ポーランドワーホリビザを申請するのに必要な書類は?

この記事は2分で読めます

今回は、ポーランドのワーキングホリデービザを申請するために必要な書類についてまとめます。

2016年の3月に申請を行う際に自分で調べたんですが、
いかんせん誰もやっていないので情報が少なく、困りました。

そんなわけで、今後「ポーランドでワーホリするよ!」って方にも参考にして頂ければと思います。

スポンサードリンク

ポーランドワーホリビザを申請するのに必要な書類一覧(2016年4月現在)

パスポート

これはいわずもがな、ですよね。
申請時にパスポートの有効期限が1年3ヶ月必要なので、必要に応じて予め更新しておきましょう。

ビザ申請書

これは、ポーランド大使館の専用フォームから申し込み手続きを行う必要があります。

このページは英語でしか表示されません。詳しい操作方法については、改めてブログ記事か動画で説明しようと思います。

ビザ用写真

3.5cm×4.5cmの写真が二枚必要です。
6ヶ月以内に撮影されたものが必要なので、ビザ申請の前日にでも、地元の証明写真スタンドで撮影してしまいましょう。

動機作文

入学試験かよ…って思ってしまいますが、これが必要なんです。
A4一枚でフリーフォーマット。日本語、英語、ポーランド語のどれかで作成する必要があります。

この書類で落とされることはまずないと思いますが、内容としては、ワーホリの趣旨(青少年の文化交流、国際教育)を理解した上で、ポーランドに興味をもったきっかけやワーホリをしたいと思った理由、滞在中に学びたいこと等をストーリーにしてまとめるのがよさそうですね。

航空券の証明書など

以下のどれかが必要です。

・購入済みの往復航空券
・代理店等が発酵する、往復航空券の予約確認書
・航空券を購入するのに十分な資金があることを証明する書類

ビザ申請時に航空券を予約しておく必要は無いので、現実的には「預金証明」を用意するのがいいでしょう。

直近三ヶ月の残高証明

これは、銀行に頼めば発酵してもらえます。
預金口座通帳の現物と写し(提出用)か、銀行からの預金残高証明証明書のどちらかで大丈夫です。

私はネットバンクで通帳がないので、窓口に頼んで書類を郵送してもらいました。

滞在計画書

これも、動機作文と並んで大敵です。
こちらもフリーフォーマットですが、内容としては、いついつまでに住まいを見つける、いついつまでにアルバイトを始める、いついつにどんなことをする(ポーランド語の教室に通う、とか、アウシュビッツに旅行、とか)を、ざっくりとまとめればよいでしょう。

この計画通りに進める必要はありませんし、むしろ進まないのが普通でしょうから、自分がしたいことの棚卸しのつもりで作成してみましょう。

旅行保険加入証明書

これは、以下のどちらかが必要です。
・滞在期間をフルでカバーする保険の証明書
・滞在期間の最初の一定期間をカバーする証明書と、期限が切れた後に別の保険などに加入をして滞在期間をカバーする旨を記した署名いり宣誓書

ちょっとややこしいですね。
簡単なのは、大手保険会社のプランで1年間カバーされる保険に加入して、書類を準備すること。
ただ、これとは別に、最初の数ヶ月はクレジットカード付帯の保険を活用する、という手もあります。
この場合が後者のケースなんですが、この際は「別に保険に加入しますよ」という意思表示が必要になります。

ちなみに私は、後者を利用します。詳しくはまた、別記事で。

以上が「必要書類」一式です。

手間がかかるのは「作文」と「計画書」ですが、それ以外は銀行などに頼めば書類は作ってもらえますから、自分がワーホリ中にしたいこと等をまとめてみて、上手く文章にしてみましょう。

では、今回はこの辺で失礼します。

 

 

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

無料メールマガジンの登録はこちらから

無料メールマガジンの登録はこちらから

オンラインレッスンマッチングサイト

オンラインレッスンマッチングサイト

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

海外フリーランスになるためのノウハウを徹底公開!

僕がポーランドにやってくるまでの話を赤裸々にまとめた一冊。

僕がポーランドにやってくるまでの話を赤裸々にまとめた一冊。

場所に縛られずに仕事ができるようになるまでの軌跡はこの一冊に凝縮!

場所に縛られずに仕事ができるようになるまでの軌跡はこの一冊に凝縮!

ブログ運営人は私です!

藪内達也。26歳。フリーランスで特許翻訳をやっています。読書と旅行と考えることが好き。ポーランドでは、適度に稼ぎつつまったり暮らして、人生のQOLを高めていく予定。