【ワーホリ・留学生向け】ポーランドで銀行口座を開く方法

この記事は3分で読めます

スポンサードリンク

ワーホリや留学で海外に長期滞在するとなると、問題になるのが現地での銀行口座です。

スポンサードリンク

銀行口座が必要になるのは、例えば家賃の振り込みや(留学の場合)日本からの仕送り、(ワーホリの場合)アルバイト料の振込などの状況も考えると、簡単に想像できると思います。(僕も、日本にいる間に海外送金を利用して家賃一ヶ月分と保証金は振り込みましたが、こちらではきちんと銀行口座を持って、家賃や光熱費は支払います)

 

スポンサードリンク

銀行口座については、こちらに到着した2日後には開設したので、その方法をここにまとめておきます。

 

①どの銀行を選ぶか

こちらの友人にも助けてもらって調べてもらったのですが、どうやら銀行にも幾つか種類があるようです。

結論を先に言うと、僕たちのような「ワーホリ・留学生」として海外から来た場合、

・パスポートだけで口座を作ることができる

銀行を選ぶ必要があります。そして当初僕は、この情報をもとにAlior Bankに行ったのですが、この銀行は「こちらで給料等の支払いがない場合、口座を作ることができない」と言われ、結局口座を作ることができませんでした。

そうなんです、銀行によっては「ポーランド国内の企業から給料やアルバイト料を銀行口座に振り込んでもらう」という条件をクリアしていない場合、たとえパスポートを持っていても口座が開設できないことがあるようです(Alior Bankがそうだったわけです)

 

そこで、これも友人に調べてもらったのですが、

Millenium Bank と

ING Bank

の二行は、「パスポートのみで」「給料等の振込をしてもらわなくても」口座を作ることができるようです。

ここは友人のアドバイスに従って、「スタッフが英語も使える」Millenium Bankに行ってきました。(支店はワルシャワ市内の至る所にあるので、Googleで検索をして最寄りの支店を調べて足を運んでみましょう)

 

口座開設に必要なもの

これは、

・パスポート に加えて、

・SMSを受信できる携帯電話

が必要です。(SMSで、ネットバンクにログインするためのワンタイムパスワードが送られるため)

 

ですので、銀行口座の開設の前に、ポーランド国内で通話やSMSの送受信ができる携帯電話(SIMカード)を入手しておきましょう。僕の場合、SIMフリーのiPhone 6にorangeのプリペイドSIMを挿入して、ポーランドで使えるようにしています。

 

実際に支店の窓口に行ってみよう

あとは、窓口にいって説明を受けながら、必要な書類や情報を伝えれば口座は開けます。

スポンサードリンク

Millenium Bankの場合、窓口で「普通口座を開きたい」と伝えたら、「Konto 360°というサービスがいいですよ~」と紹介してくれました。このサービスは、

・口座維持手数料無料

・振込手数料無料

というサービスで、ポーランド国内で一番メジャーなサービスらしいのですが、「無料」にするには二つ条件があって、

①口座開設の2ヶ月後から、毎月1000ズロチ以上預金をしなければならない

②口座開設時に発行されるデビットカード(兼キャッシュカード)で、毎月一回以上買い物をしないといけない

というものです。少し補足しますと、

 

①ATMや窓口で、1000ズロチ以上を「預け入れ」しないといけません。これが恐らく、他行での「ポーランド国内からの給料の振り込みを受ける」条件の変わりになるものだと思うのですが、僕の場合幸いにも(?)、アパート家賃が約2000ズロチなので、毎月国際キャッシュカードで2000ズロチは降ろして、それを預け入れすることで解決できそうです。

 

②デビットカードはクレジットカードみたいなものですが、銀行口座と紐付けされていて、カードで支払い手続きをした瞬間に、口座から支払金額分が引き落とされるしくみです。(クレジットカードはあくまで「お金を借りる」システムですね。)

これは友人曰く、「市内のカフェとかで普通にデビットカードは使えるから、コーヒー一杯だけでも買えば条件はクリアできるよ」ということ。

もちろん、その分預け入れる金額は多めにしないといけないのですが、とにかくこの①と②の両方を満たせば、口座維持手数料はかかりません。

 

そして、万が一①と②の条件をクリアしなかった場合はどうなるのかというと、口座を使うごとに手数料がかかります。詳細は忘れましたが、口座維持費として7ズロチ、他にも振り込み手数料などで数ズロチかかるようです。(決して、口座が凍結されるなんてことにはなりません)

 

こういう説明を受けた上で、口座開設に同意をすれば、パスポートを見せる他に、自分の生年月日やポーランド国内の住所、携帯電話番号、あとは両親の名前と母親の旧姓などを伝えて、口座開設そのものは完了します。

 

説明を受けるのに時間はかかりますが、30分あれば余裕でできるでしょう。

 

この時はデビットカードは発行されず、この時に伝えた住所宛に数日後到着します。

 

これが届いた後に、デビットカードのアクティベーションをする必要があるのですが、これはまた、別の記事でまとめようと思います。

 

【まとめ】思っている以上に口座開設は簡単

このように、最低限の書類と情報だけ持っていけば、口座そのものは開設できます。これははっきり確認できていませんが、開設時にお金を預けなくても口座は作れる(つまり、残高ゼロで口座が作れる)はずです。(僕はこの時に、2000ズロチ預けたので、詳しくは分かりません…)

 

というわけで、口座を作ることそのものは簡単ですから、ポーランドに到着してできるだけ早めに、作っておきましょう!

 

では、素敵なポーランド生活を!

 

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー