シベリア鉄道でユーラシア大陸横断(4)~中国モンゴル国境(中国側:二連)

この記事は4分で読めます

スポンサードリンク

今回はシベリア鉄道旅行記の続き。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

近づく中蒙国境。漆黒の闇の中、列車は二連に到着

張家口を出発して、22時前に列車はモンゴルとの国境・二連駅に到着しました。(地図だと二連浩徳(にれんほと)となっている場合もあるようです)

スポンサードリンク

 

ここで、中国出国からモンゴル入国のパスポートコントロールが行われます。

スポンサードリンク

そして、実はこの中蒙国境越えでは、鉄道ファン必見の「儀式」も行われるのですが、それは追い追い書くとして……。

 

まずは、中国出国のための税関審査があります。

img_0477

↑こういう書類が予め渡されているので、二連到着までに記入しておきます、二連駅に停車中に係員が乗り込んで、まずは税関書類の回収、次に別の係員(国境警備隊?)が乗り込んできて、パスポートと出国書類(どの便に乗っているのか、とかを書いた書類)を渡します。

 

手荷物検査は、税関審査のときに行われます。といっても、個室内にあるあらゆる荷物を係員がざっと確認しただけでしたが。

 

パスポート審査の間、特にすることはないので乗客は車内で暇にしています(笑)。なお、これはシベリア鉄道全般に言える注意点なんですが、駅に停車中はトイレが施錠されて使えないので、必ず列車が動いている間に用を済ませておきましょう(列車によっては、駅に到着10分前から出発後10分くらいは使えない場合もあります)。

これは、トイレでしたものをそのまま路線脇に垂れ流すというシステムを取っているからなんです。日本のように、廃棄物だけ回収して車両の底についた設備で濾過、なんてことはしていません。

 

ちなみに、この国境審査中は「列車の外に出るのは厳禁」です。なので、本当に個室の中でおしゃべりするか、本を読むか、それくらいしかすることがありません。

 

そして、1時間くらい経つと、中国出国のスタンプが押されてパスポートが返ってきます。

 

この時点で、時間は22時50分くらい。ここから更に、客車は2時間ほど停車するのですが……

 

出発時間でもないのに突然客車が動き出した!?

出国審査が終わったら、一応乗客は外に出ることができます。国境の町なので、余っている中国元を使い切ったりすることもできると思いますし、実際に乗客の半分くらいは客車を降りて、駅周辺に出かけていきました(夜食を買ったり、トイレに行ったりというのもあるようです)

img_0479

↑これが二連駅の駅舎のようです。(客車内から撮影)

 

が、審査が終わってしばらくすると、機関車の汽笛と共に、いきなり列車が進行方向に向かって動き出したではありませんか!!

 

実際、数十人の乗客はホームに出ていたので、めちゃくちゃ慌てています。「え、俺たちを置いて出発しちゃうの!?」みたいな。

 

が、これには実は理由がありまして……

 

スポンサードリンク

鉄道ファンでなくても必見!工場見学を無料で体験できる!!

この時、客車が向かったのは、実は駅の外にある車庫。

実は、巷では有名な話なんですが、中国とモンゴル・ロシアではゲージ(線路の幅)が違うので、ここで台車の交換をしないといけないんです。

そして、これが面白いんですが、普通は乗客を降ろしてそういう作業はするものだと思うんですが、ここではなんと、乗客を客車に入れたまま、客車を向上に突っ込んで台車の交換作業をするんです(笑) いわば「鉄道の旅を楽しみながら、工場見学も無料で付いてくる」というやつです(そんなサービス、他にないか)。

 

では、実際にどんな手順で作業が進むのかというと…

①客車(全15両)を機関車が引っ張って、駅の外れにある工場の手前まで移動

②客車を前後二つに切り離す(恐らく、8両と7両)

③前後それぞれを、左右2つの線路に分けて工場内に入れる

という手順を踏みます。

dsc_0492

侵入直後の工場内はこんな感じで、客車は見当たりませんが台車だけ腐るほどあるという、なかなかシュールな光景です(笑)

dsc_0493

dsc_0496

そしてここからが面白いんですが……

 

④各車両を更に1両ごとに分解

します。

img_0485

↑客車の先端から見ると、確かに前の客車が切り離されています。

 

そして、

⑤客車をジャッキで持ち上げる

ことで、台車と客車本体を切り離します。

dsc_0498

↑窓を開けると、ジャッキが見えます。

dsc_0499

↑こんな感じ。

dsc_0501

↑この写真の状態は、まだ持ち上がっていなかったと思います。

dsc_0502

↑分かりづらいですが、右側にレールの溝が2つあるのが分かるでしょうか?

レールは一本ですが、その外側に少し溝がありますね。

中国のレール幅 > ロシア・モンゴルのレール幅、なので、恐らくこの外側の溝に中国用の台車が、内側にロシア用台車があるのでしょう。

スポンサードリンク

dsc_0505

↑ジャッキで持ち上げた後の様子。僕の乗っていた客車は前よりだったからか、先に作業が進んでいくようです。

乗客が全員客車の隅に集まって、深夜の工場での作業を興奮しながら見守る、というのもなかなか現実離れしていますね(笑)

 

ただ、個人的に気になるのが、レール幅が異なると、台車の中心もずれるはずなんですけど、それどどうやってしのいでいるのかということですね…。客車の台車受けに空間的にバッファーがあって、台車の中心がずれでも問題ないようにできているのか、よく分かりませんでした。

ジャッキ客車を持ち上げた後は、

 

⑥台車を一斉に横滑りさせてゲージの違う台車を導入

します。

dsc_0506

dsc_0507

img_0497

これはこれでなかなかシュールでした。動画を撮っているので、改めてアップしないといけませんね…。そのほうが臨場感が伝わると思うので。

dsc_0509

dsc_0510

dsc_0511

これ、工場見学そのものですよ。ツアー日程には書かれていませんでしたけど(笑)

 

img_0504

僕たちの客車群は、台車を交換し終えました。隣では作業が続いています。

img_0505

こんな光景、世界でも10箇所くらいしか見られないんじゃないでしょうか。

img_0506

 

⑦一連の作業を終えたら、駅に向かいます。

ここでは、前の車両群を再度連結した後に進行方向(工場の前方)に一度出した後、逆に進んで後方の車両群とドッキングさせて、そのまま二連駅のホームに戻っていきます。

img_0512

↑これは作業工程表。拡大したら詳しく見ることができます。漢字なんで、イメージだけでも掴めるんじゃないでしょうか。

img_0513

img_0514

二連駅に戻ってきました。ここで、客車を出ていた人達とも感動の再会。(工場見学を見たければ、トイレは二連到着前に済ませてずっと車内で粘っておきましょう!!)

 

ちなみに、台車交換したあとはどんな感じなのかといいますと…

dsc_0512

実はこの駅、レールが4本あるんですね。

この写真は台車交換後なので、こちらのほうがゲージが狭いんですが、この写真で車輪が載っていないレール2本が、中国のレール幅です。

なので恐らく、「北京からモスクワまで、一本のレールで行けるんだ!」というのは、ここでレールが切れているので厳密に言うと間違いですね…。

dsc_0515

dsc_0516

夜の二連駅。

この時点で0時を回っていたと思いますが、疲れも忘れるほどの興奮を覚えることが出来ました。これは鉄道ファンでなくても、絶対に感動(というか、純粋にびっくり)するスポットだと思いますよ。

 

このあと、列車は闇を抜けてモンゴルに突入です。

 

【お知らせ】

2016年7月に旅した、北京~ワルシャワ間のシベリア鉄道の旅の写真集を出版しました。車窓風景はもちろん、車内や途中で立ち寄った街の景色もこちらでお楽しみ頂けます。Kindle本で、Kindle Unlimitedに登録済みの方は無料でお楽しみ頂けます。

 

TRANS SIBERIAN JOURNEY 北京からワルシャワまで足かけ2週間 「裏」シベリア鉄道写真集 

スポンサードリンク

スポンサードリンク
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

ブログ運営者について

こんにちは、たつやです。フリーランスとして翻訳業やコンテンツビジネスに取り組んでいます。 ある程度場所に縛られずに仕事ができることから、2016年から2017年にかけて、ポーランドでワーキングホリデーを使って生活をしていました。2018年の4月からはハンガリーでワーキングホリデーを使って生活をしています。 このブログでは、ポーランドやハンガリーの生活情報、そしてヨーロッパ各地の旅行情報などを主にまとめています。このブログを通して、あなたの海外生活や海外旅行がより実り多きものにして下さいね。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

オンラインレッスンマッチングサイト(スポンサードリンク)

日本語チケット予約サービスVoyagin

日本語チケット予約サービスVoyagin

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

ポーランドワーホリ475日をこの1冊に!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

カテゴリー