1. 日本とヨーロッパを結ぶ10時間を超える長距離フライトでは、機内でどう過ごすかもすごく大切。機内エンターテイメントで映画を見たりゲームをしたりしても、潰せる時間には限度がありますし、かといって本を読み続けるのも大変です。 …

  2. 海外旅行で買い物をするときに使える「免税制度(税金還付、消費税還付、付加価値税還付とも)」は、恐らく海外旅行に行く方であれば、誰でも一度は調べたことがあると思いますし、実際にこの制度を利用されたことがある方も多いのではないでしょうか。 …

  3. ドイツ南部、バイエルン州のオーストリアアルプスの麓にあるノイシュヴァンシュタイン城。シンデレラ城のモチーフにもなったと言われ、ヴュルツブルクを起点とするロマンチック街道の終点に位置するこのお城は、ヨーロッパに行ったことがない方でも名前をご存…

  4. 2019年10月に一時帰国をしたときに、まさかの「フライトキャンセル」を経験してしまって、楽しみにしていた一時帰国の出鼻をくじかれた格好になってしまいました。 今回は、体験したくてもなかなかできない(?)、フライト…

  5. 2019年の10月、一時帰国の際にルフトハンザ742便・ミュンヘン発関空行きのフライトをビジネスクラスで利用しました。 もともと、ブダペスト→ミュンヘン→上海→関空、というフライトを予約していたのですが、機材トラブ…

  6. 東欧のルーマニアを拠点にするLCC・ブルーエアー(Blue Air)を利用する機会が、先日ありました。 ヨーロッパの他のLCC同様、手荷物規定など全般的に厳しめのルールなのですが、予約からチェックインの際に、手荷物…

  7. オーストリアの首都・ウィーンとハンガリーの首都・ブダペストは、直線距離で230kmの距離の近さで、かつて両国はオーストリア・ハンガリー二重帝国を形成したこともあり、旅行の際に合わせて訪れてみたい国であると同時に、その近さから一緒に訪れる方も…

  8. この秋で30歳になったんですよね、僕。 20代という、色々つらいことも楽しいことも経験した濃密な10年が終わって、ついに次のステージに突入したのか、って思ってしまうことがあって。 もちろん…

  9. フリーランスITエンジニアのための求人・案件サイト「レバテックフリーランス」に、弊ブログの記事をご紹介頂きました。 海外で活躍したいあなたに向けた参考記事まとめ この中で、中期~長期にわた…

  10. 今回は、ウィーン空港とウィーン中央駅・ミッテ駅を鉄道で移動する方法について解説します。 ウィーン中央駅はバスターミナルが隣接していたり、周辺国への長距離列車が発着する言わずとしれたターミナル駅で、ミッテ駅はウィーン…

  11. オーストリアのウィーンとハンガリーのブダペストは、直線距離で約250kmにあり、鉄道やバスを使って3時間ほどで移動することができてしまいます。 今回僕は、オーストリア国鉄(OBB)が誇る高速列車「Railjet(レ…

  12. ベルリン・テーゲル国際空港はベルリンの北西部にある、フラッグキャリアが多く発着するベルリンのハブ空港の1つ。1948年のベルリン封鎖時に建設され今まで使われてきていますが、2020年に開港予定のシェーネフェルト空港(LCC空港)を拡張して作…

  13. ミュンヘン空港は、ルフトハンザの羽田便、関空便、そしてANAの羽田便の3つのフライトが就航している、日本人にとって利用する機会の多いヨーロッパのハブ空港です。 今回は、このミュンヘン空港での免税手続きの方法について…

  14. クロアチア南西部のイストリア半島にある街・プーラは、同半島(イストラ郡)の最大の都市。 アドリア海に面し、観光業はもちろん造船業、漁業も栄えるこの街は、中世から近世にかけてはヴェネツィア共和国やオーストリア(後のオ…

  15. ミュンヘン空港は、日本との直行便が複数飛んでいて(羽田線・ANA、羽田線・ルフトハンザ、関空線・ルフトハンザ)、ドイツ旅行やヨーロッパ圏内乗り継ぎの入り口となる大きなハブ空港。また、ミュンヘンはバイエルンアルプスの麓にあるノイシュヴァンシュ…

  16. ノルウェーの二大自然絶景ポイントと言えば、「トロルの舌」と今回紹介する「プレーケストーレン」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 これらは共に、大自然が作り出したフィヨルドの断崖絶壁に沿って景色を楽しむ、ノ…

  17. ノルウェーを旅行するときに、首都のオスロとプレーケストーレンの入り口となるスタヴァンゲルを合わせて訪れる方も多いと思います。 僕は2019年8月にノルウェーを旅行した際に、スタヴァンゲルに空路で入りプレーケストーレ…

  18. ノルウェーのスタヴァンゲルは北海油田に近い、ノルウェー南西部にある港湾都市で、リーセフィヨルドの絶景を見られるプレーケストーレンへの入り口となる街でもあります。 スタヴァンゲルには、オスロから鉄道、飛行機、バスで訪…

  19. ポーランドの首都・ワルシャワは日本食レストランやラーメン屋さんの激戦区なのですが、ワルシャワ中央駅からすぐの場所には廉価ですごく美味しい「PEKOPEKO」があります。 今回はこのレストランを紹介します。 &…

  20. マルタにあるルア国際空港は、国内唯一の空港であり、マルタに訪れる人の99%が必ず使う場所。 このマルタ国際空港にも、プライオリティパスで使えるラウンジが1つありました。そしてこのラウンジは、今まで僕が使ってきたプラ…

RETURN TOP

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー