ベルリン~クラクフの移動方法まとめ。飛行機・鉄道・バス全部使えるけれど…

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ドイツとポーランドを旅行するときに、ベルリンと、アウシュビッツやヴィエリチカ岩塩坑のあるクラクフをダイレクトに移動する方も多いのではないかと思います。

スポンサードリンク

 

今回はそんな方のために、両都市の移動方法を飛行機、鉄道、バスの3通りで比較しました。

スポンサードリンク

 

 

①飛行機はライアンエアーが毎日運行

 

ベルリンとクラクフの距離は約600km。鉄道、バスともに使える距離ではありますが、時間と体力を節約するならLCCのライアンエアーが飛んでいるので、こちらを使うのがオススメです。なお、LCCではありますが、ベルリンの空港はシューネフェルドではなく市内から近いテーゲル。これは地味に嬉しいポイントです。

 

フライトは1日1往復で、クラクフを朝6時に出発してベルリンには7時20分に到着。ベルリンからの復路は、曜日によって時間が若干異なりますが、朝の7時45分か8時ちょうど。クラクフ行きもフライト時間は1時間20分です。

 

朝一での移動というのが唯一のネックですが、夏季でもチケットの最安値は片道2500円ほど(ハイシーズンを過ぎると、片道1000円くらいでの利用もできるようです)。LCCなので、機内に2つ荷物を持ち込むときには追加料金がかかってしまいますが、それらを含めたとしても5000円ほどでの利用が十分にできて、かつ移動時間を節約できるのは大きいですね。

 

チケットが安い日を狙ってベルリンとクラクフを飛行機で移動してみることを、真っ先に考えてみたいものです。

 

ライアンエアーの航空券検索は、こちらの公式サイトから。

 

 

②鉄道は夜行列車でのんびりと

 

2つめの選択肢は鉄道。距離の関係で、直通列車は夜間のみ1本の運行です。

 

一般的に、ヨーロッパの夜行列車は寝台車、クシェット(簡易寝台車)、座席車(一等車と二等車)の混成になっていることが多いですが、この夜行列車は寝台車のみの連結となっているようです。チケット代金は、国際列車のためオンラインでの確認ができず、またオンラインでの予約もできないため、駅の窓口で確認するしかありませんが、恐らく寝台料金を合わせて6000円程度ではないでしょうか(座席車が連結されている場合は、更に安いチケットもあります)。

 

列車のダイヤは、ベルリン発クラクフ行きが、ベルリン中央駅18時51分発のクラクフ中央駅翌5時15分着。出発到着ともに、ちょっと早いかなという感じがしますね。

 

対して、クラクフ発ベルリン行きは、クラクフ中央駅を22時14分に出発して、ベルリン中央駅には翌9時06分着。こちらのほうが、夜は遅めの出発ですがベルリンにちょうど良い時間帯に着くので、利用の勝手は良さそうです。

 

 

この列車は途中、カトヴィツェ、ヴロツワフにも深夜帯ながら停車をするので、クラクフ以外のこれらの街とベルリンを移動するときにも、考えてみたい選択肢です。

 

③バスは昼行・夜行ともに運行。移動時間は8時間30分ほど

 

最後は高速バス。ドイツ発・今や全欧そしてアメリカにも進出している、緑色の車体が目印のFlixbusが1日6往復運行しています。

 

こちらは、8時間~9時間ほどの移動時間で、昼行と夜行では少し移動時間に差があります。

 

夜行の場合、ベルリン発はベルリンバスターミナルを23時55分に出発して、クラクフバスターミナルには翌9時の到着。逆にクラクフ発ベルリン行きの夜行は、21時10分に出発して翌6時05分に到着するものと、日付が変わった0時10分に出発して朝の8時35分に到着するものがあります(ベルリン発クラクフ行きのもう1本の夜行バスは、ベルリン午前3時前発と、非常に不便な時間帯の運行となっています)。

 

昼行のバスは複数運行しているので、公式サイトから調べてみて下さい。

 

 

飛行機・鉄道・バスのどれを使うのがいいのか?

 

さて、ここからは完全に僕個人の考えになりますが…。

 

ベルリンとクラクフを移動するなら、まずは飛行機の利用を考えます。特にベルリンからクラクフに行く場合は朝一ではありますが早すぎないので、市内から空港までの移動も含めて、負担が大きすぎないと思いますね。

 

逆に、クラクフからベルリンに行くのであれば、飛行機は少し早すぎるかなあ、という感じ。朝6時の出発だと、遅くても5時には空港に着いておかないといけないので、クラクフの宿を4時半頃に出る必要がありますね。

スポンサードリンク

 

クラクフからベルリンに行くときは、夜行列車の利用を第一に考えますが、これもあまり眠れないかもしれないので、あえてクラクフからワルシャワに行って1日だけ観光をして、翌日ワルシャワからLCCを使ってベルリンまで飛ぶ、といった、経路の見直しも含めて考え直すと思います。

 

バスは正直、全身に負担がかかりすぎるので僕は使いません。20代前半~中盤までで、ただ旅をするのであれば検討の余地ありですが、どうしても窮屈な車内で8時間ほど揺られるのは、ストレスがたまって旅も楽しめなくなるので、オススメはしません。

 

他にも、クラクフとベルリンの間にある街に立ち寄ってみるのを考えてみるのもいいかもしれません。

 

ベルリンとクラクフは、直接移動するには少し離れていて、かつ移動方法も限定的なのかなという印象です。

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー