アーカイブ:2019年 7月

  1. 今回は、ポーランドの首都ワルシャワから日帰りで旅行をするときの、オススメの場所を5箇所紹介します。 ワルシャワの観光地のいくつかは、ワルシャワに来たら外せない観光スポット9選はここ!でも紹介しているとおりですが、ワ…

  2. ヨーロッパを旅行して免税手続き(付加価値税還付の手続き)をするための方法について、今回はフィンランドのヘルシンキ空港での、乗り継ぎ便利用の方向けの手続き方法と、空港の税関の場所についてまとめました。 ヨーロッパから日本…

  3. ヨーロッパを旅行して帰国するときに、買い物をするなら利用したいのが「免税手続き」。 国によって異なりますが、その国で本来払うべき付加価値税(VAT)を全額、あるいは一定額免除して買い物ができるという制度です。「免税…

  4. ボルドーワインのうち、タンニンが強く男性的な味わいのある左岸ブランド。 ボルドーワインは、川の流域の様々なエリアに分かれてシャトーやブランドがありますが、左岸のうち、ボルドーからでも日帰りで訪れやすいのが、ボルドー…

  5. ポーランド北部の観光拠点となるグダンスクと、ポーランド南部の一大観光地のクラクフ。 限られた日程でのポーランド旅行を考える際に、どうしてもネックになるのがポーランド北部と南部の移動です。 …

  6. 僕がワーキングホリデーを使ってポーランドで生活をし始めたのが2016年の夏のことで、このときから本格的に、海外にも生活拠点を作って暮らしていく人生の幕開けとなりました。 小学校高学年のときにラジオ英語番組を聴いて英…

  7. 旧ユーゴスラビアを形成していた国の中で一番面積が大きい、セルビア共和国。 北にハンガリー、北東にルーマニア、南東にブルガリア、南にマケドニア、西にクロアチアとボスニアヘルツェゴビナがあるセルビアは、ハンガリーやブル…

  8. 5年に1度ポーランドのワルシャワで開催される、世界最高峰のピアノコンクール・ショパンコンクール。 5の倍数の年に行われるこの一大イベントは、ショパンの故郷ポーランドで盛大に盛り上がるため、日本人であれば大のショパン…

  9. ドイツの首都・ベルリンとポーランドの首都ワルシャワは距離が580kmほどで、陸路での移動もしやすいため一緒に訪れる方も多いのではないかと思います。 このブログでは3年ほど前に、ワルシャワ~ベルリ…

  10. クロアチアと南東、セルビアの南西に位置する、旧ユーゴスラビアを形成していたモンテネグロで一番有名な観光地と言えば、クロアチア・ドブロブニクから日帰りでも行ける世界遺産の街コトルでしょう。 しかし、モンテネグロの夏で…

  11. ハンガリー西部・オーストリアやクロアチアからそう遠くない場所にあるのが、中央ヨーロッパ最大の面積を誇るバラトン湖。 ハンガリーは内陸国ではあるものの、琵琶湖より少し小さい面積(琵琶湖の面積の11分の10程の大きさ)…

  12. ドイツ南東部・バイエルン州にあるレーゲンスブルクとパッサウは、1982年から新聞で連載された宮本輝の小説「ドナウの旅人」の舞台の場所。 昔にこの本を読んでから、ずっと訪れたいと思っていた場所に9年の歳月を経て訪れて…

RETURN TOP

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー