たつやの記事一覧

  1. ヨーロッパの中でも、特に物価が高いと言われるスイス。 今回は、3日間の旅行で実際に買い物をした際のレシートを参考にして、スイス旅行時の物価の目安を主に食費(外食費)、旅行費(交通費・宿泊費)についてまとめたいと思い…

  2. ヨーロッパの永世中立国・スイスは、ヨーロッパの中でも一二を争う物価の高さで有名です。 その物価のえげつなさについてはまた別の記事でまとめる予定ですが、いちいち物やサービスの値段が高いので、他の国と合わせて旅行をすると、その高さが際立っ…

  3. 今回は、ヘルシンキ空港のシェンゲン内エリアにある、プライオリティパスで使えるラウンジ「Aspire Lounge」の利用レビュー記事です。 この記事はヘルシンキのシェンゲン圏内エリアにあるので、日本からフィンエアー…

  4. 南コーカサスに位置するグルジア(ジョージア)の北東部にある、メスティアと秘境ウシュグリ。グルジア旅行で訪れたいエリアの1つですが、ネックは首都・トビリシからも、LCCが乗り入れる西部・クタイシからも陸路で移動すると時間がかかりすぎることです…

  5. このブログでも度々紹介している、世界の空港ラウンジが利用できる専用カード「プライオリティパス」ですが、ここ数年で新しくなされている取り組みとしては、空港にあるレストランとの提携で、プライオリティパスを提示すれば特定のメニューが食べられたり、…

  6. 海外での長期生活の際には、買い物や付帯保険など、クレジットカードはなくてはならない必需品。ただ、あまりにも多くのクレジットカードが出回っていて、「どのカードを使えばいいの?」という悩みを持っている方も多いと思います。 …

  7. フィンランドのヘルシンキにあるヴァンター空港は、フィンエアーの拠点となる空港。ヘルシンキはアジア~ヨーロッパを最短距離で結ぶ場所にあるため、フィンエアーはその「地の利」を存分に生かして他の航空会社としのぎを削っています。 …

  8. ハンガリーのブダペストと、その南に位置するセルビアのベオグラードは、バスで約6時間(国境審査が別途有り)、鉄道だと約8時間の移動距離。バックパッカーをはじめとして、これらの国を旅行する際はバスの利用が8割、鉄道の利用が2割くらいのシェアにな…

  9. このブログでは、これまでに何度も、ブダペストの日本食レストランを紹介してきました。 https://jiyuugatanookite.com/polandlife/okuyamasushi-4906.html …

  10. 東欧・ルーマニアのフラッグキャリアはタロム・ルーマニア航空。日本を結ぶフライトは飛んでいませんが、ヨーロッパ各地にネットワークを持っていて、ルーマニアに空路で移動する場合は、乗り継ぎ便を含めてタロム航空を利用することも多いでしょう。 …

  11. セルビアの首都、ベオグラードにあるニコラ・テスラ国際空港は、セルビアに空路で訪れる際の玄関口。 今回は、そんなニコラ・テスラ国際空港から飛行機を利用する際にプライオリティパスで使えるラウンジ「Business Cl…

  12. この前、所用でブルガリアのソフィアに行ってきたんですが、出かける前にネットを調べていて出てきたのが、とあるカジノで食べられる無料の食事情報です。 ソフィアのバスターミナル・鉄道駅から徒歩数分のところにあるプリンセス…

  13. スロベニアの首都、リュブリャナの北約25kmに位置するリュブリャナ空港は、スロベニアに空路で出入りする際の入り口となります。 スロベニアの定番観光スポットといえば、ブレッド湖とリュブリャナ市内(旧市街)ですが、リュ…

  14. 2018年12月にチェコのプラハに旅行をした際は、ブダペストからライアンエアーを使って空路で移動をしました。 そのとき、プラハからブダペストに戻る際にプライオリティパスを使ってプラハ空港のラウンジを使ったので、その…

  15. 東にトルコ、西にセルビアやマケドニアが接しているヨーロッパのブルガリアは、バックパッカーにとってはヨーロッパとアジアを行き来する際の結節点となっており、普通の旅行でもソフィアのアレクサンダー大聖堂、世界遺産のリラ修道院、廃墟の要塞があるヴェ…

  16. ハンガリーのブダペストと、クロアチアのザグレブは距離が近く、5時間ほどで陸路で移動できてしまいます。 その距離の近さ故飛行機は飛んでおらず、公共交通機関を使うならバス(FlixBus)か鉄道(国際列車)の二択。 …

  17. ヨーロッパに一番近いアフリカの国の1つが、かつてフランスの植民地支配下にあったモロッコです。 特に、ヨーロッパ各国からもLCCで直行で行けるマラケシュは一番人気の観光地で、フナ広場などマラケシュ市内の観光と合わせて…

  18. これまで40ヶ国以上を旅してきたんですけれど、飛行機とかバスとか宿とかで、時々「トンデモ」な旅人に出会うわけです。 別に、ドミトリーで泊まっていていびきをかく、とか、そういうのじゃないですよ。それはなんというか、致…

  19. チェコと聞いて多くの方が真っ先に思い浮かべるのは、スメタナの「我が祖国」(ブルダヴァ)でしょうが、芸術の世界で忘れてはならないのが作家のカレル・チャペック。また、ストーリーテラーの間では有名なチェコのアニメ「もぐらのクルテク」もあります(他…

  20. 今回は、ポーランドの首都・ワルシャワとハンガリーの首都・ブダペストの移動方法についてまとめます。 ポーランドとハンガリーを旅行する場合、ワルシャワ~ブダペストよりもクラクフ~ブダペストを移動することのほうが多いと思…

RETURN TOP

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!