのかもしれませんが)、これからポーランドで旅行や留学、ワーホリをする人にとっては非常に不便と言わざるを得ません。

スポンサードリンク

 

この解決策としては、ヨーロッパ圏内のバス・飛行機・鉄道路線を串刺し検索できる「GoEuro」というアプリ(サイト)の使用もあるのですが、ざっと調べてみた感じ、ポーランド国内の全ての路線を網羅しているようではないので、そこまで勝手が良くない印象です。

参考記事:ヨーロッパ旅行で1度は使いたいアプリ・GoEuro

 

そこで今回は、ポーランド国内のバス路線を串刺しで調べられる「E-podróżnik」(イー・ポドゥルジュニクと読みます)の症秋と、使い方を説明します。

 

E-podróżnikとは

 

このサイトは、ポーランド国内の都市間公共交通機関の時刻を調べられるサイトで、「GoEuroのポーランド版」と考えるのが分かりやすいかと思います。使うには、ある程度ポーランド語ができたほうが便利ですが、この記事では、ポーランド語ができなくても操作できるように解説をします。

 

まずは、E-podróżnikのサイトにアクセスをします。

ちょっと分かりづらいですが、左から「出発地」「到着地」「出発日」を入力します。

 

今回は、クラクフからヴロツワフまでのバスを探してみます。

最初に、一番左の枠に出発地(クラクフ)を入力します。

都市名はポーランド語である必要があるので、マイナーな街とかで綴りがあやしい場合は、ググって調べてみて下さい。上の写真のように候補がいくつか出るので、そこで選択をします。

 

同じように、到着地も入力します。

続いては、出発日を入力します。

今回は「4月26日」にしてみました(上の写真は違います)。

更に右の枠には、出発希望時間を入力することができますが、該当がなければスキップして下さい。

 

全て入力したら、一番右の緑色のボタンをクリックして検索します。

こんな風に、結果が一覧で表示されます(今回は午前2時台から順に表示されています)。

 

このうち、列車のアイコンは鉄道、バスのアイコンはバスの時刻となっています。

また、右のチケット購入ボタンが赤になっているもの以外は、このサイトからリンクに飛んで購入することができません(鉄道の切符など)。ので、この検索結果から直接予約に進めるのは、一部のバスのみとなります。

 

以下のバスを選択してみることにします。

バス会社やバス乗り場・降り場は、時刻の部分をクリックすると拡大表示されます。

Krakow MDAというのは、クラクフ中央駅隣接のバスターミナル。ヴロツワフの到着地は、これまたヴロツワフ中央駅隣接のバスターミナルのようです。

 

バス会社はneobusというところのようです。

「Kup Bilet」で購入手続きに進んでみます。

 

情報を今一度確認して、下の箇所でチケットの受け取り方法を選択します。

メールアドレスで良いと思います。

 

更に右下の、緑色のボタンをクリックします(下画像)。

次のページでは、個人情報を入力します。

スポンサードリンク

上から、写真のとおりに情報を入力して下さい。

電話番号は、バスの遅れや運休情報を届けるために必要とのことで、入力が必須のようです。ポーランドの電話番号を持っていない場合は、+81を頭に付けて、日本の携帯電話番号を入力すればよいでしょう(080とかの、最初の0は取る」+8180のようにする)。

 

日本の番号を入力しても、現地でスマホを機内モードとかにしていない限り、SMSや電話は受信できるはずです(各メーカーにご確認下さい)。

 

続いては、領収書の送り先を入力する必要があります。

一番上の「Faktura dla」は左の「個人」にチェックを入れて、以下、上の写真のように入力を続けます。

日本の場合、Nr domu(部屋番号)はないので、番地やアパートの部屋番号でOK。郵便番号も、七桁入力だと最初エラー表示になるかもしれませんが、下の国名を「Inny(その他)」に変えればエラーは消えます。

 

そして、一番下のチェックマーク2つにチェックを入れて

そのまま、右下の緑ボタンを押して進みましょう。

 

次に、「プロモコード」を入力する画面に飛ぶかもしれませんが、なければスルーします。

(上がプロモコードの入力画面)

どうやら、決済手数料として約4ズロチかかるようです。これは結構しますね…。

 

移動先の画面では、決済方法を選択します(この時に、メールアドレスに「決済手続きの最中に入りました」みたいなメールが届きます。このメールは決済完了通知ではありませんのでご注意下さい)。決済方法は、クレジットカードが無難だと思います。

次の画面では、クレジットカード情報を入力することになるのですが、ここのページは右上のタブから、言語を英語に変更することができます。

クレジットカードブランドを選択して、

カードデータを入力します。下の情報はカード所有者の情報ですが、どこまでの入力がマストなのかよく分からないので、個人情報をあまり出したくなければ入力せずに「Pay」に進んでみて、エラーになるようであれば情報を適宜入力して進む、という方法でいいと思います。

(今回は、チケットは購入しないのでそこまでの手続きはまとめていません)

 

この後、決済が無事に済めば、メールアドレスに決済完了通知と、eチケットが送られてくるはずです。チケットは、PDFであれば印刷をするか、あるいはメールをスクリーンショットに取って、乗車時に見せるようにすればいいでしょう。

 

まとめ

今回は、E-podróżnikというサイトの使い方についてまとめました。

ポーランド語ができなくてもそこまで操作は難しくないので、ポーランド国内のバス路線をポルスキバスやGoEuroで探せない場合は、このサイトを使ってみて下さい。

 

※このサイトでは、バスチケットを往復で一気に購入することができないので、その点はご注意下さい。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!