世界でたった6箇所!ワルシャワ「Google Campus」への行き方と利用方法

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

今回は、ワルシャワにあるGoogle Campus Warsawについてです。

スポンサードリンク

 

Googleは、Google Campusという「スタートアップを行う起業家が集まるための施設」を世界に6箇所作っているのですが、なんとその1つが、ここワルシャワにあるんですね。(他の5箇所はロンドン、マドリード、ソウル、テルアビブ、サンパウロ)

スポンサードリンク

 

Googleは、起業家養成、発掘のポテンシャルが高い街を選んでGoogle Campusを作っているようなのですが、なんとその1つにワルシャワが選ばれているようです(なんとも嬉しい話ですが)。僕自身はスタートアップにほぼ関心は無いのですが、今回所用でGoogle Campusを訪れたので、アクセス方法と利用の仕方、使ってみた所感をまとめました。

スポンサードリンク

もしスタートアップに関心がある方は、是非ワルシャワのGoogle Campusにも足を運んで下さい。

 

Google Campusの場所

Google Campus Warsawは、ビスワ川の東側、プラガと呼ばれる地区にあります。この地域はワルシャワの中でも土地、物件代が比較的安いので、恐らくスタートアップ的には好立地なのだと思います。

 

位置は、ワルシャワ東駅のすぐ北で、市の中心から行く場合はトラム7番等を使ってKijowska又はZabkowskaで降りるのが一番便利です。あるいは、ワルシャワを東西に走っているメトロ2号線のMetro Wilenska駅からも徒歩7分程でアクセスできます(メトロは日中ガラガラなので、使うならこちらのほうが便利かも知れません)。

 

営業時間は平日の9時~18時。利用料は無料で、高速の無料インターネットが使えます。コワーキングスペースがあるので、席が空いていれば利用することができます。

 

なお、Google Mapで場所を調べる際は「Campus Warsaw」と英語で入力して下さい。「Google Campus Warsaw」と入れてもヒットしません。

 

外観は

img_1903

↑こんな感じで、とてもじゃないですが起業家が集まる場所には見えませんね(笑)。

 

img_1910

↑ここが入口なので、ドアを押して入ることができます。

 

Google Campusは3階建てのようですが、今回は1階(地上階)しか使わなかったので、上の階の様子までは分かりませんでした。

 

Google Campusを初めて利用する場合

ワルシャワ在住の方であれば、以下のページの「Become a member」から無料登録をして足を運ぶのがベターです。

https://www.campus.co/warsaw/en

「スタートアップに興味があるのか」等、細かいことも聞かれますが、別に興味がなくても大丈夫です。

登録をすれば、メールアドレスに「登録完了メール」が届くので、あとはCampusに足を運びましょう。受付で「先日登録をした」と伝えれば、そこにあるパソコンに自分の名前を入力すれば手続きを進めることができます。

 

受付で、パンフレット等が入ったパックを頂きました。

img_1917

img_1918

↑これはパックとは別に渡されたものですが、左側がインターネットのSSIDとパスワード。パスワードは時々変更になるようです。右側は入館証で、これを持っていけばオートロックを解除することができます。

img_1919

コーヒー1杯無料券。Campus内にカフェがあります。

img_1920

↑これはノートパソコンに貼るステッカーですね。僕はパソコンにはステッカーは貼らない派なんですが、このステッカーだったら貼ってもいいかもですね…。

 

なお、旅行等でワルシャワを訪れる場合は、「数日だけワルシャワに居るので見学だけさせて欲しい」と受付で伝えれば、特に登録などすることなく入れるようです。

参考記事:グーグルキャンパス・ワルシャワへ行って来ました(外部リンク)

 

スポンサードリンク

ただ、登録無しで1回利用の場合は利用者キットをもらえるのかどうか不明なので、旅行でもステッカーなどが欲しい方は、事前に登録して行かれることをオススメします。

 

Campus内の様子

今回は写真を殆ど撮れていませんが、以下雰囲気だけでも味わって頂ければ。

img_1912

img_1913

img_1914

↑これは講演やレクチャーで使うエリアのようです。

img_1915

↑今回利用したエリア。

 

僕は仕事柄、コワーキングスペースは使わない(使えない)派なんですが、今回Campusに行って思ったのは「案外静か」だということです。日本ではコワーキングスペースに行ったことがあるんですが、もっとガヤガヤしているというか、とてもじゃないですけど落ち着ける空間ではありませんでした(しかも値段が高いし)。

 

ここは、Googleが大元だからなのか、まったくそんな煩わしさはなく、むしろ「コワーキングスペースってこんなに静かなのか」という驚きがありました(ただ、今回使った椅子は硬かったし、外付けディスプレイもないので、僕の場合ここの利用は相当限られそうですね)。

 

今後のCampus活用法

僕は今後も、仕事での利用はほぼゼロですが、本業以外の打合せ等で月に数回使うことはありそうです。あるいは、どんなスタートアップがあるのかを調べてみるとか、ですね。

 

他には、こういうスタートアップに投資をする、というのは将来的にアリかもですね。ポーランドに長く住むのに、投資家ビザなんて取れないか、ともふと思いました(そもそも投資できるだけの蓄えがまだまだありませんが)。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回Google Campusを使ってみて、思った以上に落ち着いた空間だったので、スタートアップやベンチャー等の分野に興味がある方は、是非一度足を運んでみられることをオススメします。歴史や芸術とは違った視点から、ポーランド(ワルシャワ)について知ることができるかもしれませんよ。

 

※アイキャッチ画像はこちらから拝借しました

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー