ベルリン~ワルシャワの移動方法まとめ。便利なのは鉄道・バス・飛行機のどれ?

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

ドイツの首都・ベルリンとポーランドの首都ワルシャワは距離が580kmほどで、陸路での移動もしやすいため一緒に訪れる方も多いのではないかと思います。

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

 

スポンサードリンク

このブログでは3年ほど前に、ワルシャワ~ベルリンで夜行バスを利用した話をまとめているのですが、そのバス会社も同区間の運行はなくなってしまっているため、最新情報を更新することが長い間できていませんでした。

 

スポンサードリンク

ですので、この記事では2019年7月現在の最新情報として、ベルリン~ワルシャワの移動方法をまとめておきます。

 

では、バス、鉄道、飛行機の順に見ていきましょう。

 

①約8時間かかるバス。価格競争力は高いが所要時間がネック

 

ベルリン~ワルシャワ間には、1日に数本の長距離バスが運行されていて、所要時間は約8時間。

 

ドイツが拠点のFlixbusの価格競争力が高く、最安値は片道20ユーロほど。

 

8時間弱の所要時間なので夜行バスも走っているのは、この区間のバスのメリット。運転間隔は2時間に1本ほどなので選択肢は多いですが、昼行便を利用すると移動だけで1日が潰れてしまうので、安さ(+宿泊費の節約)重視で、夜行バスでの利用が現実的でしょうか。

 

ただ、僕が昔利用した時は、座席のリクライニングも使えて快適でしたが、さすがに8時間の移動となると腰が痛くなるので、よほど旅費を節約したい方以外はオススメしません。

 

②一番有名な鉄道。6時間未満で、総じて「中程度」

 

2つ目の方法は、恐らく同区間で一番有名な鉄道移動。なんと言っても、特急列車の名前が「ベルリンワルシャワエクスプレス」なので、以下に両都市間移動の肝いり列車であるかが分かります。

 

こちらは、バスより2時間以上速い5時間40分前後での移動となります。所要時間の関係で夜行列車は運転されていませんが、明朝発から夕方発(目的地には深夜着)まで、日中4本往復運転されています。

 

2019年7月現在での運行スケジュールは、以下のとおり。

 

ベルリン中央駅発 ワルシャワ中央駅着 ワルシャワ中央駅発 ベルリン中央駅着
5:43 11:19 5:35 11:16
9:37 15:24 9:06 15:16
12:37 18:31 12:25 18:16
16:43 22:20 16:25 22:16

 

明朝発の列車に乗るのは現実的ではないので、昼間に始発駅を発って夕方以降に到着する、後の列車2本から選ぶのが妥当でしょうか。

 

運賃は、オンラインで購入チケットで最安30ユーロ前後から。

 

チケットの値段と時刻は、trainlineで調べましたが、ドイツ国鉄の公式サイトなどでは「セーバー運賃」での販売も、座席数限定でされているかもしれません。

 

確実なのは、ベルリン駅やワルシャワ駅の国際線窓口でチケットを発券してもらうことでしょうが、正規運賃での精算になる可能性が高いので、ネットで格安チケットが取れるのであれば、それに越したことはありませんね。

 

なお、ベルリンとポーランドを結ぶ国際列車には、この「ベルリンワルシャワエクスプレス」とは別に、ベルリン~ポズナン~ビドゴシュチュ~グダンスク、と、バルト海沿岸を結ぶ列車も一往復しており、ポズナン乗り換えで移動をすることもできます。これを含めると1日5往復の運転となるので、こちらも興味があれば調べてみるといいでしょう。

 

 

③一番速くて手頃な飛行機

 

最後に紹介するのが飛行機ですが、包み隠さずに言うと、飛行機が一番楽です(笑)

 

2019年7月現在、LCCのeasyjetがダブルデイリー(朝晩)、ポーランド航空がトリプルデイリー(朝昼晩)それぞれ運転しており、easyjetであれば往復1万円を切るチケットも、時期や曜日によっては手にすることが可能です。

 

ベルリンとワルシャワのフライト時間は1時間10分ほど。更に嬉しいのは、ワルシャワはショパン空港、ベルリンはテーゲル空港と、両エアラインが全て、LCC専用空港ではなく国際空港を利用してくれること。

 

ワルシャワ空港もテーゲル空港も、市内までの移動が30分ほどで済むので、空港での待ち時間を含めても3時間~3時間半ほどで移動できてしまうのは非常に嬉しいです。

 

ポーランド航空は割高なので、ANAマイルを貯めるなど、よっぽどの理由がない限りはeasyjetを利用するのがいいと思います。easyjetだと片道チケットでも購入できるのが嬉しいですね。

 

航空券の検索は、言わずと知れたスカイスキャナーで。easyjetの場合、手荷物の個数や手数料のチェックを公式サイトでしたほうが割安でチケットを買える場合もあるので、まずスカイスキャナーで串刺し検索をしてから、公式サイトで最終確認をしてみましょう。

 

ヨーロッパに住んでいて、大きな荷物もなく旅ができるなら、ベルリン~ワルシャワの移動は飛行機が一番手頃で速い、快適な手段になると言えるでしょう。

 

 

ちなみに余談ですが、数年前までベルリン~ワルシャワの空路は選択肢としてほぼ「なし」でした。

 

というのも、もともとこの区間を独占して飛んでいたエアベルリンが経営破綻して撤退、そのフォローに入るためにポーランド航空が就航したのですが、LCCでも何でもないため航空券の値段が高すぎて、移動時間は短いけれど、経済面を考えるとバスか鉄道か、の実質二択でしかありませんでした。

 

その後、いつのタイミングかは分かりませんがeasyjetが就航して、バスや鉄道とも十分渡り合える選択肢となったのでした。

 

LCCが飛んでいる区間は、真っ先に飛行機利用で済ませられないかを考えるのが現代的な発想と言えますね。

 

まとめ

ベルリン~ワルシャワの移動方法の比較はいかがでしたでしょうか。

 

3年前に夜行バスを使って両都市間を移動した経験からすると、バスは「時間はあるけどお金がない」若者向けで、時間もお金もそれなりにあって、ちょっと贅沢した時間を味わってみたいのであれば鉄道、飛行機はチケットの値段を調べて、バスと同じくらいであれば迷わず利用する、というような使い分けがいいのではないかと思います。

 

数年前はこれだけ選択肢もなかった、ベルリンとワルシャワの移動方法。自分に一番合った方法で快適な旅をして頂きたいと思います。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー